2018年11月11日

土曜日は予定通りに、シンポジュームと友達に会った

 JAISTシンポジウム2018 in 東京 
「Breakthroughワーク・スタディ・バランスでキャリアを築く〜人生100年時代を生き抜くために〜」

開催日:2018年11月10日(土)
場 所:東京コンベンションセンター
主 催:国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
共 催:朝日新聞社メディアビジネス局

の参加証が届いたので、京橋へ向かった。

 会場は地下鉄の京橋駅鉄構内から直接つながっていて、東京コンベンションホールはすぐに分かった。早めに着いたため回りを20分間ほど散歩。ところが、僕がデザイン会社で勤めていてたころの知っている風景とは一変していた。特に京橋から銀座方向を眺めるのは何十年ぶりのことだった。

 現在は、引き籠もり状態で仕事をすることが多くなったせいか、以前務めていた街で、六本木や麻布十番や原宿、築地などでも同様のことが起きるかもしれない。今回、参加証が届き「ワーク・スタディ・バランスでバランスでキャリアを築く」に参加できたことは、引き籠もりが解けるいいきっかけになるかもしれない。まずはとてもいいことだと思った。


 実は期待が裏切られた
posted by トモ兄 at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

金曜日の卓球練習で起きた、信じられないこと

 おそらく、
>今日も球出しの練習を受け、球出しの練習2分間
 5セットも、そのうちに、きっとできるようになる。

 実はできた。1回目は3セット目の途中で逃亡。今回は5セット目まで挑戦できた。ところが、5セット目はボロボロでほとんどその練習は機能してなかった。しかも5セット目はフリーの球出しで、どこにくるか分からない。体力が切れた時に、最もキツい球出しになる。その後は立ってられない状態になった。大袈裟だが、ここで倒れてしまうと再起不能なる可能性があると思ったので、何とかして体力を回復させた。
 その上で、今度は同じコースの球出しで、スマッシュ練習をしないかといわれた。もちろん逃走。すでに4セット目で限界だった。

 その練習はやはり2人で組んで交互に行ったが、1人は女性(卓球王国の関係者)で難なくこなす。しかも彼女は6セット目の球出しで、スマッシュ練習もやってのけた。もう信じられなかった。

 そのコーチに彼女のフットワークを見てごらんといわれ、後ろから観察すると確かに平行足の上半身打法で打っていた。
 球出しは、フォワとミドルとバックの位置に1本づつ配球され、フットワークを使い強く打球する。彼女の打球は僕よりも遙かに強く安定していた。

 昔々学生時代、毎日フットワーク練習をしていたが、あくまでもフットワーク(足の運び)がメインで、強いボールを打つ練習ではなかった。たとえば、スマッシュ練習をする時は全身打法になり、足を踏み込む。そういうことが未だに体が覚えていて、平行足では強いボールを打てない。

 この球出しの練習は、1球1球足を踏み込んで打つと、次の動作に間に合わない。だから、平行足で腰を回して打つ上半身打法が必要になってくる。繰り返してもしょうがないが、これが僕にはできない。

 また昔話になるが、国際審判員の知り合いがいて、日本人選手が平行足で打ち出した頃、ヨーロッパや中国の選手に較べると、日本選手は平行足の上半身打法で1球目は強く打てるが、2球目、3球目になると強く打てなくなる。ところが、ヨーロッパや中国選手は連続で打て、しかもピッチも速い。したがって、当時の日本選手に勝ち目がないといっていた。
 このブログで、明けない夜はないとか、やまない雨はないとか書いていた頃がちょうどその頃だった。
 現在は、隔世の感がある。
 
 まさかこの年になって、平行足の上半身打法を練習するとは思わなかった。当然その打法を知っていたが無視していた。なので、僕にとっては未知の打法で、たまたまだったが始めたからには、続けてみようと思っている。

 それから、驚いたことがあった。
 その日も、球出し練習で思い切り打ったが、一度もラケットを台にぶつけていない。ところが、球出し練習が終わり、別の人と練習を始めた。すると、何だか打球感が違うので、ラケットを調べて見ると、ラケットが割れていた。信じられない。

 これって、どういう意味だろう?

 僕が使用しているペンホルダーのラケットはすでに廃盤になっている。
 自宅に戻りすぐにネットで調べてみた。えぇ、こんなにペンホルダーのラケットって高いんだ。
 浦島太郎状態だった。
 久しぶりに、高田馬場に行ってみようかなと思っている。
posted by トモ兄 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

今日も卓球練習するために、体育館へ向かう


おそらく、今日も球出し練習を受け途中で逃走する。
それから、飲みニケーション。

今回で2回目。少しずつ馴れていく予定だ。

3日前、舎人公園周回コースを、ゆっくりだが初めて休まないで1周できた。
なので、球出しの練習2分間5セットも、そのうちに、きっとできるようになる。

ヘボコーチがプロコーチに指導を受け、その球出し方法も参考になる。
つづければ、一石二鳥だ。

では、そろそろ準備する。

posted by トモ兄 at 18:22| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

東京2020大会の観戦チケットについて

 とても気になっていたのですが、
東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを
購入するための方法が分かりました。
まずは、TOKYO 2020 ID登録を。

【キャンペーン実施中!】TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録 スペシャルムービー
https://youtu.be/AeSZ2OWNDUU

ホーム>大会について>観戦チケット
https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/

観戦チケットを購入するためには
 東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを購入する際には、TOKYO 2020 IDの登録が必要となります。TOKYO 2020 IDをご登録いただくと、メールマガジン等を通じてチケット情報を含む、大会関連情報が配信されます。より多くの皆さんに観戦の機会を提供するために、TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーンを実施しています。
 だそうです。

チケット販売方法(日本国内)は、日本国内では東京2020組織委員会が直接販売。また、東京2020組織委員会が指定する販売事業者が販売する場合があるそうです。

東京2020大会オリンピック・パラリンピック公式チケット販売開始予定時期(日本国内)は、
オリンピック:2019年春
パラリンピック:2019年夏
※TOKYO 2020 ID登録〜チケット申込〜観戦までの流れ

ticket-06.jpg


東京2020大会オリンピック・パラリンピック公式チケット価格帯なども分かります。

オリンピック競技一覧
https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/

パラリンピック競技一覧
https://tokyo2020.org/jp/games/sport/paralympic/

オリンピック競技スケジュール
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/

パラリンピック競技スケジュール
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/paralympic/

ホーム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
https://tokyo2020.org/jp/
posted by トモ兄 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 東京五輪エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

伊藤美誠、ITTF Star Awardsとアラートメール

 昨日、国際卓球連盟(ITTF)から、あなたの好きな男性と女性の卓球スターと2018年のスターポイントに投票してください!というメールが届きました。

 クリックすると、4人の男性卓球スター候補を見ることができます。
Male Table Tennis Star | 2018 Star Awards
https://youtu.be/Q5ibDf0uXfk

 クリックすると、4人の女性卓球スター候補を見ることができます。
Female Table Tennis Star | 2018 Star Awards
https://youtu.be/5rctrZunxFg

 クリックすると、今年のスターポイントの候補の5人の、驚異的なショットを見ることができます。
Table Tennis Star Point | 2018 Star Awards
https://youtu.be/LvSjSs_1yYw

 さっそく、投票した。


 昨日、伊藤美誠(卓球)について
 Google アラートメールが届きました。

女子卓球・伊藤 フィジカル強化で採り入れたボクシング
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12245-118292/

伊藤美誠(卓球)が語る金メダルへの道
「感覚と、ひらめきを大切に」
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201810220004-spnavi

 まだまだ、進化する伊藤美誠。
 そんな感じがします。
posted by トモ兄 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする