2020年11月25日

我慢の3連休は...

 11月15日(日)・16日(月)、Go To トラベルキャンペーンを活用して、箱根登山電車「塔ノ沢」駅周辺の旅館に1泊2日。久しぶりに夫婦で旅を楽しんだ。東京の新型コロナウイルス感染者動向「報告日別による陽性者数の推移」を見ると、11月16日180人。21日、過去最多の539人と急激に増加。キャンペーンで、特に感染急拡大の地域は一時中止の方針を示してた。東京はどうなるのか。新聞によると、24日午後、小池都知事は管首相と会談し、トラベルキャンペーンの対応を協議するそうだ。
 
 一昨日、箱根湯本駅周辺が旅行客で賑わっているニュースを見た。他の観光地も同様のようだだった。

 ぼくらが旅行したのは1週間前で、箱根湯本駅周辺はそこまでは混み合っていなかった。またガラスの森の美術館も強羅公園も、人の流れで渋滞するようなことはなかった。旅館での食事はお部屋でいただき、露天風呂や大正風呂は、僕を含めて2人だけだった。そして2日目の箱根町立郷土資料館では僕たちともう一組の夫婦。早雲寺でも同じ状況だった。行きのロマンスカー1号車ではほぼ満員だったが、帰りは空席があった。

 報道された3連休の混雑の様子と、僕たちの旅の様子とは違った。結果論だが、3連休ではなく1週間前の日・月に予約したのがよかったのか。帰りは塔ノ沢から箱根湯本駅まで歩いた。道路は車が途切れもなく走っていたが、人とはすれ違わなかった。実は、Go To トラベルキャンペーン中だったので、混雑はやむをえないと思っていたが、とてもラッキーだった。よく歩いたが精神的にはのんびりできた。そして最後に、地域共通クーポンをお土産に全て使い切りスッキリした。

 3連休は、我慢というよりも普段に戻った。僕もかみさんも土曜・日曜に関係なく仕事をしている。

 連休の1日目は、午前中に事務仕事。午後からITTFファイナルズ(卓球)を観戦。

 決勝戦はライブで観戦した。男女共中国選手同士の戦いになった。相変わらず同じ顔ぶれだった。しかし、以前のように日本選手が一方的に、追いつけ追いつけのイメージが薄らいだ。そんなふうに感じるのは僕だけだろうか。じゃどんなイメージかというと、お互いの自分自身の能力が、相手の能力を引き出すような関係になった。つまり、勝ったり負けたりする。次は日本選手が中国選手に影響を受け、能力を引き出される番だ。また、ヘボコーチが考えた。今最も能力的に世界的にも全盛期にいるトップの選手たちが、今以上にどうやって能力を進化させるのだろう。もちろん側には、優秀なコーチの強力なサポートもあると思うが、こんなふうに考えてみた。
 つまり、自分自身の能力を引く出してくれるような、強力なライバル関係の選手がいることだ。

 張本選手や伊藤選手はとても悔しそうだったが、そんな選手に成長したのだと思った。そして、とても調子のいいことを考えた。
 だから、今度は中国選手に勝つ順番だ。そのちょうどいいタイミングが、オリンピックの檜舞台であって欲しいと願った。

 また、数日前にブログに社会人のためのデータサイエンス演習の最終課題をクリアしたと書いた。その目的はビジネスではなく趣味で、卓球の試合を分析したいと考えている。だから、基礎的な統計学を学んでいる。

 まだ大雑把だが、二つの仮説を立てると面白くなる。
 それは、パレートの法則が卓球でも適用でき役立ち、その特徴が最も現れるのは、最終ゲームだと仮定する。

 直感でしかないが、もし試合が7ゲームズマッチの場合、4ゲームで試合が終了した場合、間違いなく能力差がデータとして現れる。ところが、7ゲームにまでもつれ込むと、お互いに戦術や能力を知ったその上で、どんな戦術で戦い、どこに相手の弱点を発見し、どんなパターンで得点を獲得したのかの情報が得られる。あくまでも現状では直感でしかない。

 最終ゲームでパレートの法則が存在すれば、面白いことになる。80%の結果(得点獲得)は、20%の原因(攻撃パターン)に影響されている。まずは、最終ゲームでデータを収集しパレート図をつくる。

 もしパレートの法則が適用できれば、2割の「攻撃パターン」が、得点獲得の8割を占めることになり、次回は無駄なく効率的な「攻撃パターン」で勝利を達成する可能性が高くなる。ここまで分析できると、もしライバル関係にある選手との間に、そんな関係を見いだせたら、戦略や戦術になる。

 卓球をシステムで考えると、攻撃パターンはサーブやレシーブで始まり、手順をシステムと捉え、システムは部分(手順)の集合で階層性があり、コミュニケーションとコントロー性がある。そして最も重要な創発性とは、各部分が勝手な方向性やまとまりのない動きが存在した時にはあり得なかったものが生まれる。卓球では何だろうと考えた。僕は、ゾーンではないと思っている。

 また、様々な変数を取りながら、X軸側に原因となる変数(従属変数)を置き、Y軸側に結果となる変数(独立変数)を置き、独立変数が従属変数に与える影響を考える。二つの量的なデータの変数で散布図をつくり相関関係を分析する。
 勝率を高めるためには、どんなどんな原因となる変数があるのだろう。


 一昨日は、スポーツ統計学やデータサイエンス演習や、卓球の動画を見ながら、そんなことを取り留めもなく考えた。

 そして、我慢の3連休に考えたことを思い出しながら、
 一応まとめてみようと思った。

posted by トモ兄 at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

合宿のような生活が終わって、Go To Travel_2

◎2日目は

 早川に沿って塔ノ沢から箱根湯本まで歩き、箱根湯本周辺を散策した。

 まず向かったのは、箱根町立郷土資料館で、箱根温泉が「七湯」であった江戸時代から、現在の「十七湯」となるまでの歴史をたどりながら、湯治場から物見遊山、そして温泉観光地へという温泉の利用形態の多様化や、道路や交通機関の整備をはじめとする、さまざまな近代化の動きを概観した。


早雲寺_3.JPG 早雲寺_1.JPG 早雲寺_2.JPG

早雲寺は、戦国時代を代表する武将のひとりで北條早雲の遺命により小田原北條家二代の北條氏綱が大永元年(1521)箱根湯本に創建した小田原北條家歴代の菩提所であり、臨済宗大徳寺派の古刹。

 それから、早雲寺へ向かった。残念だったが、新型コロナウイルス感染防止のため寺院特別公開は中止になっていた。


移動手段ロジック2.jpg

 今回の旅行を移動手段ロジックでまとめ検討した、このチャート図に旅行の写真を貼り込んでみた。

 いやいやほんとよく歩いた。2日間合計で山道を24,000歩。楽しかった一つ証拠でもあるが、16日は下半身が歩行をきたすような痛みに。結局両足首、ふくらはぎ、膝の裏側にシップを貼る。やっと昨日、痛みが取れた。ちなみに、昨日は488歩。やっと普段の調子に戻った。

 それから、ちょっと驚いたことがあった。
 ロマンスカーの特急券はネットで購入した。それ以外の、箱根登山電車やバスなど全ての移動手段はスイカ(カード)で賄えた。しかも、お御弁等も購入した。ほんとスイカは便利だと思った。

 
 合宿のような生活が終わって、旅に出た。たまには、こんな贅沢で至福なときを過ごすことも必要だ。若干の疲れは伴ったが、精神的には元気を取り戻した。
ほんと 感謝です

 さて、次はどこへ行こう...

posted by トモ兄 at 14:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合宿のような生活が終わって、Go To Travel_1

 10月1日、東京がGo To トラベルキャンペーンに適応されたその日に、旅行サイトで元湯環翠楼を予約。日程は11月15日(日)・16日(月)夫婦で1泊2日。箱根登山電車「塔ノ沢」駅周辺を楽しむ。

 今年になって初めての美術館見学と旅行で、箱根極楽温泉ツアーと銘打ってプランを考えた。この旅行の最大の目的は、箱根ガラスの美術館見学・フュージング体験と、登録有形文化財・元湯環翠楼に宿泊し「非日常的な体験」を楽しむ。と書くと堅苦しくなるが、要は温泉で骨休めする。また、せっかくなので美術館にも足を延ばそうということ。

 11月第12日(木)は、クライアントの展示会がビッグサイトであり見学。通常は金曜日で終了するが、仕事は土曜日の夕方まで掛かった。夕食後、社会人のためのデータサイエンス演習の最終課題をクリア。翌11月15日(日)、5時に起床し、自宅最寄り駅を6時24分に出発し、Go To Travelを活用した旅が始まった。まずは小田急「新宿」駅へ...

◎1日目は

 箱根ガラスの美術館は、強羅駅から箱根登山バスに乗車し約20分。途中ポーラ美術館があり、ここは3年前に訪ねた。周辺には箱根美術館、星の王子さまミュージアム、箱根ラリック美術館などこのエリアには美術館が集中している。


箱根ガラス_1.JPG 箱根ガラス_2.JPG 箱根ガラス_1_2.JPG

箱根ガラスの森美術館は、緑豊かな箱根仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館で、ガラスの持つ透明感と輝きは、とても美しかった。

 箱根ガラスの美術館は庭園になっていて、様々な施設がコンパクトに配置され、イベントや様々な体験も用意されている。
 施設は、ヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館で展示品を見学。ガラスの体験工房では、フュージング体験工房でオリジナルアクセサリーをつくった。ミュージアムショップではお土産を購入し、カフェ・レストランでは、目の前で馬頭琴の演奏を聴きながら昼食。箱根ガラスの美術館では至福のときを過ごした。


強羅公園_1.JPG 強羅公園_3.JPG 強羅公園_2.JPG

日本初のフランス式整型庭園で、様々な花が植えられており、花の名所でもある。いまは紅葉と芒の季節だが、まさか10月桜が咲いているとは

 また、当初は箱根ガラスの美術館に4時間の予定だったが、1時間切り上げて強羅公園へ向かった。

 登録有形文化財・元湯環翠楼は、歴史に生きづく宿で、その歴史は江戸時代まで遡る。皇女和宮は江戸幕府第14代将軍・徳川家茂の正室。家茂の死後、和宮は落飾し号を静寛院宮と改めた。32歳という若さであったが、病気療養のためにご登楼され、塔ノ沢の地で薨去。天璋院は、和宮終焉の地となった環翠楼を訪ね、流れる早川を眺めながら、亡き和宮を想い号泣されたと言われている。また、伊藤博文[環翠楼を命名]から夏目漱石や島崎藤村をはじめとする文学者まで、この場所を愛し定宿した。

 環翠楼の建物は、大正8年環翠楼建設から100周年を迎え、国内でも数少ない木造による高層建築であり、国の登録有形文化財にも指定されている。
 館内やお部屋は、何から何までが撮影スポットでお見事としかいいようがなかった。


環翠楼.JPG 環翠楼_2.JPG


お部屋.jpg 夕食.jpg

早川の心地よいせせらぎを聴きながら食事をとった。昔の早川は現在よりも急流で、川音も大きかったため、当時の楼主で塔ノ沢村の戸長でもあった中田暢平が主導し、川に流れ止めの柵(しがらみ)を掛け、水流を和らげる工夫をしたそうだ。

 食事は懐石風料理でお部屋でいただく。お風呂は源泉掛け流しで、大正風呂・露天風呂・内風呂にも入った。また、お部屋は山側と渓流側の両方に面した角部屋で、お庭に出れば、早川に沿う遊歩道(環翠楼の敷地内)があり散策も楽しんだ。山側は開口部は坪庭に面していて、内窓は雪見障子になっている。



 
posted by トモ兄 at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

昨日はクライアントの展示会へ出掛けた..1

 今年11月になって初めて遠くへ出掛けた。昨年の12月はパシフィコ横浜へ。今年は国立新美術館や東京都現代美術館へ予定したが全てキャンセル。今月初めて、ある美術館へ出掛ける予定だ。

 展示会は年1回で、昨日、クライアントの「第22回不動産ソリューションフェア」へ出掛けた。おそらく6年連続で見学していて、初めて今回は、東京ビッグサイト 西1ホールで様々な展示会の同時開催となった。単独開催だと、それぞれのエントランスがあるが、今回は同時開催のため、1カ所の入り口で、事前登録を済ました人たちが、新型コロナ対策のためのチェックを受け、それぞれの展示会へ向かう。今回の大きな特徴は、それぞれの展示会が、西1ホールで、エリア別にブースが設置され、しかも他の展示ブースと壁がないため自由に回遊できる。だから、一度に様々な展示会を見られることはちょっとお得感があり、結果的に昨年に較べると観客が多かったのか。ちょっと残念だったことは、展示ブースの数が少なかったことなのか。しかし、考えようでは、その分集中して見たり説明を聴けたりすることもできた。

 ウィズコロナ(コロナに負けるな!!)のご時世では、安心安全と情報発信や観客動員のための、現状でできる最大限の工夫だったのだと思った。最初の感想は、昨年に較べると観客が多かったことだ。クライアントにそのアタリを聴くと、セミナーやパネルディスカッションの参加者に、多少のキャンセルが出たそうだ。しかし、流石というかしっかりフォローアップされていて、YouTubeで週刊ビル経営公式チェンネルにて限定公開のライブ配信がある。都合が合わずにキャンセルした方のみならず、希望するセミナーを週刊ビル経営に申し込むと、オンラインでライブ配信(有料)が提供されている。

 同時開催の展示会のは、以下の通り
 
ビッグサイト展示会.jpg

ビッグサイト.jpeg


posted by トモ兄 at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

昨日もヘボコーチ&飲みニケーション

 昨日は自分の練習ができなかったが、しっかり2日間連続で飲みニケーションを楽しんだ。
 今朝は昨日と違ってひどい痛みはなかった。
 
 昨日はレギュラーの合間に、講座の最終テストにチャレンジした。この講座の投稿を読むとスムーズにクリアした人がいる。ぼくにとって、そんな投稿は信じられなく、ストレスがかなり溜まっている。

 講座の講義は、Week1.2.3.4あり、講義動画終了後に確認テスト(3回チャレンジ)がある。また、Week5の終了後は最終課題(1回のみチャレンジ)がある。講座の修了条件は確認テストと最終課題の得点率60%以上で、最終課題はまだ途中だが既に修了条件は満たした。しかし、もう一踏ん張りが必要でなかなか最終課題が終わらない。

 夕方からはヘボコーチを行った。その中のひとりに「ゆうひ」ちゃんがいる。小学生5年だと思うが、普通の小学生のレベルではない。
 学生時代にクラブ活動を行った人は、自分自身が最も強かった頃をイメージできると思う。この「ゆうひ」ちゃんは、その頃の僕よりも強い。信じられるも信じられないも、僕の目の前にいる。もっとも違っていることは、たとえば、バックショートで対戦相手のドライブボールはブロックできたが、フォア側にきた強めのドライブは何とかしてやっと止めるか、一か八かでカウンターを狙った。とことが、そのカウンターは対戦相手が強くなればなるほど、ほとんど入らなくなる。

 さて、「ゆうひ」ちゃんはどうなるか。
 彼女(シェークハンド、フォア裏ラバー/バック表ラバー)に、僕がバック側から短い切れた下回転サーブを出し、彼女にバックハンドフリックでバッククロスに返球させる。その返球を僕がバック側に回り込み、ストレートへ強めのドライブを掛ける。ところが彼女は、もしドライブボールがピーンと伸びるボールだったら、確実に脇を締めたフォアハンドで打ち返す。僕が打つドライブボール強ければ強いほど、返球も強くなった。また、こんなこともあった。僕が打つタイミングが狂うと、ドライブボールは相手コートに入るとその軌道が沈んだ。すると、彼女は膝を若干沈めてファアショートで対応した。
 嘘でしょ、お負けに動体視力も優れている。

 彼女は東京の年齢別予選で2位だったそうだ。
 つまり、もっと強い選手がいる。そして、全国では同レベルの選手がひしめき合ったいる。

 ヘボコーチの関心は、「ゆうひ」ちゃん以外には何とかして能力アップをと考えている。彼女の場合は、誰が、どんな練習方法でここまで育てたのどうろうと思った。

 まだまだちっちゃい女の子(小学生)なのに
 ここまで強くなるとは、ちょっと信じられない。

posted by トモ兄 at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする