2015年04月30日

『柘榴坂の仇討』を観た


 5月に入ってからの連休を気持ちよく休むために、1日まで仕事をする。しかし、流石に気持ちが緩んでしまった。2日から開放感にしたろうと思ったが早めに来てしまった。
 
 昨日は仕事を終えてから、カミさんとDVDレンタル店へ出かけた。5本借りると1,000円の表示があり、だったら5本まとめて借りようとなった。僕の観たい映画は、「イミテーション・ゲーム」だったがなかった。

 やっぱり4月は変である。初めてに近いと思うが、『柘榴坂の仇討』という日本映画を1本借りた。他4本は外国映画。映画は好きだが、日本映画を映画館でもDVDでも観ることはなかった。

 『柘榴坂の仇討』はCMで何となく知っていたが、まさか借りるとは思ってもいなかった。どうしてかと考えると、大河ドラマが桜田門外の変あたりだったのが影響したのか。というのはとってつけたようなもので、実はどうしてか分からない。

 『柘榴坂の仇討』のストリーは、主君である大老井伊直弼を守れなかった、近習役として仕えた志村金吾の物語。彦根藩は、金吾に切腹することを許さず、「水戸浪士たちを討ち、直弼様の墓前に首を供えよ」と命が下る。この物語は、そのひたむきな13年間の顛末記だ。
 
 この映画は様々な観点があると思うが、直弼が言った「命懸けで国を想う者を無下にするな」の言葉が心に響いた。
 その人の生まれや様々な取り巻く環境の違いで、考え方や手法手段の違いはあっても、国の行く末を想う国士である。だから、評定所留役は、自首してきた刺客に対して不当な処罰でなく、切腹を下した。つまり、武士として名誉の死を言い渡した。

 13年目の雪の日、志村金吾は名前を直吉と変え車夫として働く、最期の刺客である佐橋十兵衛の車に乗り込んだ。金吾は佐橋十兵衛に探りを入れるように様々なことを問う。そこで、十兵衛が自分と同じように、両親を失い孤独に生きてきたことを知る。

 死を覚悟した一騎打ちの後、佐橋十兵衛は自分を討つように願い出る。しかし、志村金吾は直弼が言った「命懸けで国を想う者を無下にするな」の言いつけを守った。また、武士の情けだろうか。

 志村金吾は佐橋十兵衛に、「新しい人生を生きてくれ」と諭す。

 男は武士。また支えた女も武士の妻である。
 武士の矜持をもって、下向きに生きた人たちの物語。
 脈々と受け継がれる日本人のDNAを観た。
 そして、支えてくれた人と生きる決心をする。

 
ラベル:日本人のDNA
posted by トモ兄 at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界卓球2015】スーパー小学生から中学生へ 


 世界卓球2015
 http://www.tv-tokyo.co.jp/takkyu/takkyu_15/

 卓球王国web
 世界卓球蘇州大会WEB速報
 http://world-tt.com/ps_info/ps_report.php?bn=160&pg=HEAD&page=NEXT&rpcdno=60#60

 卓レポ.com
 大会情報
 http://www.takurepo.com/championship/

 ◎4月30日[木]
 ミックスダブルス準々決勝 or 女子シングルス3回戦
 女子ダブルス準々決勝 / 女子シングルス3回戦 /
  男子シングルス3回戦
 ★みうみま揃ってシングルス3回戦進出!

 2011年01月22日に、坂本夕佳を称えた。
 そして、スーパー小学生はそんなに生やさしい選手たちではない(平野美宇)。そんなことも感想に付け加えた。

 坂本夕佳の混合ダブルス初優勝と雪辱
 http://50blog.seesaa.net/article/181914725.html

 そして、2015年。とうとうスーパー小学生は中学生になり、平野美宇と伊藤美誠は世界卓球2015にシングルスとダブルスに出場を果たす。しかも、2人ともシングルスは3回戦に進出。今回大会は中国選手が参加していて、本当の力が試される。

 しかも、平野美宇は、世界ランク1位の丁寧に挑む。
     伊藤美誠は、過去0勝5敗の陳思羽に挑む。
 
 スーパー中学生は、凄いとしか言いようがない。落ち着いた試合運び。コンパクトであるがフルスイングやブロック能力。多彩なボールコースや落としどころの長短。おそらく、日本人よりも中国人がより注目している。現在の女子中国選手3名はずば抜けて強いが、5年後の東京オリンピックにはおそらく出場しない。
 女子卓球は5年後、間違いなく黄金の国ジパングになるのだ(^_^)

 平野美宇・伊藤美誠 母と描いた未来へ
 https://www.youtube.com/watch?v=WWQhkM26Zkk

posted by トモ兄 at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卓球ヘボコーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする