2018年04月08日

現状の張本智和のLIVEを見て感じたこと

 昨日、LIVE[アジアカップ]大会2日目、張本智和の準々決勝を見た。結果は敗戦。感想は、あの世界一のバックハンドは以外にも諸刃の剣だったこと。確かに前陣でのバックハンドは対戦相手をノータッチにさせるほどの威力がある。打球点の早さと手首の強さ。しかも対戦相手の返球の強さも利用する。
 ところが、対戦相手から戦術的にファア側から展開されると、どうしても中陣の位置でプレイを強いられる。その結果、ハックハンドは威力が半減しコントロールも不安定に。それだけではなく、精神的にも戦術的にも悪影響を及ぼす。

 つまり、バックハンド打球の位置どり次第では、弱みにも見えてくる。正にあのバックハンドは諸刃の剣だった。張本智和の敗戦理由は、そこを対戦相手に上手くつかれてしまった。
 だから、世界一のバックハンドのパフォーマンスは、現状では前陣の位置どりという制限がかかっていることになる。

 得点を獲得するためには、自コートに返球させなければ獲得できる。そのためには打球にパワーとスピードが要求される。両方を同時に実現することは矛盾している。つまり、スピードアップはフォームのコンパクト性と、パワーアップは肩の可動範囲の大きさに影響を受ける。

 張本智和には、未知なる可能性を誰もが感じている。しかも、最も脅威を感じているのは、現在の卓球王国である中国だろう。

 張本智和はまだ14歳だが、世界からもっとも分析される選手の一人となった。しかも、張本智和のスタイルでスピードアップとパワーアップという難題にも挑む。

 張本智和は、ここ1、2年度でどんな進化を遂げるのだろう。ほんと可能性を秘めた楽しみな選手だ。また彼の存在は、水谷隼や丹羽孝希にとてもいい刺激を与えると信じる。中国と闘うためにはこの3枚看板が必ず必要だ。

 ヘボコーチはそんなことを感じた。

posted by トモ兄 at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする