2019年03月31日

10日間、様々なことが重なった

 先週の土曜日に、弾丸ツアーを決行!六本木ヒルズは何年ぶりだろう。まだ森ビルが地権者と話し合いをしている頃に、旧テレ朝の裏辺りで麻布十番へ下る坂道の途中にあった、広告デザイン事務所に勤めていた。また、森ビルの都市塾に通っていて、六本木ヒルズがオープンする前に館内で卒塾式があった。何階だったが忘れたが、とにかく眺めが良かった。六本木界隈には6年ほどいたので散歩しようと思ったが、予定が詰まっていたので先を急いぐ。

 六本木ヒルズで「新北斎展」、上野の東京都美術館で「奇想の系譜展」を見た。現在卓球の練習はできないが、まだやる気満々で新しいラバーを購入。新しい元号になって練習を再開する。「新北斎展」のカタログを購入したがまだ見ていない。

 そして、月の最終週はいつものように特訓で、孫たちの(春休み)ジジババツアー5泊6日が重なった。また娘の誕生日も祝った。加えて、講座のディスカッションに数回投稿した。そこで先生の名前を間違える大失態を犯してしまった。大変申し訳ないと詫びた。

 昨日深夜、登山家・山野井夫妻の、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンの登頂の記録を描いた沢木耕太郎さんの作品『凍』ラジオドラマ(J-WAVE)を聴いた。山野井夫妻も凄いが、沢木耕太郎さんのルポ力も凄い。仮体験はできそうにない話だが、缶酎ハイを片手に、2時間聴き入ってしまった。

 これから、月曜日提出用の広告デザインラフを制作する。済んだら、いつものようにスケジュール表と受注リスト予定をつくる。
  
 とにかく、面白すぎた大変な10日間だった。忙しさは理由にはならないが、失敗もした。反省。
posted by トモ兄 at 13:15| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

孫のジジババツアー4日目

 今朝は4:30に起床。先日、写真の表現力(写真と説明のためのメッセージの関係)のディスカッションに投稿し、担当講師よりとても丁寧なコメントが付いてので、再度僕もコメントした。
 仕事をすぐに行うつもりだったが、ディスカッションをまず行い、次ぎに今日の印刷入稿のための準備を進めた。

 孫のジジババツアーは4日目で、孫たちはいとこの家へ遊びに出掛けた。とても静かなので、今がチャンスとばかり、セミナーの告知広告の印刷入稿と、イベントの告知広告制作とレギュラーの組版、見積もりと請求書の発行。いつもの特訓とジジババツアーが重なった。とても眠いが、不思議なぐらい意外と落ち着いている。

 今日は、深夜営業があるかもしれない。明日のスケジュールが終わり次第、新・北斎展 HOKUSAI UPDATEDのカタログをゆっくり見ようと思っている。卓球練習は今月まで休むことにする。
写真の表現力への投稿
posted by トモ兄 at 18:12| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

怪物(孫)くんたちのパワーに圧倒されるが

 そんなパワーに負けてられない。
 昨日はラフを提出し、夕方は孫たちと外食。
 今日はお昼頃印刷入稿を終え、すぐ裏の公園で遊び写真を撮った。それから、言語論のディスカッションに、「写真と言語」にあえて反論を投稿した。これから、見積もりや請求書の準備をする。そして、また少しだけ怪物(孫)くんたちと遊び、また印刷入稿の準備をする。

 ヘトヘトだが、なんとも言えぬ心地よい疲れ...

 
写真と言語にあえて反論
posted by トモ兄 at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

(弾丸)ツアーを決行!

 六本木ヒルズに着いたのは11:30。森アーツセンターギャラリーで開催されている、「新北斎展」を約2時間ほど見た。入場規制が40分ほどあり、会場は満員状態で展覧会の混み具合からも人気度が窺えた。土地柄だろうか外国人も多かった。
 展示作品は会期中に入れ替えがあり、合計で479点。こんなに一気に作品を見たのは初めてで、以前はラフォーレ原宿の裏にある太田美術館で何回か見たことがあったが、展示作品の多さに驚き感動した。
 また、瀬木慎一著「画狂人北斎」を読んでいて、実物を見て改めて凄さに感心してしまった。当然「新北斎展」の図録を購入。ゆっくり見たいと思っている。

 それから、高田馬場へ移動。
 卓球仲間のラケットを借りて試打したときに、貼ってあるラバーを気に入り、国際卓球で購入することに。ところが、店員さんのラバー説明でミズノQ3からQ4に変更し、ラケットに貼ってもらった。
 約3ヶ月間で、ラケットを1本割り、2本購入した。ラバーは4種類貼り替えた。こんなことは初めてだ。すぐにでも新しいラバーで打つ勢いだが、今月中は肩の治療を優先。
 格好だけは整ったので、肩の痛みがなくなり次第練習を始めたいと思っている。

 上野に着いたのは16:00頃だった。本日のメーンイベントである「奇想の系譜展」を見た。チケット売り場で「新北斎展」のチケットを提示すると100円の割引があった。
 この展覧会のお目当てはやはり伊藤若冲で、これまで2008年「対決ー巨匠たちの日本美術」(若冲 vs 蕭白 ―画人・画狂・画仙・画魔―)、2016年「生誕300年記念 若冲展」を見ていて、「奇想の系譜展」では、展示作品が会期中に入れ替えがあり、14点(後期)で物足りなさは否めなかった。
 その中で、岩佐又兵衛は初めてで、前期後期を含めると、全体で113点の展示(内訳は、伊藤若冲18点・曽我蕭白12点・長沢芦雪16点・岩佐又兵衛20点・狩野山雪7点・白隠慧鶴11点・鈴木其一9点・歌川国芳20点)があっり、正に「新北斎展」と「奇想の系譜展」で江戸絵画ミラクルワールドを堪能した。

 今回の(弾丸)ツアーは、北斎があまりにも強烈だった。また、江戸時代は鎖国のイメージが強いが、奇想の作家は江戸美術界の革命児だったのか。そんなことを思った。

 この日は、歩数が13,000歩。距離が10.5km。
 10:30出発、18:30帰宅。
 足が棒になってしまった。
posted by トモ兄 at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

もしかして(弾丸)ツアー?

 金曜日はいつもの印刷入稿日だった。原稿はその日の朝方4時と6時に入稿があった。僕は3時間の仮眠をとり、その時刻にはスタンバイしていてすぐに制作。原稿の入稿状況は40%ぐらいだろうか。17時に印刷入稿予定。原稿入稿の待ち時間に、ブログを書くことにした。

 印刷入稿は、17時に無事終了。
 それからすぐに、夫婦で整形外科へ向かう。
 一時期よりも、肩の調子は回復しつつある。
 帰りにベルクスに寄り、夕食用のお弁当を買う。

 夕食をとりながら、世界フィギュア・女子フリーを観戦。
 それから映画を見る予定だったが、21時頃すでに寝ていた。

 いつものように昨日(金曜日)は忙しい1日だったが、「教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる」(今回の講師の対応は、今まで受けた講座の中でもっとも素晴らしかった。だから、ディスカッションは投稿が多かった。講義は炎上しそうな内容もあり、また覚悟していたようだが、講師の人柄と丁寧で素早い対応が炎上を防いだ)の講座が終了したので、区切りを付けるためにも、待ち時間に、お礼の気持ちを込めてディスカッションに投稿した。

 今朝は4時起床。
 今日は仕事するか、展覧会&卓球(弾丸)ツアーで、六本木→早稲田→上野に行くか迷っている。そしていよいよ来週になると、春休みジジババツアーで、楽しいて面白い怪物くん(孫)たちがやって来る。そのためにも、今週は出来るだけ積み残しをしないように頑張りたい。

 人生が旅だとすると
 仕事もブログも他のことも
 一瞬の(弾丸)ツアーに思えてきた

 だとすると ほんと大変だ

「言語論」の学習を終えての、感想文
posted by トモ兄 at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

また暇な時間ができた

 肩が壊れてしまったので、卓球は1ヶ月間休むことにした。以前にも書いたが、僕のスケジュールは、超忙しい時と、超暇な時が極端に混在する。加えてまた暇な時間ができた。どうしよう。これはもう遊ぶしかない。

 たとえば、いつもではないが暇な時間は無料で学べるオンライン講座のgaccoで、興味ある講座を受講している。
 講義配信スケジュールは約3から8週間で、理解度の確認テストや一部の講座ではレポート提出もあり、条件を満たすと修了証が発行される。現状では、「心理学スパイラルアップー多角的な視点からの接近」の修了証発行を待つばかりなので、18講座を修了した。いかに暇な時間があることが分かる。

 現在は、「教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる」を受講している。まだ途中なので上手く説明できないが、ほんと面白い。しかも、ディスカッションが盛り上がっていてこれまた面白い。

修了書.jpg

 ただし、修了証はそのものずばりの意味で、単にその講座を修了した証明のみで、それ以外には特に意味がない。何らかの利得があると期待しない方がいい。もしその講座がいいきっかけになり、より進めて行くと専門分野になる可能性はある。現状では暇な時間があるので、面白がって受講している。もちろん実際に面白いこともある。

 さて、時間をどう使うか。
 
posted by トモ兄 at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

卓球練習会&「PAPA」を偲ぶ会

 荒川総合体育館で練習会があった。そこには旧卓球フォーラムメンバーが約30名ぐらい集まり、いい汗をかいた。僕はよせばいいのに5試合(3ゲームマッチ)も戦った。その結果、完全に肩が壊れてしまった。しかし、それでも楽しかった。肩は痛むが、日常生活には問題ない。卓球は少しお休みすることにする。

 久しぶりに卓球で汗をかいたので、シャワーを浴び、
 「PAPA」を偲ぶ会場へ移動した。

 まずは、偲ぶ会を企画してくれた「END」くんと「gako」さんに感謝します。素晴らしい偲ぶ会でした。
 おそらく「PAPA」も会場のどこかにいて、喜んでいるに違いない。「PAPA」はみんなに愛されていた。ほんと良かったね、「PAPA」の人徳だよ。

 「たんぷく」くんは大坂から、「おが」さんは宮城から、偲ぶ会に駆け付けた。いてもたってもいられなくなったそうだ。僕はその行動力には感心してしまった。つくづく思ったが、旧卓球フォーラムでは、こういう人間関係がまだ存在する。素晴らしいの一言に尽きる。学校を卒業してから、卓球を通じてパソコン通信で知り合い、オフ活動では練習したり飲んだり。こういう関係がまだ続いていて、ほんと宝物だ。

 また、女性陣が嘘みたいに(大変失礼な言い方_(._.)_)
ほんと若々しくてきれいだった。何でだろう?
 たぶん、充実した生活を送っているんだろうな。
 連発しすぎるが、これまた、素晴らしい。

「さつき」さんとも久しぶりに飲んだ。

 それから、「おが」さんと北千住で1時間ほど飲んだ。
  
 練習会も偲ぶ会も、まるで同窓会で懐かしかった。
 北千住で飲んだ店から、約100m先に新聞専売所(現在はない)があった。そこに2年間住み込み、新聞奨学金制度を使ってデザイン学校に通った。当然だがその地域は詳しい。しかし、まさか商店街の中に「おが」さんが宿泊しているホテルができていたことに驚いた。結局その日は、最後の最後まで驚いたり懐かしかったりだった。
 
 昨日は「PAPA」の人徳で、楽しい1日だった。感謝
 
posted by トモ兄 at 12:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

体調を見ながら、...

 整形外科クリニックで、肩のレントゲン写真を見ながら、痛みの原因の説明を受けた。日常生活には全く問題ないが、試合などの激しい動きを伴うと肩に痛みが走る。つまり、競技スポーツなのか娯楽なのかで、治療を開始するのかしないのかが決まる。もちろん、治療を開始したが、なるようにしかならないと思ってもいる。

 そういう体調で今日、卓球練習会&偲ぶ会がある。

 卓球では、新しいラケットを購入。ラバーも貼り替えたが、再度別のメーカーのラバーを試しに貼ろうと思っている。ラケットのグリップ部分を何度も削り調整した。その結果、フォームの円運動が、スムーズにできるようになったと感じた矢先、特にドライブを打つと痛みが走った。話にならないが、6月に春季団体戦があるので、それまでに何とかできれば。
  
 偲ぶ会では、亡くなった仲間のことをみんなで思い出しながら、供養できればと思っている。多くの卓球仲間は、旧パソコン通信時代の卓球ファーラムメンバーで、彼のための卓球練習会&偲ぶ会に集合。懐かしい仲間の同窓会のようでもある。彼と僕が30代で、他の仲間は20代だった。それから、30年経つ。みんなどうなってんだろう。

 今日は卓球をできる範囲で楽しみ、それから、彼を卓球仲間と偲ぶことにする。

posted by トモ兄 at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

体調不良なので

 最近、体の調子が優れない。卓球練習は諦めた。当然お酒も止めている。体力でなく体の機能が落ちたように感じる。何とかして現状復帰しないと。

 始まりは、50肩からだった。
 ほったらかしにしていたが、まず50肩から治療をはじめることにする。
 また、オーバーワーク気味なので、シンプルに。
posted by トモ兄 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

久しぶりに風邪を引いた

 10年前は、確かDVDで「ブラザーズ・グリム」を見た。風邪はたいしたことがなかったのでビデオを何本か借りた。その中の1つが「ブラザーズ・グリム」だった。話の内容はあまり覚えてないが、面白かったことだけは思い出した。

 今回は花粉症なのか風邪なのか、よく分からないが、今日は完全オフにし、
教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる」の講座を見た。まだWeek2が終わったばかりだが、なぜこんなに面白いのか。

 Week1では
 まず、ヘーゲルが書いた『法の哲学』からの一節で
 「ミネルヴァの梟は、
 たそがれがやってくるとはじめて飛びはじめる。」
 から始まる。
 意味は、途中の説明を省略するが、
 結論は、現実こそ最先端であり、現場が最も面白い。
 という意味だそうだ。

 Week2では
 「マイフェアレディ」をモチーフし、「社会言語学」の観点から、ピーター・トラッドギルの社会言語学の概念図で、社会方言(垂直分布)と地方方言(水平分布)の説明があり、加えて、overt prestigeとcovert prestigeの紹介もありとても興味深かった。また、このテーマのディスカッションがまた面白い。

 これから、Week3.4と続く。ほんと楽しみにしたいと思っている。
 「教養としての言語論:」のタイトルはとてもハードルが高いが、僕は無視。それよりも「言語は私たちをまやかし生きにくくさせる」という観点で見ると、興味が尽きない。

 これは、50歳のアフィリエイトではない。
 60歳のファイトなのだ。

posted by トモ兄 at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠離婚について

 昨日、午前中に病院へ薬の処方箋と検査結果を聞きに行った。クリニックは午前中までだったので混んでいて、薬を購入するまでに、信じられないが3時間もかかってしまった。

 待ち時間をボ〜とするにはあまりにも長すぎるので、受講中のディスカッションの準備をすることにした。iPhoneのメモページを使って、キーワードで箇条書きをし、自宅へ戻りそのメモを元にして、睡眠離婚をテーマにディスカッションに投稿した。

 ブログへの投稿とは違って、ディスカッションへの投稿は時間が掛かった。その理由は、睡眠離婚がネガティブなのかポジティブなのか判断に困っていたからだ。しかし、離婚なのでネガティブなイメージが付くことは間違いない。それでも、相反する解釈を考えてみた。

続きを読む
posted by トモ兄 at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

連絡待ち時間にブログを

 今日は印刷入稿で、校正の連絡を待っている。校了の連絡次第すぐに印刷入稿。それから、金曜日の印刷入稿に備える。

 なので、今日は連絡待ちの時間でブログを書こう。

 昨日は、午前中に「教養としての言語論」:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる、という講座のディスカッションに投稿した。最近は最終課題が終わってから、感謝の気持ちを込めて投稿するようになったが、今回は初めてWeek1の課題が済んでから投稿した。

 言葉には、デモテーション(「言葉通り」表面通りの意味)とコノテーション(「裏の意味」暗示的で言外の「含み」)がある。コノテーションが行き過ぎると「ダブルスピーク」(言葉の意味が曖昧になり人を惑わす)となり、そのテーマで『防犯カメラは防犯に役立つか?』を投稿。

 夕方からは、ヘボコーチ&飲みニケーションを楽しんだ。その後の行動も習慣化されていてコンビニへ立ち寄る。そこで、朝食用のパンとサラダ用キャベツ、豆大福を買う。ところが、出掛けるときに、かみさんからキツく言われた言葉を、酔っ払って意識が遠のく中で「今日は買っちゃ駄目!」を思い出してしまった。うるさいな!せっかくコンビニに入ったのだから、オレンジを2個買う。

 今朝かみさんに、誰かに貰ったのと聞かれた。これは渡りに船、そうそうとだけ曖昧に答える。

 それからメールチェック
 久しぶりに、今日の俳句読本の句想/旬感を書くことに。

 船頭の耳の遠さよ桃の花  各務 支考 (蕉門十哲の一人)

 この句の意味がよく分からない。どこがいいのだろ?

 船客は川下りを楽しんでいるのだろうか。川岸に桃の花が見事に咲いている。そこで船頭さんに尋ねたが返ってこない。耳が悪いのだろうか。それとも、見事な風景には、言葉が必要でないとでもいいたいのだろうか。風景を聴きなさい。

 沈黙の会話が始まった。川や風の流れる音が聞こえてくる。鳥たちの声も。そしてこの静けさの中を漂いはじめると、いつしか幻想なのか桃源郷へ迷い込んでしまった。

 ふと覚醒する。さっきの出来事は夢だったのか。
 川からの入り口もあったのか。
 気が付けば、そこには春ののどかさがあった。
 いい陽気だな〜あ。

 連絡待ち時間にブログを書いた。

posted by トモ兄 at 18:22| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ブログが回復、仕切り直し

 ほんと珍しくブログの表示が調子悪くなったので、シーサーブログヘルプセンターへ、不具合報告基本フォーマットに現象詳細を書きメールで連絡。翌日に回答があり、不具合の原因の部分を取り除いて問題解決ができた。ただし、制作活動には全く問題なかったが、ブログを再開できるようになるとホットした。やはりブログは、コーピングの1つだと実感した。
 
 自分自身でも大雑把だったが、トラブルシューティングを試みた。解決できなかったが、結果的に、その大雑把な中の一部分に不具合の問題があったことが分かった。もう少し細かく行っていたら解決できていたので、もったいないことをしてしまった。

 日曜日は、早稲田→六本木→上野へ行こうと思っていたが、憂鬱で予定を取りやめた。
 しょうがない。また仕切り直しだ。

posted by トモ兄 at 02:48| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ウイークエンドは真逆の出来事

 昨日はほんといい卓球練習ができた。火曜日は、自分の練習をほとんどしなくヘボコーチしている。ところが、金曜日は、その真逆で自分自身の練習ができる。飲みニケーションもできる。また、メンバーが変わると話題も変わり面白い。

 練習では、在住区・同年代で最も強いカットマンがいてカット打ちを練習した。とにかくよく切れたカットで、腰と肩が痛くなってしまった。だから、今朝は、腰にシップを貼ることからスタートとなった。彼のカットボールを普通に打てるようになるためには、体全体の強化が必要で、このままだと体が壊れそうだ。スポーツは健康の象徴のようにいわれているが、実は真逆の側面も存在し、注意しないと実はとても危ない。

 やはり強い人と練習すると、様々なことに気付かされる。
 また、ヘボコーチをしていると自分自身のラケットやラバーは気にならないが、自分自身の練習をすると、用具に関してとても繊細になる。問題多発。まずはラバーのROZENAからQ3に貼り替えようと思っている。なので、明日早稲田へ行く予定。

 飲みニケーションでは、意外だったが「村上春樹」と「VLOOKUP 関数」の話がでたことだった。

 「村上春樹」の話題はランニングからだった。その人は、小説を読むことが嫌いだそうだ。「村上春樹」をいいだしながらそれはないどろう。しかし、その感覚はとても分かる。20代後半、デザインスタジオにいたころ、通勤時間が毎日の読書タイムで、なぜだか電車の中で「村上春樹」「村上龍」「沢木耕太郎」を読んでいた。僕も小説を読むことが余り好きでない。しかし、この人たちの小説やルポルタージュは例外で、とても面白かったことを覚えている。現在は通勤時間がないので、読書は気が向けば程度になってしまった。それでも、今日2冊をオーダーする予定。

 まさかExcelの「VLOOKUP 関数」がでるとは思わなかった。前回のブログで1日のスケジュール表を載せたが、この図表はExcelでつくっている。
 ベースは24時間の30分おきに仕切られた表組み。そこにLifeworkとJobのスケジュールを大別しプロットすると、時間が自動的に積算され、右の2つの円グラフに連動している。円グラフは今日のスケジュールの見える化で、感覚的にもチェックすることができる。
 このスケジュールの目的は、もちろんスケジュール管理だが、リソース達成率が重要で、24時間で10%の時間(学習などの時間)を達成できると◎、できない場合は×がでる。「IF関数」はパズルで情報活用の講座で覚えた。

 独立すると、極端なまでの忙しさと暇な時間が共存する。僕にとって、この極端な暇な時間に何をするかが最大の問題点だった。一時期は何もする気がおこらない、忌々しい待ち時間に悩まされた。それが変われば変わるのもで、今は待ち時間をリソースと捉え貴重な時間になっている。何とかして楽しもうと作戦を練っている。

 今から早くも明日のスケジュール表に予定をプロットする。
 平日はほぼ時間をコントロールできないから、各スケジュールが終わる度に、内容とスタートと終了時間をプロットする。ところが、ウイークエンドは真逆で、時間を自分自身で自由にコントロールできる。正にウイークエンドは真逆の出来事となる。
 
posted by トモ兄 at 09:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする