2019年06月30日

僕のお気に入りサイト

 どうやって、たどり着いたか覚えがないが、お気に入りのサイトがある。インターネットメディア『TABILABO』で、「世界とつながるネクストマガジン」だそうだ。

 たとえば今朝は、『TABILABO』へアクセスしホームページ右上、今から「449年後」に終わるライブ中継をクリック。→
 1本のペットボトルが生分解されるまで450年かかると言われています。だから、このライブ中継が終わるのは……449年後になるんです。
 なるほどなるほど。
PLASTIC DECOMPOSION COUNTDOWN


 そのページをスクロールし、パンダつながりで
10人中9人が見えない画像」あなたは見える?をクリック→
 この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。
 実は年々パンダの個体数が減少してい、絶滅危惧種に指定されている「ジャイアントパンダ」の推定個体数は1,864頭だそうだ。つまり、このイメージは、10人中9人に知られていなかった事実という意味が隠されている。
 なるほどなるほど。
その数1,864頭 ジャイアントパンダの最新の推定個体数
WWFジャパン

この2つのページは、人類への警告と捉えることができ、
伝達方法や表現のアイディアが素晴らしく、なるほどと思ってしまう。

 それから、検索をクリックして人口知能にアクセスした。
ラベル:TABILABO
posted by トモ兄 at 07:55| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

昨日は何とか終わって、さて今日は...

 これ以上書くと具体的になるので最後する。昨日の予定では、15:00予定だったが18:00まで掛かった。仕事によっては連動している案件があって、一方のAに修正があると、もう一方のBも当然修正する。ところが、もう一方のBを提出するときは、仮に10回の修正を重ねていても所謂初稿となる。
 しかも、Bの指示は一切ない。僕がひたすら修正を重ね、入稿時間が近づいてくると連絡する。また、レギュラーの印刷入稿も重なった。ひさしぶりに頭がしびれてしまった。

 クライアントの立場では、イベントの主催者で様々な交渉や調整。締め切りギリギリの時点でさえも最新情報を掲載したいために、原稿や画像が入稿される。そしてすぐに、いつできるかと催促がある。この仕事の進め方は、もちろん制限時間があるが間違った方法でないので、制作者としては余計腹が立つ。

 この時点では、待ったなしの印刷入稿時刻になっていて、
 クライアントの時間管理やコスト管理の考え方での指示がある。その時点では、僕にとって考える時間がなくある種の勘を働かせ、究極のジグソーパズルを仕上げ印刷入稿する。

 特訓の日とは面白がっているが、ほとんどそんな状況にはなく、危なっかしい綱渡りをしていて、クライアントの担当者も僕も落ちると最後だろう。現実はなんと厳しいことだろう。
 先日、45年目でリタイアした友人から連絡があって書いたが、同業種で同年の友人がいて、彼とは毎週連絡を取り合っていて、危なかっしいが何とか生き残っている。

 さて今日は、昨日積み残した見積もりや請求書を発行する。また、次号の準備や別件を制作。これで1日が終わる。

 話は変わるが、左上のサイドバーをHappy Birthdayとした。久しぶりに他の人のブログを覗くと、Happy Birthdayの花の写真が掲載してあって、アクセスする人の誰かの誕生日だろうということで、毎日花を取り替えて掲載している。とてもいいアイディアなので真似することにした。
 ただし、僕の場合は日替わりとはいかない。

posted by トモ兄 at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

先ずは朝練が終わった...

 これから、今日の印刷入稿するための原稿入稿(一部原稿は入稿済み)や修正が入る。つまり、今日原稿入稿→制作→修正→校了→印刷入稿となる。このタイトなスケジュールが普通のスケジュールなのだ。

 終了予定時間は15:00だろうか。
 だから、1日のスケジュールをシビアに組み、事前にできることは行い、担当者にも催促もする。

 僕の1日のスケジュール表をブログに何回か上げた。ある種の承認欲求だと思うが、それよりもスケジュールを上手く組めないとヤバい。特に特訓の日に重なる印刷入稿はほんとヤバい。 

 今日もいつものようにジグソーパズルが
 始まる。

 モニター上のメールアイコンを睨みながら、本をのんびりと読むことにする。今日は【癒し音楽BGM】がかかっている。
posted by トモ兄 at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特訓の日で、疲れること、困ること、注意すること、

 ぼくの日常で最も疲れるのは事務仕事。作業はボリューム的にも時間的にも制作だが、事務仕事は月末に集中するからなのか。

 この事務仕事は、会社に勤めていた頃は興味なかった。独立すると、オーダーがあると制作伝票を発行。制作スケジュールの組み立てや、売上げ管理や予測。見積もりを書き請求書を発行する。当然だが、売上げの入金の確認や支払いもある。やっと最近開放されたが、資金繰りもあった。どんなに超零細な個人事業でも、事務仕事を怠ることは許されない。加えてその週に、レギュラーの印刷入稿が重なる。もうてんてこ舞いで、この週を僕は特訓の日と呼んでいる。

 今日・昨日が正に特訓の日で、その週は余計なことはしないようにする(と思っている)。そして最も困ることが目の調子で、朝はモニターがハッキリ見えるが、夕方近くになると目が霞むというよりも痛くなる。おそらくモニターを見る時間が多すぎる。そこで、Interval Timer EXで管理している。45分の作業と15分の休憩。作業と休憩はチャイムが知らせる。

タイマー.jpg


 特訓の日には、たまに癒し音楽のBGMを聴き、リラックスする。ほんとに疲れてくると、元気がでるBGMよりも癒し音楽がいいように思う。

癒し音楽BGM.jpg


 また、最も注意しなければならないことがある。
この週は、いつもの週よりもスピードアップが求められる。そこに問題が発生る。それが、コピーペースト&自動化。
 スピードアップするためにはコピーペーストは重要で、若干変更しなければならないところがあるが、そこを見逃してしまう。注意しなければならない。最終的に確認することでなんとかなる。
 問題なのは自動化だ。人の自動化とは、当初は考えながら様々な作業を行うが、その内に考えなくても無意識に手が動くようになる。ところが、何度に一度か分からないが、人は機械でないので人の自動化は間違うことがある。つまり無意識だから、間違っていることが発見しづらい。

 このミスが、大きな事故になりかねない。
 この問題をどうすれば解決できるのか。

 昨日22:00就寝、今朝は4:30起床。

 まず制作や修正をし、ブログを書き始めた... 
 
posted by トモ兄 at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

今日から、いつものように特訓が始まる

 月末は、レギュラーの仕事と見積もり&請求書の発行が重なる。またイベントの告知広告や、別件も重なる。
 毎月末のいつものことだが、今だに馴れない。

 最大の山場は今日・明日。
 マックを友人に48時間をぶっ飛ばす。
 (だいぶ、大袈裟)

 ところが、それどころでないのにこんな曲を聴く。
彼がもし生きていたらと想像する人も多いらしい。
たとえば、60の夜。60歳の地図。

https://youtu.be/9xeSwG2pWl4
https://youtu.be/MJKEQshhEbQ

 これから、見積もりと請求書を発行する。
 急がないと、ファイト!
 
posted by トモ兄 at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

今朝、アクセス解析を見ると..._2

 6:30起床。肩をグルグル回す。試合練習をすると間違いなく肩が痛む。お決まりの予定だが生活に支障をきたすことはない。
 そんなことが、朝起きたときの感想だ。

 まず、Macを立ち上げ、ブログのアクセス解析を見ると

2017年8月10日
『ナガサキノート あの日、人々の足取り』_2
に珍しくアクセスがあった。どうやって探してくるのだろう。
 折角なので、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』をクリックし、被爆者の証言も読んでもらえれば。

 1945年8/9 11:02(原爆投下直後)から、爆心地へ向かった人たちがいた。ナガサキの地図上に青(男性)と赤(女性)の人のアイコンがありクリックすると、その人たちの証言を読むことができる。なぜ、いまだかつてない放射能汚染?と火の海へ向かったのだろう。

 また、『ナガサキ、フィルムの記憶』はあまりにも惨い衝撃的な写真集だが、これは事実なのだ。

 僕は長崎市出身。僕の世代は原爆二世で、母や兄は原爆一世。僕がこうやって、肩が痛いとかいってられるのは、(たぶん)母が大浦(大浦天主堂の近く)に住んでいて、直接的な被爆は免れたからだ。

 また、母から原爆の話を聞かされた記憶もなく、聞いた覚えもない。そういった意味で、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』は僕にとっても大変貴重な情報だ。長崎出身者でありながら情けないが、被爆者の当事者から話を聞いたことがなかった。

 8月になると、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』をクリックし、故郷に思いを馳せ、「原爆の日」には黙祷を捧げる。

 そういえば、こんなブログも書いたことがあった。

 2008年8月9日
 ある晴れた日、鶴の港に悪魔が降りた。_2
 俳句読本(メルマガ)
 8月7日、広島原爆の日に配信された俳句は、

 原爆忌青空哀し黙祷す    後月 美華

 長崎原爆の日ではなかったが、
 長崎は広島と同様に、どんなに晴れても心は晴れぬ日がある。
 と記した。
 
 アクセス解析を見て、今日はこんなブログになった。
posted by トモ兄 at 14:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

友達からリタイアのメールが届いた_2

 もう1人の友人からも返信メールがあり、近況が分かった。
 彼女も会社を退職し、すでに新たなスタートを切っていたことが判明。ちょっと驚いたが彼女らしい。ほんとしっかりしている。流石だ。

 彼はおそらく完全リタイアなのか。
 当面は、時々ゴルフをして楽しむようだ。

 彼女は新たなスタートを切った。 
 新しい職場にも馴れ、楽しんでいる様子だった。

 僕はまた悶々とし始めている。
 昨日、新刊本(教則本)が届き目次を眺めている。
 新たなことを学ばないと。

 そう言いながら、午後卓球のラバーを貼り替えに行く。
 また卓球台にぶつけてしまって、ラケットは欠け、
 ラバーは切れてしまった。とにかく鈍くなった。
 在住区最下位リーグのシングルスでも勝てなくなった。
 ヘボ卓球コーチだけでなく、プレイヤーとしてもヘボ。 

 夕方から、ヘボ卓球コーチ。
 残念だが、今日も飲みニケーションはできそうにない。

 9月頃まで、仕事に集中したい。 

ラベル:友人 近況
posted by トモ兄 at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達からリタイアのメールが届いた

 45年前に東京の会社に就職した。その時の知り合いはたった1人。昨日その彼から、今月末に退職するというメールが届いた。落ち着いたら連絡するそうだ。

 彼は丸の内に本社がある会社で重工に入社。その後、グループ会社の役員に。45年間勤め上げた。
 僕は目黒に本社があるオーディオの会社に入社。1年間で退社しデザイン学校に入学。デザイン会社を数社経て、現在は独立。

 彼とは、小中高の同級生でしかも卓球部。彼は最後の県大会でシングルス優勝。僕も別の県大会でシングルス準優勝。

 45年前、東京での知り合いは彼だけだったのですぐに会った。お互いに卓球には興味がなく新宿へ飲みに行く。初めて飲んだ新宿の店でボッタクリの被害に遭う。2回目は、渋谷のサパークラブへ。今度は全く相手にされず。もう最悪だった。

 それから彼は、時限爆弾による爆破事件に遭遇する。
 その時、建物に2日間缶詰状態で帰れなかったらしい。
 僕は、新聞奨学制度を使って学校へ通っていたが、生活の中心は新聞配達で、悶々とした日々を送っていた。

 2年前だろうか、彼が役員になったお祝いで飲んだ。その時のメンバーはもう1人いて、やはり卓球部の同級生で彼女もとある会社の執行役員。2人はたいしたものだ。僕も会社に務めていた頃、引き抜きを何度か経験し、役員になるチャンスも何度かあったが、そういう器でないので断り、結局は独立することを選んだ。

 この卓球部3人はインターハイに出場した。
 夜行寝台特急「さくら」号に乗車して東京へ来た。
 そして厳しい社会の中で揉まれ生き残った。今や孫もいる。
 信じられない、あれから45年も経ったとは。

 いずれまた会い、酒を酌み交わすだろう。

 さて、これからどうする?
posted by トモ兄 at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

今日の仕事は終了し、のんびりとブログを...

 『トランス・ワールド』を見た。それから、

 『ボビー・フィッシャーを探して』を見た。かつて全米にチェス・ブームを巻き起こし、その後忽然と姿を消した天才プレイヤー、ボビー・フィッシャー。そのフィッシャーの再来を思わせる天才少年ジョシュ・ウェイツキンの成長を、父フレッド・ウェイツキンが綴った同名ノンフィクションの映画化。
 また、この物語は現在進行形でもある。

 『パーソナル・ソング』を見た。思い入れのある曲、つまりパーソナルソングを聴かせることが、認知症の人たちを救うのにいかに効果的かを実証するというドキュメンタリー。認知症の効果的な治療方法は、1000ドルの薬よりも、1曲の音楽を!だそうだ。僕にとって『パーソナル・ソング』は何だろう。
 感動的なドキュメンタリーだった。

 『ザ・シークレットマン』を見た。以前別の視座や視点で捉えた『大統領の陰謀』という映画を見た。
 ウォーターゲート事件を調査報道したワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記を元にしたドラマだったが、『ザ・シークレットマン』は、その時のニュースソースである謎の人物ディープ・スロート(内部告発者)の物語り。
 FBIの副長官であるフェルトは、事件の全容を明らかにするため、一世一代の賭けに出る。
 いまは、ニクソンが大統領を辞任するときの言葉で、「大統領として、アメリカン・ファーストでありたい」が、とても気になっている。

 見た映画に、何らかの共通項はあるのか?

 それから、久しぶりに『7つの習慣』で時間管理のマトリックを拾い読みした。キーワードは、緊急でない・重要・生活のP/PCバランス...
 睡魔が急に襲ってきたので、戦わないことにする。 
 (-_-)zzZ
posted by トモ兄 at 02:01| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

忙しいといいながら、映画を毎日見る

 『トランス・ワールド』という映画を見た。
これがまた難解だった。人里離れた森の中の小屋で、3人の男女が出合う。そして終盤近くになると、ドイツ軍の兵士も登場する。
 この森に迷い込んだのは様々な理由がある。初めは偶然の出会いと思った。ところが、3人が打ち解け始めそれぞれの境遇を話すと、意外なことが分かってくる。
 


 登場人物は生きている時代が違っていた。サマンサは1962年、ジョディは1984年、トムは2011年。つまり、登場人物はタイムスリップしていることになる。
 そこに、ライフルを持ったドイツ軍の兵士(ハンス・ノイマン)が登場する。もうワケが分からなくなる。

 また、物語が進むにつれ、この登場人物は血縁関係であることが分かってくる。当初は偶然だと思っていたが、森の中の小屋で出合ったことには、何か深い意味がありテーマがありそうだ。しかも、何度もこの森から脱出を試みるが、結局は森の中の小屋に戻ってしまう。

 この『トランス・ワールド』とは、「登場人物のタイムスリップ」と「空間のループ」によって、物語が展開していくSF・サスペンス。原題は『Enter Nowhere』で、「どこにも行けない」というクローズドな時空間の物語。

 ちなみに、ドイツ軍の兵士(ハンス・ノイマン)は、サマンサの父親で、戦争で亡くなる。サマンサはジョディの母親。サマンサはジョディを生んで亡くなるが、現在は物語の中でジョディを身籠もっている。そしてジョディはトムの母親で、ジョディは死刑に。トムは孤児院で育つ。

 この物語で、血縁関係にある登場人物は不幸な出来事が重なる。そこで、この不幸の始まりである、ドイツ軍の兵士である父親を助けることによって、登場人物の人生が好転するのではないかと考え行動する。

 つまり、タイムパラドックスもテーマになっていて、タイムスリップすることによって、過去の出来事に影響を与え、未来を好転させようとした。

 そして、物語は現在に切り替わる。
 そこにはサマンサとジョディらしき、
 仲むつまじい親子の姿があった。

 シンクロニシティを見て以来、僕のおすすめ映画にややっこしいSF映画が増えた。嫌いじゃないけれどSF映画は小休止。
 今日は違ったジャンルの映画を見る予定。
 どこが忙しいの?
 
posted by トモ兄 at 17:03| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思ったように? 忙しくなってきたのか

 仕事で忙しくなった。実は違う。最近調べものをしていて、2つのことに気付いた。手法として習得すれば、目的を達成するために役立つ。ところが、皮肉にもその気付きは、自分自身が浦島太郎状態にあることも示す。この問題解決は緊急でないが、いまの僕にとっては重要だ。

 何とかしよう。ファイト!
posted by トモ兄 at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

オリンピック観戦チケット抽選結果、まさかは起こるか

 今日7:00頃、東京2020オリンピック公式チケット販売サイトへアクセスしたが、案内まで1時間以上の待ち時間だったので諦めた。その内に、案内メールが届くだろう。

 10:02、待ちに待った[東京2020オリンピック / Olympic Games Tokyo 2020]チケット抽選結果のメールが届いた。

 結果は当選なし。

 まさか、当たるとは思ってもみなかった。と
 いってみたかった。
 
 ほんと残念だった。
posted by トモ兄 at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさかの出来事...

 今はとても忙しい時期に差し掛かって外食どころの騒ぎではないが、クライアントに連絡を取り確認すると、担当者は出張中で今日戻る。つまり、昨日夕方は原稿入稿がない。

 しめしめ。ということで、半額クーポンの期限が迫っていたので予約の電話をすると、つい最近倒産したことが判明。電話に出てくれた人は、次ぎに出店する業者の人だった。まさかの出来事だった。この中華料理店は以前から行こうと思っていたので、時すでに遅し。とても残念だった。

 そこで、以前に在住区で炒飯の美味しい店を調べていて、◎◎区炒飯ランキングというサイトがある。ベスト5に表示してある店で、自宅から自転車で行けるところが3店舗。昨日は急遽予定を変更し、ベスト3の店へ出掛けた。

 当然だが、お目当ては美味しい炒飯だった。ところがまた、まさかの出来事。このお店は味噌がこの店のミソで、商品に味噌が関わっている。とても絞り込んだ、見事な商品コンセプトだった。しかもラーメンはちょっと濃いめだったが旨かった。
 ところが、問題の炒飯をメニューで探すとラーメンのセットメニューで「半炒飯」しかなかった。嘘でしょう!
 どうして、◎◎区炒飯ランキングのベスト5に選ばれたのだろう。広告の仕事をしているので理由は分からないでもない。
 それは結果論で、ネットはとても役に立つこともあるが、なんとガセネタが多いことか。
 
 昔々15年ほど前、雑誌や新聞広告代理店で広告の企画制作している会社に3カ月いたことがあった。そこでは、ライターが電話取材をしながら、デザインフォーマットに直接書き込んでいた。信じられないほどのスピードで名刺広告ができあがっていく。こいうビジネスモデルがあることに驚いた。しかし、その手口がよくない。まず「お客さんが紹介したいお店の特集号で...」(でっち上げ)という話から始まる。この手法について、このビジネスモデルをつくり上げた社長と何回も話し合ったが、受け入れられなかった。この会社はヤバいと思い3カ月で退社。

 実はこの会社に入社した目的があった。ある案件が個人的にオーダーがあり、(印刷を含めると約1億円のボリューム)
 この仕事をこの会社で制作を進めようと思った。入社時に制作部長で、制作に数人がいた。
 入社したとき、仕事の進め方で話し合いを持った。その時、直感だったが怪しさを感じたので、個人的オーダーの話は慎重にならざるを得なかった。結局その話はしなく、退社してから、ある印刷会社からの発注という形で個人で受注することができた。それから様々な会社と協力し仕上げた。この仕事は約1年間掛かり、まるで戦争のような日々を送った。その年の仕事量は5〜6本程度だった。現状でその仕事量は全く考えられない。
 
 その時に「逃げるが勝ち」を実感した。
 現在は、仕事の内容が全く変わったが、
 なんとかして生き残っている。ファイト!
 
ラベル:まさか
posted by トモ兄 at 11:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

プライベートの予定を実行しようとすると...

 スケジュール表を開くと、右側にjob予定とwork予定の項目があり、カウントダウンも設定してある。今日の各予定をコピーし、左側の24時間スケジュール表にペーストすると、自動的に時間が積算され、lifeworkとjobTimeの円グラフに反映され表示。今日1日の仕事を含めた生活の時間配分や、各案件の制作時間が可視化され数字でも確認できる。
 スケジュール表ではIF関数も使って、ある項目の達成の度合いによって、◎か×かを表示。厳しくは設定していないが、なかなか◎は表示されない。

 今日のスケジュールは、印刷入稿が2本。
 イベント関連の制作が2案件。また、いつもの金曜日入稿がある。それから、印刷入稿が終わり次第、プライベートの予定がある。そしていよいよ明日は、東京オリンピックのチケット抽選結果の発表がある。いまからワクワクドキドキしている。
 
 また、週末起業用の資料などを探していたがやっと見つかった。学習する時間が若干掛かりそうだが、これからの制作活動には欠かせなく、このTipsは必ず役に立つ。

 プライベートの予定とは、最近外食のチラシが多くクーポン券が多い。なのでたまにはと思い、近くの中華料理店へ夫婦で出掛けようと思った。予約の電話を入れると、倒産していた。1カ月前のチラシだったので、信じられなかった。つまり、つい最近倒産したことになる。うすうすとは感じていた。とにかくクーポン付きのチラシが毎日のように入ってくる。生き残りを図るための生存競争が激化していることは容易に想像つく。

 僕もつい最近書いたばっかりだが、
 『100年時代の人生戦略』や「老後2,000万不足問題」
 また、21時の非常識な消費者金融の電話。
 おそらく、個人的にもどこの業界も

 「サバイバルすべし」のようだ。
 ファイト!

posted by トモ兄 at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

と思ったが、深夜営業_2

 今日は21時に就寝予定だったが、
 現在2:00、やっと仕事が終わって、気持ちよく寝られる。
 これから、爆睡(-_-)zzZ

 今朝は6時半起床。睡眠時間は約4時間。
 2時に制作した3案件の初稿を7時にメール。
 すぐに修正があり対応。午前中に1案件納品する。

 午後からは、残りの2案件の修正があるかも。
 いつもだと、別件で明日入稿案件の修正もある。
 また、金曜日の明日入稿案件も始まるかも。

 今日のスケジュール表を確認すると、
 とではなく夕方までに、なんとかして
 仕事に支障がきたさないように、まとめたい。 

 つまり、夕方からどうやれば遊べるかを考える。
 今日はヘボコーチの日。
 ただし、飲みにケーションは中止にする。

 昨日の夕食、卓球仲間兼カミさんの仕事仲間からいただいた
 ニンニクたっぷりのキムチを食べる。
 朝には、カミさんが用意したユンケルを飲む。

 幸せなのか、コントロールされているのか。
 まずは、感謝した方がいいのか。
 
ラベル:爆睡 感謝
posted by トモ兄 at 02:12| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

非常識な電話に起こされる

 日曜日の23時、携帯電話が鳴り出した。嫌な予感。昨日は疲れていて21時に就寝。びくりして起きたが、結局は携帯に出られなかった。目を覚まし意識をハッキリさせ、非通知だったが履歴を見てかけ直す。

 録音された女性の声が聞こえてきた。その内容は消費者金融の案内だったのでムッときて、すぐに切った。日曜日の23時に電話するとはなんて非常識な消費者金融なんだろう。またどうして携帯番号を知っていたのか。途中で切ったので、どこの消費者金融か分からなかった。もしかすると消費者金融を装った詐欺グループかもしれない。

 昨日は、変な時間に目を覚まされた。
 疲れてはいたが興奮してしまい、すぐには眠れそうにない。なので、眠むたくなるまでブログを書こう。ところが小一時間ぐらいでまた睡魔に襲われる。

 今朝の睡眠品質は最悪で、なぜか5時に起床。
 しょがない。
 途中で止めてしまったブログを完成させることにした。

 そんなこんなで、今日も眠くてしょうがない。
 早く寝よう。

posted by トモ兄 at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持ち時間を楽しむこと_2

 土曜日、プライム・ビデオで「シンクロニシティ」を見た。
 ジャンルはSF、サスペンス。ストーリーは、難解で理解することは難しかったが、タイムマシン開発に執念をかけた科学者のジムが、投資家である宇宙開発企業のトップ・クラウスの仕掛けたワナにハメられ、実験技術を盗まれてしまう。ところが、過去の自分に警告するため、ジムはタイムマシンで過去に戻る。映画では【同一世界】で【同一人物】が存在するありえない物語で、登場人物も混乱し、当然だが鑑賞者も混乱する。
 しかも、未来からやってきたもう1人ジムの存在は、48時間しか存在できないという事実が判明。そして、ストーリーは衝撃的結末へ向かう。



 シンクロニシティとは、ユングが提唱した概念で「意味ある偶然の一致」らしいのだが、因果関係がない2つの事象が、類似性と接近性を持つ。「シンクロニシティ」という映画では、タイムマシンの存在によって、主人公のジムがその因果関係を知る。この映画のテーマは、時間移動なのか、多元宇宙(パラレルワールド)を描きたかったのか?
 だから、難解で理解することが難しかった。
 
 以前見た「インターステラー」という映画でも、多元宇宙(パラレルワールド)を描いていて感動的だった。しかし、「シンクロニシティ」はちょっと分かりずらかったので、僕の評価は★★★☆☆。

 「シンクロニシティ」を見て、本来の意味ではないが自分自身のことを想像した。
 もしかすると、身近に多元宇宙(パラレルワールド)で【同一世界】で【同一人物】は存在するかもしれない。

 たとえば、だらしない自分という現実の僕。
 そして、やたら夢見ている、制限時間三日間(三日坊主)の僕。多元宇宙(パラレルワールド)の【同一世界】で【同一人物】が存在することは気付かない。ところが、もうひとりの自分がブログを書かせていて、もうひとりの自分が存在する。しかも存在期間は三日間。しかし、その生存期間を延長させようとする。つまり現実にリンクさせようとしている。

 だから無意識だが、先日ブログに書いた、『悩み続けることは、「当たらずと雖も遠からず」を実感』ということになるのだろう。しかも、以前のブログには、『目標を持つが達成することは問わない。ただしその持ち時間を楽しむこと』
 僕はムチャクチャなのかもしれない。

 映画を見ることと、暇な時間さえあれば、見る前と見た後の自分の変化がよく分かる。それが映画の解説でなく感想になり、僕にとって映画を見る醍醐味になる。

 また、僕はしょうもないヤツと思っている人がいる。本人は気付いていないらしいが、その嫌みにはほとんどの人が知っていて、その内に誰もいなくなる。ところがここから困ってしまう。その人に自分自身を発見することがある。つまり、同じような性格を持っているということだ。これもまた、「意味ある偶然の一致」で、因果関係がない2つの事象が、類似性と接近性を持った。それは、僕しか分からないし、結構辛い。他山の石とするべきなのか。まさか、こんなことを思い浮かべるとは。

 次ぎに見る映画は決まっていて、プライム・ビデオの100円セールで購入。購入すると数日間いつでも見られるので、今週中に見ようと思っている。「エリジウム」は今年33本目の作品となる。

 
 

 日曜日、朝刊を取りに行くとき、雲ひとつない真っ青な空に旅客機がハッキリ見えた。もしかすると舎人山から富士山が見えるかもしれない。朝食後、すぐに舎人公園に向かった。マウンドのような舎人山頂に着き、富士山を撮る。秋のように空気は澄んでいたが、水平方向には雲があり丁度富士山にかかっていた。とても残念だった。
 梅雨の晴れ間、公園では家族連れや犬と散歩している人、ランニングしている人たちで賑やかだった。
 折角なので、舎人公園の緑や池を撮って帰った。

1.jpg 2.jpg
4.jpg 3.jpg
8.jpg 7.jpg
5.jpg 6.jpg
9.jpg 10.jpg
posted by トモ兄 at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

またもがき始めている

 昨日のスケジュール表と今日のスケジュール表を較べると、全く違う。昨日は早朝から夕方まで仕事。しかも睡眠時間は3時間半で、仕事が終わり次第、卓球練習&飲みニケーションを楽しんだ。今日は、月曜提出分を金曜日につくり提出したので、1日調べものをしたいと考えている。
 スケジュール表をマメに付けていると、それ以前に比べて、プランや時間を有効活用できるように感じる。

0614.gif 0615.gif


 最近、『100年時代の人生戦略』本や「老後2,000万不足問題」を指摘した報告書が話題になっている。

 僕の場合は個人事業なので、老後資金の不足分はそれどころでない。そこで、投資を行うことによって、老後資金の調達にあてることは不可能に近い。
 なので、問題なのは「じゃ、どうする」かだ。

 このブログを書き始めたのは、2008年1月5日。11年前で、個人事業主でありながら仕事は0で、当たり前だが仕事による入金は0。当時は毎日が営業活動と資金繰り。その時の後始末に10年間も費やす。

 当時のブログを見ると、
 “何とかしないと経済的には厳しい。
  そこで、スローガンは「サバイバルすべし」
         方法は「収入源の多角化」”

 しかし、「収入源の多角化」は全くできなかったが、
 営業活動により新規顧客を獲得でき、本業が徐々に回復。
 ラッキーなことに、何とかなった。

 『100年時代の人生戦略』や「老後2,000万不足問題」は、現状を考えるいいきっかけになる。

 11年前の風景とは違うが、個人事業主の場合は結局、「サバイバルすべし」。方法は「収入源の多角化」なのだ。
 そして、悩み続けることは、「当たらずと雖も遠からず」を実感し、何とかなるものだ。
 だから、またもがき始めている。

 じゃ、具体的にどうする?……アイディアはある。
 今日は、その方法や資料を検索や探索する。
 
posted by トモ兄 at 12:05| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

今日は3時起床、すぐに今日のスケジュールを_4

 昨日は22時就寝。iPhoneの目覚ましを4時半にセットした。ところが3時に目が覚めてしまった。しょうがないので、軽く腹ごしらえし、なぜか肩にシップも貼り、今日のスケジュールを急いで組み始めた。

 今日の予定は、3本印刷入稿。タイトルデザイン制作。別件で2本初稿を制作し提出。それから週末起業の準備。そして、できれば夕方から卓球練習&飲みニケーション。
 金曜日が、もっとも忙しいく充実している。
 
 今日もスタート。ファイト!

 スケジュールは思ったように進んでいる。

 まずは、カラー写真をモノクロに変換。明るい部分を強調し暗い部分も調整。コントラストの強目の写真にし、イラストレータに貼り付け、それを見ながら、再度トーンカーブを使って写真全体の明度を確認し再度調整、最後にアンシャープマスクを掛ける。ただし、新聞紙自体の明るさも考慮し、微妙だが調整する。
 なぜそんなことができるかというと、見本紙が送られてくるので確認でき、どの程度が適正なのか(僕の好みも含まれる)経験値になっている。また、2社の新聞の組版を行っていて、2社の新聞紙の明るさが違うので、較べられるのも参考になっている。
 
 次ぎに、写真をレイアウト。レイアウト見本に従って文字を流し込んでいく。ただし、その通りに行くことはほとんどなく、それからジグソーパズルの世界に突入。これもまた経験値で、だんだんジグソーパズルの完成スピードが速くなってくる。

 ちょっと休憩を取り、別件の仕事に取り掛かる。

 ちょっと休憩のつもりが、1時間寝てしまった。

 今日2回目の起床。頭がボ〜っとしている。
 とにかく次ぎに進む...眠い(^_^;zZ

 17:00いつもの印刷入稿は無事終了。
 これから、構成案の準備を済まして
 卓球練習&飲みニケーションへ。

 今日のスケジュール表を見ると
 JobTimeは11時間をカウントしていた。
 今日もなんとかなった。 やれやれ\(_ _ )

 夕方から、卓球練習&飲みニケーション。
 幸せな1日だった。感謝。
 おそらく今日は爆睡。間違いない!

posted by トモ兄 at 03:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

久しぶりの深夜営業 もう寝ないと_2

 深夜まで仕事をする必要はなかったが、25時頃まで仕事した。深夜は決まってYouTubeでミックスリスト・メドレーを聴く。今日は、まずユーミンからスタートした。
 
 目がショボショボし始めた頃、急に曲想が変わってビックリ。テレサ・テン「愛人」→「別れの予感」→丸山圭子「どうぞこのまま」。また戻って、→「翳りゆく部屋」→「あの日に帰りたい」→「ルージュの伝言」→「DESTINY」...それから、松山千春「恋→長い夜」...



 テレサ・テンを久しぶり聴いた。その瞬間テンションが変わりタイムスリップ。まだデザイン学生だったのか、版下マンとして働き初めた頃だったのか。通っていた北千住のスナックのママが目に浮かび、テレサ・テンの曲をよく歌っていた。

 普段は洋楽メドレーを聴いている。ところが、なぜか今日に限って邦楽メドレー。不味い、懐かし過ぎる。
 バンバン「いちご白書」をもう一度→
 ガロ 「学生街の喫茶店」→

 とりあえず、25時頃仕事はメールしたのでゆっくりしているが、もう寝ないときりがない。

 最後に聴く曲はセレクト。
 たしか「いちご白書」という映画でかかっていた、
 バフィーセントメリー「サークル・ゲーム」



 (-_-)zzZ (-_-)zzZ (-_-)zzZ
 
 続きを読む
posted by トモ兄 at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする