2019年06月26日

今朝、アクセス解析を見ると..._2

 6:30起床。肩をグルグル回す。試合練習をすると間違いなく肩が痛む。お決まりの予定だが生活に支障をきたすことはない。
 そんなことが、朝起きたときの感想だ。

 まず、Macを立ち上げ、ブログのアクセス解析を見ると

2017年8月10日
『ナガサキノート あの日、人々の足取り』_2
に珍しくアクセスがあった。どうやって探してくるのだろう。
 折角なので、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』をクリックし、被爆者の証言も読んでもらえれば。

 1945年8/9 11:02(原爆投下直後)から、爆心地へ向かった人たちがいた。ナガサキの地図上に青(男性)と赤(女性)の人のアイコンがありクリックすると、その人たちの証言を読むことができる。なぜ、いまだかつてない放射能汚染?と火の海へ向かったのだろう。

 また、『ナガサキ、フィルムの記憶』はあまりにも惨い衝撃的な写真集だが、これは事実なのだ。

 僕は長崎市出身。僕の世代は原爆二世で、母や兄は原爆一世。僕がこうやって、肩が痛いとかいってられるのは、(たぶん)母が大浦(大浦天主堂の近く)に住んでいて、直接的な被爆は免れたからだ。

 また、母から原爆の話を聞かされた記憶もなく、聞いた覚えもない。そういった意味で、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』は僕にとっても大変貴重な情報だ。長崎出身者でありながら情けないが、被爆者の当事者から話を聞いたことがなかった。

 8月になると、『ナガサキノート あの日、人々の足取り』をクリックし、故郷に思いを馳せ、「原爆の日」には黙祷を捧げる。

 そういえば、こんなブログも書いたことがあった。

 2008年8月9日
 ある晴れた日、鶴の港に悪魔が降りた。_2
 俳句読本(メルマガ)
 8月7日、広島原爆の日に配信された俳句は、

 原爆忌青空哀し黙祷す    後月 美華

 長崎原爆の日ではなかったが、
 長崎は広島と同様に、どんなに晴れても心は晴れぬ日がある。
 と記した。
 
 アクセス解析を見て、今日はこんなブログになった。
posted by トモ兄 at 14:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする