2019年06月29日

昨日は何とか終わって、さて今日は...

 これ以上書くと具体的になるので最後する。昨日の予定では、15:00予定だったが18:00まで掛かった。仕事によっては連動している案件があって、一方のAに修正があると、もう一方のBも当然修正する。ところが、もう一方のBを提出するときは、仮に10回の修正を重ねていても所謂初稿となる。
 しかも、Bの指示は一切ない。僕がひたすら修正を重ね、入稿時間が近づいてくると連絡する。また、レギュラーの印刷入稿も重なった。ひさしぶりに頭がしびれてしまった。

 クライアントの立場では、イベントの主催者で様々な交渉や調整。締め切りギリギリの時点でさえも最新情報を掲載したいために、原稿や画像が入稿される。そしてすぐに、いつできるかと催促がある。この仕事の進め方は、もちろん制限時間があるが間違った方法でないので、制作者としては余計腹が立つ。

 この時点では、待ったなしの印刷入稿時刻になっていて、
 クライアントの時間管理やコスト管理の考え方での指示がある。その時点では、僕にとって考える時間がなくある種の勘を働かせ、究極のジグソーパズルを仕上げ印刷入稿する。

 特訓の日とは面白がっているが、ほとんどそんな状況にはなく、危なっかしい綱渡りをしていて、クライアントの担当者も僕も落ちると最後だろう。現実はなんと厳しいことだろう。
 先日、45年目でリタイアした友人から連絡があって書いたが、同業種で同年の友人がいて、彼とは毎週連絡を取り合っていて、危なかっしいが何とか生き残っている。

 さて今日は、昨日積み残した見積もりや請求書を発行する。また、次号の準備や別件を制作。これで1日が終わる。

 話は変わるが、左上のサイドバーをHappy Birthdayとした。久しぶりに他の人のブログを覗くと、Happy Birthdayの花の写真が掲載してあって、アクセスする人の誰かの誕生日だろうということで、毎日花を取り替えて掲載している。とてもいいアイディアなので真似することにした。
 ただし、僕の場合は日替わりとはいかない。

posted by トモ兄 at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする