2019年08月31日

土曜日はのんびりと

 今日最後の見積もりをメールし、これで8月の事務仕事は終了した。午前中に1本修正ラフをメール。今から新規の組版を始める。また、時間が出来たので、久しぶりにとある仕事のプランを考えてみようと思っている。テーマ(課題)を発見し、コンセプト(概念操作)を構築。具体的に方向性やアイディア考え、デザインカンプに落とし込む。制限時間は夕方まで。多分、ダイジェスト的なものは出来る。とにかく制限時間内に。

 昨日までそれどころでなかったが、今日はのんびりできる。
 夕食後は、これまた久しぶりに卓球のことを考えたい。

 卓球関連の情報は、メールやGoogleアラートでほぼ毎日届き、どんなに忙しくても試合動画を見ている。ただし、シェークハンド選手の試合がほとんどで、今日は卓球動画サイトを覗いて、ペンホルダー選手の試合を観戦しようと思っている。つまり、気分だけはシェークハンド選手対策ということになる。

 明日は卓球の団体戦で、W.W.Sで戦うが、どんな人が参加するのかも分かっていない。試合があることは分かっていたが、実はもう少し先だと思っていた。だから、ちょっと情けないがいつものようにぶっつけ本番となる。それでも、試合参加でしか味わえない独特な緊張感を、できるだけ楽しめれば十分だと思っている。勝とうと思うことだなんて、あまりにも虫が良すぎる。

 明日は試合を楽しむ。 
 それから、祝笑(^_^)/□*会
posted by トモ兄 at 12:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっとやっと終わった

 今日も深夜のコンビニへ。昨夜とは違って請求書をポストへ投函。8月の大特訓がやっと終わった。何とかなったので、ビールとチーズ鱈を買い、いまはノンビリとしながら飲んでいる。こういう時間もないと。

 明日は、別件で修正と新規ページをつくり忙しいくなるが、お昼までに何とかしたい。やっと気分は卓球モードになってきた。明日は試合なのだ。どうなることやら。

 夕方からは、多分祝笑会。

posted by トモ兄 at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

現在26時、一休み

 貫徹は避けられそうだ。ホットしているが、せっかくなので、ラジオ深夜便の明日へのことばを聴き、仮眠を取ることにする。

 24時から竹内まりやを聴きながら仕事をしている。とても懐かしくなった。それから、荒井由実や杏里へと続く。実はこの人たちはあまり聴かない。なぜかというと、当たり前のように貫徹をした頃を思い出す。

 たとえば、初めてこの業界に就職した時、面接で君は徹夜が出来るかと聞かれた。貫徹なんかバガバカしくてやったことはないが、出来ますよりも得意ですといったような。

 広告デザイン業界はこんな感じでスタートした。しかし、まさかほんとに仕事で貫徹をするかとは思ってもいなかった。

 もう最悪だったころは、航空会社系の旅行パンフレットの版下制作をしていたころ、Jグラフィックスという会社のデザイナーが、夜中の2時ぐらいにラフを持ってきた。それから貫徹で写植指定し、朝1でNタイポグラフィという写植会社に届ける。やくざではないが、版下マンは効率的に切った貼ったの世界。マジで足を洗おうと思った。

 27時、そろそろ始めよう...
posted by トモ兄 at 03:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

原稿待ち時間に、口"

 催促したが、まだ原稿が入らない。

 今日は完全に深夜作業になり、深夜のコンビニと深夜ラジオ便。久しぶりの完璧セットメニューになりそうだ。

 明日(30日午前4時05分)の、明日へのことばを調べると、「40トンの土から掌(たなごころ)の世界へ」萩焼・十三代…三輪休雪。聴きながら仕事、おそらく夕方に印刷入稿(下版)の予定。入稿が終わり次第、これまた久しぶりに使う言葉の根性で、すぐに最後の見積もりを書きメール。請求書を発行しコンビニのポストへ。

 土曜日は、いつものように別件のラフの初稿づくり。できたらメールしたい。日曜日の予定だったが、来月のスケジュールを考え予想受注リストをつくり、ごっつあんですの一言と感謝。それからすぐに完全オフ。

 明けて、日曜は卓球の団体戦となる。
 あぁ 素晴らしい!どうなることやら。

 また、おそらく今日のブログは久しぶりに1,000アクセスを18時ころには突破する。間違いない。

 山中司著 
 自分を肯定して生きる プラグマティックな生き方入門
 が影響している。やはり、素材(書籍の内容)がいいとアクセス数は伸びるのか。
 
 実は、僕はこの書籍の著者である、山中司先生のファンなのだ。また、いずれ機会をみて書きたいと思っている。

posted by トモ兄 at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は焦っている_2

 今朝は珍しく7:00起床。活動計を見ると、睡眠品質一般、心拍、血圧はいつもと変わらず安定。ステップ数は最低記録の933歩、歩いた距離は700m、消費カロリーは50Kcalだった。ほぼ事務所のデスクトップの回りをうろちょろと移動。加えて目の生活焦点距離はほとんど一定で、目が痛くてしょうがない。おそらく、視力を調整する目の周りの筋肉はガチガチに固まっている。実は体力はそれなりにあるが、目の痛みがもっとも切実な問題なのだ。

 今は、年に何回かしかない、非常事態のようなもので頑張りどころ。

 だから、普段はあまりないが、クライアントにスケジュールの確認と原稿入稿の催促をする。仕事の進め方の理想論などの観念論は邪魔で、とにかく印刷入稿(下版)に向けて、タイトなスケジュールでどうすれば出来るのか。僕がよく使っているスケジュール管理やコントロールといった言葉は、プライベートのためではなく、仕事のために行っている。ただし、仕事が最優先するが、その中でプライベートも楽しんでいる。矛盾するかもしれないが、所謂仕事人間ではない。

 昨日の予定では、原稿が夕方から出稿されることを確認した。ところがまだない。また今日も確認と催促をしなければならない。

 それから、仕事と仕事の隙間に、山中司著『自分を肯定して生きる』を読んでいる。

 「はじめに」の重要なポイントは、“「前向きに生きる」とか、「ポジティブ・シンキング」とか、また「くよくよするな」とは、実はすべてがこの「プラグマティズム」という論理的立ち位置から説明が可能”だと思っている。だから、これまで学んだことを思いだすと、実感できる!

 第1章
 なぜ人生が「パッとしない」のか
 ---負のスパイラルの原因を探る---
(8月28日は第2章でなく、第1章で訂正します)は、パッとしない人生の1番の解決策は「気の持ちよう」で、重要なポイントは、“人はそれぞれに代用不能なすごさをもっている”と、ちっぽけな自分はかけがえがないゆえに、1個の全宇宙に匹敵する価値がある。ということになる。
 日本人にはなかなかなじめない考え方の「プラグマティック」だが、自分の中に「もうひとつ」の選択肢とする。

 第2章
 プラグマティックな生き方という武器
 ---考え方を見方につける---
は、読みかけている最中だが、いよいよ「プラグマティックな生き方」の本題に入る。ほんと面白くなってきた。購入して大正解!
 
 「プラグマティックな生き方」を、「プラグマティズム」の原義に触れたり、プラグマティズム=役に立つことだけを考える(観念論を切り捨てるや前例主義とは相いれない、プラグマティズムは希望の哲学)の説明がある。また、ノイラートの船という思考実験で、「プラグマティックな生き方」をとても分かりやすく紹介されている。

 話は前後するが、なぜプラグマティズムが希望の哲学かというと、

 “自分が理想とする希望の状態に、それがどんなにかけ離れ
 てもいようとも、少しずつでもそれに近づけられるよう努力
 し改善し続けるとします。そうしたら究極的にはいつか、
 その希望の状態に辿り着けるはずです。
 逆に言えばそうすることでしか、
 私たちの希望は実現できません。”

 だそうです。
 耳にタコができそうですが、「プラグマティックな生き方」は、自己肯定から始まります。



 ということで(あんまり関係ないですが)
 まずは、原稿催促の連絡を

posted by トモ兄 at 10:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

脱線するが、まとめてみたい

 お昼も、印刷入稿も済んだ。
 夕方まで時間が出来たので、その続きを考える。

 山中司著 
 自分を肯定して生きる プラグマティックな生き方入門
 第1章
 なぜ人生が「パッとしない」のか
 ---負のスパイラルの原因を探る---

 の結(論)の部分を強引に、しかも本書にない余計なことも付け加えまとめる。大丈夫、著者はこのブログを見ない。

 まとめのテーマは、
 人はそれぞれに代用不能なすごさをもっていて、
 『自分を肯定して生きる』ことが出来る。

 ここから脱線する。

 登幽州台歌  唐  陳子昂(ちんすごう) 
 
 幽州(ゆうしゅう)の台に登る歌

 前人見故人 (前に故人を見ず)
 後不見来者 (後ろに来者見ず)
 念天地之悠悠(天地の悠々たるを念ひ)
 独愴然而涕下(独り愴然として涕下る)

 高みから、遠い空間を見渡す。広大な空間から悠久の時間が連想されるとき、無限の時空のなかに、ちっぽけな自分を感じ、孤独感で涙が落ちた。
 しかし、ちっぽけな自分はかけがえがないゆえに、1個の全宇宙に匹敵する価値がある。自分がここにいるすごさを理屈抜きで体感した瞬間に、目から涙が溢れた。そうだ。
※このブログのネタ元に、加藤徹著 漢文力 (中公文庫)を随分利用させていただいた。この本も素晴らしく『漢文力』とは、思考訓練をするために、故人の思索を追体験することによって、漢文のもつ論弁的な教えを学ぶ意図的な活動です。もちろん、独愴然而涕下の紹介もあります。とてもいい本です。
 つまり、これが「人はそれぞれに代用不能なすごさ」のひとつなのだ。

 「プラグマティックな生き方」は、自己肯定から始まる。
物の見方、捉え方、どんな出来事も、経験も、長所にも短所にもできる。他人のモノサシが有利に働くのであれば気にしない。そうでなければ気にする必要はない。自分のことを「ダメだ」と思うことはやめにしよう。
 
 自分のことをすごいと思い続けて努力する人と、
 自分のことをダメと否定して頑張る人だったら、
 前者が、最終的にいろいろな意味で「パッとする」
 のではないか。

 繰り返しになるが、絶対に自分や自分の生き方を否定すべきではない。その考え方、拠り所、経験、弱さを大切にし、そのうえで、日本人的な考えとは異なる「プラグマティック」な考え方を、自分の中に「もうひとつ」の選択肢として『自分を肯定して生きる』ファイト(^_-)-☆

 つづく...
posted by トモ兄 at 16:56| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は焦っている

 まずは、クライアントに原稿の催促と確認の連絡を入れた。
現状は展示会の最後の詰めの段階で、原稿は夕方になりそうだ。つまり僕の制作作業は深夜に渡る。

 また、別のクライアントは大阪で展示会が開催される。僕はその件には担当してないが、ある面を組版していて修正が入った。その修正はクライアントでなく、友人のデザイナーから転送されたものだった。とにかくみんな焦っている。ちょっとヤバい!ここは深く呼吸し少し落ち着いた方がいい。

 二つの案件が同時進行していて、日本語になっていないが、出来るだけゆっくり急ぐ。

 さて、どうしよう。こういうときは、夕方まで寝て体力を温存し深夜の制作に備える。ところが、午後に印刷入稿があるのでそれはできない。

 仕方ない、脳天気ようだが、

 山中司著 『自分を肯定して生きる』
 第1章
 なぜ人生が「パッとしない」のか
 ---負のスパイラルの原因を探る---

第1章はすでに読んでいて、どうまとめようかと悩んでいた。重要な項目が多く、トレースするようなレポートは書けないが、テーマを「人はそれぞれに代用不能なすごさをもっている」に絞り込むアイディアはどうだろう。つまり、『自分を肯定して生きる』に資する。

 これから、昼食(^_^)
posted by トモ兄 at 12:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(仮)それから、もろもろ...

 昨日はヘボコーチ。今朝は5:30起床。予定通り痛みは肩甲骨から右肩へ移動し、湿布を貼った。そして、ついに大特訓の佳境へ。と思ったら、日曜日は団体戦の試合だった。もうボロボロのスケージュ。頼まれたので返事をしたが、まさか来週の日曜日だとは。試合の予定は2〜3カ月前に誘われるので、予定が分からないため、ほとんど断っている。僕は仕事を最優先させるが、団体戦だけはできるだけ参加したいと思っている。今回はW.W.Sの団体戦で、男女共1チーム参加で、先日も書いたが、飲み会にのメンバーが少なくなったように、団体戦にも同様の現象が現れる。仕方がないことだが、それで済まないのが運営・責任者でもあるチームの会長で、まだ試合は終わってもいないが、お疲れ様と言いたい_(._.)_

 昨日は、いつものように組版をやったり地図を描き、見積もりのメールをしたり。ヘボコーチに行くまでに時間が空いた。
 そこで、gacco運営チームからメール届いていたので読むと、「Grow with Google」(2019年8月27日(火)10時よりGoogleが提供する講座が3講座開講しました!
Googleのさまざまな無料デジタルツールを活用し、ビジネスだけでなく、生活がより良くなるためのヒントを学んでみませんか?)の紹介メールだった。
 時間があったので、ダメ元で面白がって「はじめてのデジタルマーケティング」を受講した。

 スケジュールは、最終テストまで45日間。内容は、第1章 はじめに。第2章 認知を得る。第3章 認知を広める。第4章 効果を高め、効率を上げる。第5章 最後に。第6章 最終テスト。この内容を約2時間半で行い、得点率は100%だった。

 最終テストは全問正解だったが、実はそんなに意味はない。
なぜならば、仮に初級の「はじめてのデジタルマーケティング」の知識を得ても、実践が伴わないと絵に描いた餅となる。また、初級程度の知識ではその実践のきっかっけに過ぎない。
 僕の場合は、4-2:レッスン 2 ウェブサイトの分析と改善をする(実践編 サイトを分析しトレンドに適応する)とう内容があって、まずはここを詳しく学んでみようと考えている。

Google アナリティクス
https://gwgtool.page.link/GoogleAnalytics
Google アカウントがあればどなたでもご利用いただけます。

Google アナリティクス アカデミー
https://gwgtool.page.link/GoogleAnalyticsAcademy
Google アナリティクスについてさらに詳しく学びたい方向けの無料のオンライン コースです。

Google トレンド
https://gwgtool.page.link/GoogleTrend
世界中の検索トレンドをチェックしてみましょう。
 
 興味がある人は、どうぞ...

 さて、今日は印刷入稿。それから、もろもろ...
 もうファイト(^_-)-☆しかない
posted by トモ兄 at 09:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

夕方から、暑気払いへ

 だんだん集まるメンバーが少なくなる。これが第一印象だった。都合が合わなかった人もいると思うが、病欠の人が増えつつありとても残念な思いがする。回復することを祈りたい。というよりもそんな歳じゃないでしょう、僕とほぼ同年代。

 確定ではないが、10月に帰崎する予定なので、懐かしいモードになり、同窓生のフェースブックを覗いてみた。そこには、同窓会のメンバーの会合写真があり、先生らしき人がふたり。

 同窓生から、みなさん同級生?とコメントが付いた。
 →みなさん同級生と回答があった。
 えぇ、ほんとに? か、髪が!
 実は、人のことを言えなかったりして。
 同級生でありながら、見た目がほんと違ってくる。

 暑気払いも同窓会のようなもので、そんな印象がこれからは必然なのか。東京で会ったふたりの同級生の女性はほんと若く見える。大袈裟にいうと美魔女で、それなりに苦労しているはずなのに、どうやってあの若々しさを保っているのだろう。そんなことも思い出した。

 国破れて山河在り
 城春にして草木深し
 というあまりにも有名な杜甫の『春望』
 五言律詩の漢詩がある。
 七・八句(結聯)が
 白頭掻けば更に短く
 渾(す)べて簪(しん)に勝(た)へざらんと欲す
 とある。この部分が主題で、老境の念を感じる。

 ここには、悠久の大自然と有限の人の対比があり、
 起で、自然は何もなかったように、再生を繰り返す。
 結で、ところが人はそういかない。
    白髪頭をかくと、髪の毛も短くなり、 
    頭につける冠をとめる、かんざしもさせなくなった。

 馬鹿げているかもしれないが、
 できるだけ老境の念は先延ばし。
 ファイト(^_-)-☆
 
posted by トモ兄 at 11:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

『自分を肯定して生きる』 レポート.1

 結局読み出したのは深夜になってからだった。

 昨日は気が抜けたのか、夕食後横なって気が付くと22時。思ってた以上に疲れていた。それから起きだし、活動計が壊れてしまったので、前回よりも大きめのカラースクリーン1.3インチと、より文字盤の表示が大きいものを選び注文した。また、アプリも前回のバージョンアップされたもので違和感がない。
 昨日夜中に注文し、今日の午前中に届く。どんなシステムなのだろう。この素早さには驚く。現在充電している最中だ。


 さて、『自分を肯定して生きる』だが、深夜に旨い日本酒をグラスに注ぎ、鉛筆と付箋を用意して読み出した。読者感想文はまだ書けない。いつまで続くか分からないが、まずはレポートということで。

 「はじめに」を読む

 自分の人生を肯定することができるか。という問いかけから始まる。また、一つのエピソードとして、実際にあった小学六年生A君の「言い間違い」による痛ましい自殺と、その反対側にいる性格のB君を仮に想定し比較する思考実験も進行する。問題提起として、種々な大規模な調査から日本人や韓国人の自己肯定感の低さは世界的に突出していて、「自信が持てない日本人」というイメージが固定化されているそうです。A君の例は日本社会にとって、けっして特殊なものではないかもしれません。A君はどうしたら死なずにすんだのでしょうか。

 筆者はその回答のひとつとして、本書のテーマでもある「プラグマティックな生き方」の考えを提案します。

 これまでよく言われてきた「前向きに生きる」とか、「ポジティブ・シンキング」とか、また「くよくよするな」とは、実はすべてがこの「プラグマティズム」という論理的立ち位置から説明が可能だそうです。

 「プラグマティズム」とはひとつのものの見方、考え方。あくまでひとつの「思考の武器」として身につけることで、時に自分を守り、支えることができ、お金もかからず、性格も無理に180度変えるような必要もない。


 「はじめに」をまとめます

 絶対に自分や自分の生き方を否定すべきではありません。その考え方、拠り所、経験、弱さを大切にし、そのうえで、日本人的な考えとは異なる「プラグマティック」な考え方に触れ、それを戦略的に自分の生き方や考え方に取り入れる。

 自分の中に「もうひとつ」の選択肢を持つことができ、
 多くの人が抱える多くの悩みを、
 きっと軽くすることができるでしょう。

 これから、具体的に「プラグマティック」な
 生き方に付いての説明が始まります。

 まるで思考的なマジックですね。期待が高まります。

 第1章
 なぜ人生が「パッとしない」のか
 ---負のスパイラルの原因を探る---
 
 第2章
 プラグマティックな生き方という武器
 ---考え方を見方につける---
  
 第3章
 こんな時どうする?
 ---プラグマティックに考え「潮目」を変えよう---

 おわりに




 このブログを書き終わり、また読み出します。
 夕方からは暑気払い。
posted by トモ兄 at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

久しぶりの開放感

 いつもは、15〜17時ぐらいだろうか。昨日は印刷入稿が21時までかかった。それから、大特訓のスケジュールを調整。
 そして今日は午前中に、構成案を提出し見積もりや請求書の準備をした。
 なので、午後からは久しぶりの開放感にしたっている。音楽を聞きながらボ〜っとしている。

 さて、これから何をやろうか。あまり疲れるようなことはしたくないし、運動もする気になれない。

 そういえば、届いた本を読もうかな。

 僕は『教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる』という講座にはまってしまい、予定外というか想定外のディスカッションに参加してしまった。そして、勝手に「白熱の言語学教室(非同期コラボレーション)」と呼んだり、途中まで先生の名前を間違えたり...。僕の教養のなさを披露してしまった。また、gaccoではないが、昔も別の講座で同様な経験をしたような。しかしその時に学んだことがとても役立っている。

 一生懸命になりながら恥をかくとき、きっとお負けも付く。
  
 その講座の担当講師の本が届いた。
 山中司【著】
 
 自分を

 肯定して

 生きる


 プラグマティックな生き方入門



 気が向いたら、感想文も書いてみたいと考えている。


 月曜から最大の特訓が、また始まる。
 
posted by トモ兄 at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

まだ終わっていないが、凄まじい1週間

 今朝は4:00起き。一仕事終わり、ちょっとノンビリしている。今日のメーンイベントの原稿が10:00ころから入り出す。これって今日印刷入稿(下版)で、ここ1カ月はこんな調子なのだ。以前にも書いたが、フリーランスはいかにも自由気ままな働き方のようだが、僕にはスケジュールをコントロールすることができなく、できるだけ対応するしかない。
 
 今は繁忙期(非常事態のようなもの)で、クライアントの最大の展示会がビッグサイトで9月に開催され、展示やセミナー等で忙しく、しかもレギュラーも同時に進行。僕は新聞の組版や広告、展示会の告知等を手伝わせていただいている。加えて、いつものことだが、見積もりや請求書の準備とスケジュール管理、年1回のカレンダーの企画制作も重なった。

 また、プライベートでは夏休みのジジババツアーとヘボコーチとgaccoの講座も重なった。その結果、やっぱり被害が出た。寝ぼけていたのか活動計を充電しようと思ったが、ジャックを折ってしまった。また、ピンポンを打つと肩が痛くなるが、異常なまでのマウスとキーボードを打ってしまい、痛みが肩から裏側の肩甲骨に移動した。これは初めての経験だ。おそらく通常に戻ると、その痛みは元の位置に戻る。

 僕の夏休みはなかったが、面白く凄まじい1週間だった。
 これを幸せな7日間だったと言わずして、何というのだろう。

 来週は卓球クラブの暑気払いからはじまり、いよいよ大特訓の月末に突入する。もうファイト(^_-)-☆しかない...
ラベル:幸せな7日間
posted by トモ兄 at 08:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

さっき、やっと玉組ができた

 玉組って、カレンダーの曜日や日にちを組(レイアウト)むこと。一ヶ月だったらなんてことはない。いつもこの時期になると、結果的に3年間の玉を組む。しかもその内の1年間は六曜も組む。ただでさえ大変な作業が、来週の大特訓の週に重ならないように、もう必死になって組んだ。こういう慌て方もある。もちろん暑気払いもある。アイディアを考え、写真を収集セレクトし、アイデアに沿ってカラーカンプをつくり提出。また別作業で、さっき、やっと玉組ができた。ほとんど放心状態になり、少し横になった。

 現在、お昼に出掛けて帰ったきた孫が、隣でYuoTubeで姫◎◎◎TVを見ている。
 僕はイヤホーンを付けて、「モーツァルトで自律神経を整える【癒しのクラシック】」を聴きながら、今日二回目のブログを書いている。

 今日は、孫たちのジジババ夏休みツアーの最終日なので、かみさんと孫たちは買い物へ出掛けた。夕方はみんなで食事に出掛ける。

 夕食後、孫たちは帰途につく。明日になると誕生日プレゼントが届くだろう。
 僕は明日の印刷入稿(下版)に備えるために、いつもの深夜作業になる。

 とにかく賑やかで賑やかで、幸せな5日間だった。

posted by トモ兄 at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんとよく働く

 自慢話と自己アピール。実は同じ内容だったりするそうだ。驚ろく。どこが違うのかは、聞かれてもいないのに自慢することは、嫌われる。ところが聞かれてから話すことは、自己アピールすることで、自慢話にはならないそうだ。

 だったら、ブログは聞かれてもいないのに、よく働くと書くことは、自慢話になるのか。

 近々、暑気払いがある。実は諦めていたが、諦めないことにした。なので、眠くてしょうがないがよく働いている。
 話の観点が違うが、自慢したくては頑張れないし、エネルギーも出ない。とことが、暑気払に参加するためには頑張れる。
 
 つまり、目的が自慢話しでは頑張れないことになる。

 睡魔が襲ってきた。
 だから、もう頑張れない。意味不明。
 バカも休み休みに。もう寝よう(-_-)zzZ

posted by トモ兄 at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

今週の家族と僕の風景

 今朝は5時起床。孫が僕に寄り添うように寝ていて、4本川になっていた。別の部屋にはふたりが寝ている。今日はもうひとり増える。昔見た風景を思い出す。かみさんの実家に、毎週土曜、兄弟7人とそれぞれの子供たちが集合する。たまに泊まることもあって、それは凄い風景になる。実家の隣が銭湯で、向かいに小さな飲み屋があった。いまさらだが、かみさんの母親は、良く裁けたものだ。もう感動的としかいいようがない。

 起きてから、水分補給をするために冷蔵庫を覗くと、車内はラッシュアワー状態で、ドアを開けるとものが溢れてくる感じで、押し込まないと不味い。なので、2本購入した日本酒が入らなく、現在は保冷バックの中で、保冷剤とサンドイッチ状態になっている。今日は何とかして冷蔵庫へまぎれ込ませる。

 瞬間的な人口密集は、布団と冷蔵庫の風景によく現れる。

 昨日は3週間ぶりだろうか、卓球のヘボコーチを行った。おかげさまで薄らと脂肪が取り除かれたような気がする。そしていつものように、肩に湿布を貼る。肩の調子はだいぶ良くなってきた。団体戦が近々あるようだが何とかなりそうだ。
 その前に、暑気払いがある。このイベントは肩の調子は全く関係ないし、これから最も忙しい時期に突入するが、必ず参加したい。

 これが今週の家族と僕の風景となる。
 これからスケジュールは
 来週の特訓が恐ろしいことになりそうなので、
 できることは事前に行う。
 事務仕事も大切です...
 
posted by トモ兄 at 06:45| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

現在、原稿待ちの状態

 原稿は、今日か明日の夕方から入稿されるかもしれない。
 だから、他のことが限定的にできる。やりたいことと、やらなければならないことがある。今日は来週の特訓に備えて、現状までの事務仕事をすることに。

 これがとても面倒だが、できないと話にならない。
 
posted by トモ兄 at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日1日限定の夏休みにしよう_2

 午前中は孫が側にいて旧型のMacProでYouTubeの見ていて、僕はイヤホーンを付け音楽を聴きながら、最新版のiMacで仕事をした。
 孫に、その番組はそんなに面白いかと聞くと、そうでもなさそうな顔をした。では何が楽しいかというと、孫にとっては最新のPCを独占してYouTubeを見ることが楽しいのか。このPCはアプリケーションソフトを加えると大雑把だが100万ぐらいだろうか。ただし(悲しいかな)、OSをバージョンアップできる能力が足りなく、廃品間近で、このOSバージョンに合うギリギリのウイルスチェッカーを付けていて、ネットは何とか見ることができる。

 午後から、舎人公園の「じゃぶじゃぶ池」へ。

 そのためにテントと保冷バックを購入していて、テントは日陰をつくり、保冷バッグは水分補給のためのボトルをほどよく冷やした。約4時間ほど遊んだのか、孫たちははしゃぎながら楽しそうに水遊びをした。僕も孫たちのすぐ側にいて水遊びを楽しんだ。この「じゃぶじゃぶ池」の水かさは深いところで40pぐらいだろうか。無料でしかも監視員付き。テントを張れるスペースもある。ほんと楽しく安全に遊べるいい施設だと思った。

 今日の夕食はもんじゃのリクエストがあり、僕は先に荷物をもって自宅に帰り、すぐにキャベツや焼きそばなどを購入に行く。それから、婿さんも泊まりに来るというので、久しぶりに日本酒を買いに行った。
 また、孫の誕生日パーティーも兼ねていて、何日前かに用意していたアイスケーキを食べ、プレゼントもネットの画面を見ながら注文した。

 23時から仕事を開始。午前中に提出したラフにチェックが入った。修正し24:00ごろに再提出した。ところが、見直すと別の部分も修正しなければならないところを発見。ついでに追加修正も加え、25:00ごろ再々提出した。

 それから、今日の出来事をメモるようにブログに書いている。僕の今日限定の夏休みは終わった。
 ほんと疲れたが、しかし、それどころではない楽しみがあるものだ。
 
 今日の夕方から、ヘボコーチがあるが。
 エネルギーは残っているだろうか。
 ひとり約10分だが、約90分練習を続けるとかなり疲れる。
 
 時間になったときに、どうするか考えようと思っている。
posted by トモ兄 at 03:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

今日1日限定の夏休みにしよう

 昨日は夕食の準備で、15時から3回買い物に出掛けた。

 普段はふたりで、娘夫婦と孫が3人で計7人になり、食事の量も半端でない。部屋中にはエネルギーが満ちあふれた。もともと僕ら夫婦はよく喋る。そこに孫が加わると賑やかというよりも凄いことになる。まるで運動会のようになり、場内は狭いが孫たちは走り回り、頻繁に場内放送が流れる。しかも人口密集度がアップしたせいか、エアコンもフル稼働になる。こんな状態で、孫たちとジジ&ババの暑い熱い夏休みというドラマが始まった。

 今日は5時起床。いまの内に仕事をする。

 どうも孫たちは、会社へ出掛けない僕を見て、仕事をしているイメージがないようだ。おそらくパソコンを見て遊んでいる。実は締め切りに追われている。その内に理解ができるようになると思うが、今はとにかくYouTubeを見たいらしくリクエストがある。コンピュータは2台あるので、片方でアクセスし見せている。

 静かな内に、仕事を進める。
 ただし、今日1日は孫と遊ぼうと思っている。
posted by トモ兄 at 06:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

今日は慌ただしくなる

 昨夜2時ごろ、『1984』を30分残し睡魔に応じた。今日はその30分を先ず見る。それから、昨日の仕事の続きを15時まで行う。

 そして、ここからが慌ただしくなる。
 月曜日に孫たちが来る予定だったが、今日の夕方になった。なので、いつもはふたりだが、夕方には7人家族になる。

 かみさんと今日の夕食について、どんなメニューにするかを考えることは以外と楽しく、夕食の準備のために走り回る。
 また、孫の誕生日のお祝いもあり、リクエストのアイスケーキはすでに取り寄せてある。そのことも考慮し夕食のメニューを考える。

 1日予定が早まった。とてもいいことだ。
 今日は、どんなことになるか予想つかないが
 楽しいことには間違いない。
 また、孫たちの成長を感じられるかもしれない。

 今日を楽しもう(^_^)

posted by トモ兄 at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

さて今日は、どこまでやろうか

 今日はこれから24:00まで画像の整理をし、できれば2点×2案を目安に、文字と画像の組み合わせを考え、画像処理や色調整も行う。すでにダミーで、大雑把なアイディアを考えているので、実際にセレクトた画像で可能なのかを試す。

 この仕事はプレゼンし取った仕事で、1年に1回だがレギュラーになっている。なのでかなり神経を使う。夕方までに、画像約1000点ほどから200点ほど収集し、24点に絞り込む。この仕事はきちんと手順を踏む。ここまでは楽しいが、実はこれが済んでからほとんど忍耐ゲームになる。とにかく気力と体力が必要になってくる。
 
 普段にはないことなので、完全にグロッキーになってしまい、夕食後、疲れが出て仮眠を取ってしまった。

 いま、目を覚ますためにブログを書いている。
 これから、約2時間制作を行う。
 
 それから、久しぶりにビデオ屋さんで借りてきた映画を見る。先日ブログに書いたが、楽しみながら「言語学」の復習をしている。『マイ・フェア・レディ』は社会方言。『1984』はダブルスピーク。今日は『1984』で、2回ずつ見ることになる。復習と書いているが、実は話の流れを把握し楽しんでいるだけ。再度、この講座を受講するので、その時にしっかり復習したい。

 とても眠たいが、さっそく始めることにする。
 
ラベル:復習 仕事
posted by トモ兄 at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする