2019年08月24日

久しぶりの開放感

 いつもは、15〜17時ぐらいだろうか。昨日は印刷入稿が21時までかかった。それから、大特訓のスケジュールを調整。
 そして今日は午前中に、構成案を提出し見積もりや請求書の準備をした。
 なので、午後からは久しぶりの開放感にしたっている。音楽を聞きながらボ〜っとしている。

 さて、これから何をやろうか。あまり疲れるようなことはしたくないし、運動もする気になれない。

 そういえば、届いた本を読もうかな。

 僕は『教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる』という講座にはまってしまい、予定外というか想定外のディスカッションに参加してしまった。そして、勝手に「白熱の言語学教室(非同期コラボレーション)」と呼んだり、途中まで先生の名前を間違えたり...。僕の教養のなさを披露してしまった。また、gaccoではないが、昔も別の講座で同様な経験をしたような。しかしその時に学んだことがとても役立っている。

 一生懸命になりながら恥をかくとき、きっとお負けも付く。
  
 その講座の担当講師の本が届いた。
 山中司【著】
 
 自分を

 肯定して

 生きる


 プラグマティックな生き方入門



 気が向いたら、感想文も書いてみたいと考えている。


 月曜から最大の特訓が、また始まる。
 
posted by トモ兄 at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする