2019年09月21日

昨日は予定通り、ビッグサイトへ、新富町へ、

 10:00に出発し11:30頃にビックサイトに到着。途中、ゆりかもめ「台場駅」付近で、展示会の告知広告に使用した、東京湾から望む摩天楼が見えてくる。僕はこの景観が好きで未来をなぜか感じる。どんどんど発展し、ニューヨークに劣らないほどの景観になるのでは。東京は日本の首都であり、先端の都会的なイメージがするが、実は湾岸都市でもある。その東京湾を眺めながら、ビッグサイトに着いた。

東京湾からの摩天楼.jpg

ビッグサイト.jpg


 さっそく、第21回不動産ソリューションフェアの展示ブースを回り始めた。展示会は新しい情報が得られることが面白い。
今回は驚いたことがあった。

 展示はいろいろいろあったが、1つだけ書きたい。

 それは、「ソーラーLEDライト付き防犯カメラ」だ。最もこのシステムで驚いたことは。スマホで映像を確認できる。なるほど。実はここから驚く。もし不審者と確認できたら、スマホに向かって、たとえば「コラー!」と叫ぶ。すると、その「ソーラーLEDライト付き防犯カメラ」から、その音声の「コラー!」が流れる。つまり、本当に防犯ができる。しかも、時間や場所など制限されることなく、現在進行形の出来事に同期でき、スマホで監視できるシステムなのだ。

 言語論で、ダブルスピークという言葉の持つネガティブな側面を知った。生命保険とはいっても、実は死亡保険だ。防犯カメラといっても、犯罪を未然に防ぐことよりも、事件が起こってから役立つことが多い。なぜならば、専門のセキュリティ会と契約し常時監視体制があれば可能であるが、たとえばマンションなどでは、管理人がお昼までしかいないケースの場合、防犯カメラは管理人が朝ゴミ出しのためにやってくるまでに、いったい誰が防犯カメラで監視しているのだろう。夜間でなくても、お昼から翌朝まで無人の状態になる。これが実態なのだ。
 この問題点を改善したのが、「ソーラーLEDライト付き防犯カメラ」ということになる。

 先ず、僕にとってまちがいなく、このシステムは展示会でしか得ることができない情報で、しかも、担当者からの詳しい説明を受けた。これが、展示会の魅力なのだ。約2時間の見学を行った。

 それから、新富町の友達と約2年ぶりにお茶した。
 実はこの界隈の広告制作会社に4〜5年いたことがあったが、ドミトリー(相部屋の格安宿泊施設)のカフェバーラウンジでお茶したことはなかった。信じられないが、このさほど広くない地域にアパホテルが4軒あり、他にもビジネスホテル。バックパッカーをターゲットにしたホテルなどがひしめき合っている。来年の東京五輪を当て込んでいるのだろうと思うが、それにしてもホテルの密集地帯となっていたことに驚いた。

 やはり、動かないとどんどん遅れていく。
 意図的につくった引き籠もりの状態だが、だとしても本当は怖い引き籠もり。気付かない内に置いてけぼりになってしまう。

 この1週間、勝手に遅れてきた夏休みとし、日中に動き、深夜に仕事したり本読んだりブログしたり。日常よりも睡眠時が少なくなってしまった。眠くてしょうがない。今日から早寝早起き。

 夕方から、知り合いのお通夜へ。

posted by トモ兄 at 15:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする