2019年10月06日

つい最近、土日はスケジュール表をつけなくなった

 つまり、のんびりとしている。

 今日は、まず朝日新聞のGLOBEを読む。タイトルは、「予測」という名の欲望。3ページ目に「予測の限界は」がまとめてあり一読した。

 予測は、何のためにどんな欲望(目的)で予測するかにかかっている。従って、欲望(目的)のない予測はできない。ひとつの理由として「予測の限界は」ここにある。つまり、別の言い方をすると、興味のないデータは役立たない。

 たとえば、クイズ形式でこんな予測(データ)がある。
 「日本の単身世帯の割合は1980年は19.8%でした。
 2040年にはどれくらいになるでしょうか?」
 答えは、約40%。仮に僕がそうだとしたら、自分自身に投資し、お一人様の暮らし方や健康面を充実させる。他の人たちには興味を示さない超個人主義になる。おそらく、少子化に拍車をかける一因にもなりそうだ。

 次の予測(データ)クイズは、
 「2050年に子どもの死因で最も多くなると
 考えられているものは次のうちどれ?」
 1.大気汚染 2.不衛生な水 3.マナリア 4.地表付近オゾン 選択問題でガンがないのはなぜか。すでに問題解決?
 そこで、お一人様(超個人主義)を楽しんでいる人に、子どもの死因に興味を示すだろうか。勿論極論だが、ありがちではないと思いませんか。つまり、何のためにどんな欲望(目的)がない予測は、役立たない。ここに「予測の限界は」ある。
※答えは、1.大気汚染(2012年 OECD Environmental Outlook to 2050)
 だそうです。



 そして、もうひとつの問題は、仮に興味があった場合、未来を変えたい」という欲望につながっているか。問われているのは、私たちがどんな未来を生きたいかだ。予測の計算はコンピューターでできるが、予測をふまえて何をするのか。それを考えるのは人間ということになる。

 なるほどと思った。これって、LIFE SHIFT(100年時代の人生戦略)の話にも通じる。とても難し問題です。そんな簡単に解けない。まずは現在の能力でできることをやるしかない。

 これから、gaccoへ出掛ける。
 今日は一気に、「Week4:言語のトリセツ」を終わらせる。また、「4-6.プラグマティックな言語論」に投稿する予定。
以上

posted by トモ兄 at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は久しぶりを2本

富士山.jpg


 久しぶりにマウンド舎人へ散歩した。しかも今日は、富士山が見えた。勝手に富士講を呼んでいるが、ここはある種の修業の場で足腰が鍛えられる。隣の公園には花畑があり、寄ってみると見事なススキも見られた。


ススキ.JPG


 長崎から戻ると2週間後に秋季団体戦がある。ところが、肩がいたいので、ヘボコーチはできても練習ができない。なので足腰を鍛えるしかない。長崎へ帰ると「歩いてさるく」ので、マウンド舎人の散歩は、丁度いい予行練習になる。


制作物集.jpg


 また、これまた久しぶりに1枚のペーパーに制作物をまとめてみた。これまで何回も書いているが、仕事ゼロの頃からこのブログを始めた。当時の仕事といえば、営業活動と資金繰りとブログを書くこと。もう一つ重要なことは、営業活動に何もないと話にならないので、制作物集を何度も作り直した。なので今も様々なサイズや頁数の違ったものが残っている。最近は新規の顧客獲得をするための営業活動はなくなり、如何にして、タイトなスケジュールに対応するかが課題で、制作物集をつくる必要がなくなった。なので、45年ぶりに再会する同級生に対して、制作物集は自己紹介のようなもので、これが「僕の仕事(これまでの軌道というか断層というか)」です。こんな感じだろうか。きっと話のきっかけになると思う。

 これから、LIFE SHIFT(100年時代の人生戦略)の話に続けようと思った。実はもう一踏ん張り。

 あぁ 眠い(-_-)zzZ またの機会に。

posted by トモ兄 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする