2019年10月16日

ちょっと脳天気な話 帰崎顛末記_4(唐人屋敷)

 帰崎の目的は兄のお見舞い。しかし、台風を避けるために1日早めに出発し、当初の2泊3日が3泊4日になった。なので、こんな時間はなかなか取れないので、これまで行ったことがない所を選び、2日間で徒歩は約5万歩。しかも平坦な道ではなく、急勾配な坂や階段を上り下りした。

 ホテルのロビーに、折りたたみ式のリーフレットで、唐人屋敷跡探訪マップと長崎丸山はなまちマップがあり、その2箇所の入り口は分かるが、その先は未知の世界。天気もいいし時間もあるし。折角なので、その先を探訪することにした。

 まずは肥前長崎地図(長崎歴史文化博物館所蔵)を見ながら位置関係を知る。

肥前長崎地図.jpg


 最初は唐人屋敷から歩き始める。

 唐人(中国人)屋敷とは、江戸時代に入るとポルトガル貿易とともに中国貿易が盛んになってきて、寛永11年(1635年)には、唐船の入港が長崎に限定された。貿易で長崎に来航した中国人たちは、最初は長崎市中の馴染みの家に泊まっていたが、唐船来航の急増に対応し、中国貿易を管理するため、元禄2年(1689年)に中国人たちが滞在できる唐人屋敷を現在の館内に完成させた。また、元禄15年(1702年)に土蔵所有の町人39人によって海を埋め立てて「新地蔵」(現在の新地中華街)が造られ、唐船の荷物を収納するようになった。ここから、荷物が運び込まれ、積み出された。
 それによって、中国より来航した荷物は新地蔵へ、商人や船員は唐人屋敷へというスタイルができたようだ。

 また、唐人屋敷の広さは、約9,4000坪で、周囲は練壁で囲み、その外側に水堀あるいは空堀を、さらに外周には一定の空地も確保し、竹垣で囲った。

空堀_1.jpg 空堀_2.jpg

空堀_3.jpg


 唐人屋敷の入り口は門が2つあり、大門と二ノ門。二ノ門の内部には役人であってもむやみに入ることは許されなかった。また唐人屋敷への日本人の出入りは厳重に監視されていたが、日本人であっても、遊女は許されていたようだ。遊女の三味線と唐人の胡弓の合奏も見られた。内部には2階建ての長屋が約20棟建地並び、一度に2,000人前後の滞在ができた。2階には船主や会計などの身分の高い人が住み、1階は大部屋で船員が滞在した。

 唐人屋敷は、天明4年(1784年)の大火災により、中国人が自分たちで建築することを許され、中国街のような独特の景観に変わり、安政6年(1859年)開国後は、だんだん唐人屋敷は廃屋化し、多くの中国人は新地や大浦の外国人居留地に住むようになった。明治3年(1871年)に再び大火災があり、建物等の大半は消失。現在の唐人屋敷に残るお堂は、その後改修や復元されたものだ。

 まずは、唐人屋敷象徴門(大門)から。緩やかな坂道になっていて、ここから未知の世界へ。唐人屋敷地跡探訪マップに従ってお堂を目指す。

大門.jpg


 大門の先の道を左へ上り、ぐるっと時計回りで右の道へ戻ってくる。その道なりで、1、福建会館 2.観音堂 3.天后堂 4.土神堂がある。

続きを読む
ラベル:唐人屋敷
posted by トモ兄 at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと脳天気な話 帰崎顛末記_3

 孔子廟から5分も歩けば中華料理 四海樓(しかいろう)に着く。ここで「ちゃんぽん」を食べようと思った。「ちゃんぽん」とは、もともと中華料理店『四海樓』の創業者がお腹をすかせた中国人留学生のために作っていたのが、あまりのおいしさで評判を呼び、たちまち長崎を代表する麺料理になったという味な歴史をもつ。ところが、丁度休憩時間で17:00から営業を始める。

 それまで待てないので、大浦天主堂に行くことにした。四海樓(しかいろう)から5分も歩けば着く。何回も見ているので、大浦天主堂の左側の道を初めて歩くことにした。1分もしないうちにこんな案合板があった。これまた和華蘭のゾーンとなる。こんな場所が、長崎には至る所にあるのではないだろうか。前回は和華蘭を言葉の意味で捉えたが、和華蘭はもっと広い意味で長崎独特の文化とも捉えられている。

 まずは案内板の写真を

祈りの三角ゾーン看板.jpg


 ここを地元では「祈りの三角ゾーン」とも呼ばれている。ほんとに?実は僕は大浦生まれで地元なのだ。この「祈りの三角ゾーン」を初めて知り、ビックリ。ほんとに長崎出身者の長崎観光になった。振り返ると確かに。


祈りの三角ゾーン.jpg


 左に大浦諏訪神社(神様)、真ん中に大浦天主堂(イエス様)、右に妙行寺(仏様)。全国的にも珍しい長崎ならではの不思議な空間だそうだ。

 それから、手前への方へ歩き始め、左に坂道があり降りると、帰崎顛末記_2の親戚の子の話のスタート地点の、川(のよう入り江)を挟んだ向かい側の場所にいた。まさか、こんな所に大浦天主堂へ行く裏道があるとは初めて知った。やはり初めての道、小さな路地、裏道を歩いたりすると、意外な発見があったりする。
 昔旅行のキャンペーンで「Discover Japan=日本の再発見)があった。ネガティブには自分自身を非日常の空間に置きながら、実は自分の再発見でもあったりする旅行のキャンペーン。
 正にそんなことを、長崎出身者でありながら知らない道を歩くとことで実感した。


 この日は長崎最終日で、9時にホテルをチェックアウト。
 まず、出島を見学。橋を渡ると鎖国時代へタイムトリップ。

出島_1.jpg 出島_2.jpg

出島_4.jpg 出島_3.jpg


 それから、稲佐山に向かいロープーウェイで山頂に登った。ここからの風景は360°の大パノラマ。素晴らしいの一言。ちなみに稲佐山は標高333m。東京タワーと同じ高さだ。

稲佐山_2.jpg 稲佐山_1.jpg

稲佐山_3.jpg 稲佐山_4.jpg

稲佐山_5.jpg 稲佐山_6.jpg



 長崎駅で姉と落ち合い、墓参り。何十年ぶりだろうか、それすら思い出せない。姉と昔話をして長崎駅で別れた。帰りは遅い航空チケットを取っていたので、最初の話に戻るが、親戚のこの家を訪ねた。ループのような散歩を何度か繰り返した。

 ちょっと脳天気な話とタイトルを付けたのは、12日出発だと飛行機も新幹線も運休。なので早割の切符をキャンセル。当日の新幹線自由席で11日出発することにした。ギリギリで新幹線に乗車できた。長崎到着時間は10分遅れで、深夜0時を回っていた。1日目は前日ネットで予約したカプセルホテル泊。
 長崎に到着してもテレビで、台風の被害状況やラグビーは見ていた。またかみさんにも連絡を取っていた。もうたびたびは帰れないと分かっている。長崎は天気がよかったのでほんとよく歩いた。卓球部の同窓生とも飲みニケーション。食事も中華料理とトルコライスも堪能した。またブランド化を計画しているようだった長崎ミルクセーキも味わった。

 本州では最悪の大型台風で、とんでもないことになっていることは把握していたが、ちょっと脳天気だと思いながら、このブログを書いている。

 東京羽田は雨が降っていた。自宅に到着したのは深夜の0時。3泊4日の旅は無事終了した。

posted by トモ兄 at 11:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする