2019年11月16日

歯医者から帰ってみると、アクセス数1,540に

 10:50現在、アクセス数1,540。どうしたのだろう?

 最近のブログのテーマは、
 10日(日)は、卓球ワールドカップ団体戦。
 12日(火)は、富士山日より。
 15日(火)は、早起きは三文の徳。
 特に面白いテーマでもない。
 ただし、このテーマは継続・思案中なのだ。

 年に何回か、1,000を超すアクセス数がある。
 今日はおそらく2,500アクセスぐらいだろうか。
 しかし、なぜこういうことが起こるのか分からない。

 例えば、10日(日)のテーマ(卓球)については、なぜ伊藤美誠は孫穎莎に勝ちきれなかったのかと考えている。データを取っていないので直感になるが、あの伊藤美誠の巻き込みサーブの弱点を孫穎莎に、最後の最後で見事につかれた。

 伊藤美誠のファア側からの巻き込みサーブは、サーブのコースが限定的になる。例えば、ほとんどがフォワクロスの長短で、ストレートには出しづらい。つまり、ゲームを重ねるごとに回転数も含め馴れられる。だから、フルゲームの伊藤美誠10-9孫穎莎の場面で、孫穎莎に完全にサーブを読まれ、チキータでストレートに攻撃されノータッチで抜けた。伊藤美誠が勝ちきれなかった原因は、ファア側からフォワクロスへの巻き込みサーブにあったと思っている。また、孫穎莎のレシーブは強引で強気なプレーで、ハイリスクなプレーは、試合の流れを変えてしまうほどのリターンを得ることができた。と考えている。

 伊藤美誠と孫穎莎は同年でライバル関係。東京オリンピック団体戦でまた戦うことになる。孫穎莎のサーブを見ると伊藤美誠は研究されていた。孫穎莎にも必ず弱点はあるはずだ。今度は逆の立場になる。僕なりに面白がって探すことに。

 昼食...

 例えば、12日(火)のテーマ(富士山日より)については、富士講と勝手に読んでいる。つまりここ(マウンド舎人)は、僕にとって修業の場なのだ。舎人公園の周回コースを散歩(最近、1周を休めず走れなくなった)することによって、足腰が鍛えられる。その先には、卓球仲間から誘われている、中国人コーチの所で教わりたいと思っている。以前に別の所へいき、いきなり練習し肩や身体が壊れてしまった。このことについては僕の完全な不注意だった。なので、事前に緩いが鍛えている。ふ
 
 例えば、15日(火)のテーマ(早起きは三文の徳)については、ハッキリしている。つまり生活スタイルを朝方に変えようとしている。今日のスケジュール表も改善する。

 当然本題は、ブログを書き始めた頃の継続的なテーマで、「サバイバルすべし、収入の多角化」。しかし、今は「自己投資することによって、収入の多角化を図る」。ライフシフトを読みながら思うことは、100年時代の人生戦略で、実際に僕の生活の中でも変化が起き始めている。だから、その対応のために、事前の自己投資ということになる。

 計画倒れにならないように。
 いい習慣を。その手始めが、早起きが健康に良いし、 
 時間を有効に活用できる。
 
 タイトルとは全く関係ない話になったが、
 13:40現在、アクセス数1,950後に、
 まずは、できることを行う。

 そして最後に、ファイト!

posted by トモ兄 at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする