2020年03月21日

やっと、もがき抜いた1週間が終わった

 この1週間、睡眠時間は約3〜4時間でぶっ飛ばした。課題のレポートは仕事の合間合間で、とにかくなんとか書きあげ一昨日に提出。連休にかかる週は忙しくなるのが常で、加えて、また別件のブートキャンプにも参加し宿題も行っている。なので今週は混乱と体力の消費が激しく、昨日は20時ぐらいから記憶がなくなった。目が覚めたのは3:30で、それから途中だった仕事のラフを仕上げ、クライアントはお休みだと思うが早朝にメールした。あとは日曜日までのんびり過ごす。

 レポートを提出すると、他の受講者のレポート5名分を採点し、自己採点も行う。私のレポートは3名による採点結果と総評が表示される。今日はその採点結果を確認し、総評を読みなるほどと思った。そこで、この講座でテイク2はないが、レポートに加筆して再度まとめた。これですべて講座は修了した。

 講義は4週間。各週に6講義があり、それぞれの講義に確認テストが5問ある。
 week1 プラグマティズム:「まずやってみる」時代へは、
6講義あり、それぞれの講義に確認テストがありweek1を合計すると30問。
 そのスケジュールで、week1、2、3、4と続き、最終課題がレポートの提出となる。修了条件は得点率70%以上で、修了証が発行される。私の結果はなんとか修了条件を満たした。

 この最終課題であるレポートの感想を一言でいうと、答えのない問いへの挑戦。だから悩みに悩んだ。課題は、メタ物語としての「ライフロング・プロジェクト」を立ち上げ、インパクトのあるイノベーションを起こす。まず問題点を発見することから始まり、解決方法は、その都度コツコツと改善を重ねた結果の先にある目標達成ではなく、方法論はバックキャスティングで、まず目指すゴールを設定し、プラグマティズムの精神(哲学)で、そのゴールを達成するために、今何ができるかを考える。しかも、その問題は他人事でなく自分事とし、プロジェクトは時限的ではなく、「ライフロング・プロジェクト」とする。ここから大袈裟になってくるが、人生という自分の持ち時間を掛けてもいいぐらいの、私のメタ(最上の)物語をつくる。
 またこのマイプロジェクトの意味や意義は、人間と地球をより密接に結び付け、誰も置き去りにしないことを全般的な趣旨とする「持続可能な開発目標(SDGs)」の17のゴールと関連づけること。そしてレポートの最後に、楽しむことと記した。 以上             

 このブログを書くだけで疲れてしまった。

続きを読む
posted by トモ兄 at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする