2020年08月13日

今年は、いろんなことが起こる

 卓球は中学生から始めた。その頃の懐かしい友人Y君から突然の電話があった。調べてみると、2008年に連絡があり、次ぎの連絡が今日ということになる。Y君の声を聞いたのは、12年ぶりで驚いてしまって、何から話していいのか戸惑っが、声の印象が思ったよりも若く聞こえた。

 中学校は違っていたが、Y君とT君と僕とで、日曜日に卓球をして遊んだり、お互いの家に泊まったこともあった。同じ高校へ行き卓球をやろうと話していたが、3人とも違う高校になった。残念だったが、Y君も僕も卓球が好きで継続した。

 2008年に、Y君から電話があったのは、長崎桜祭り大会という卓球のオープン戦があり、都合がつけば一緒に参加しようと話し合っていた。ところが、Y君は地元の試合に出場するため、今回の桜祭り大会に参加できなくなった。僕が参加すると思ったらしく心配し連絡をくれた。僕も都合が合わなく参加できないことを伝えた。

 Y君は佐賀大学でメキメキ腕を上げ佐賀県で優勝し、全日本選手権のシングルスにも出場した。また、全九州卓球大会の50歳クラスに参加しとき、シングルスで3位になったそうだ。

 その後、Y君は高校の先生になり、当然卓球部の顧問に。これまた驚いたが、現在は、卓球場をつくりプロコーチとして多くの生徒を指導している。卓球好きの人にとっては理想的な生き方のように思える。学校を退職し、プロコーチとして5年目の夏を迎えるようだ。
 
 つい最近、ある病院の院長に就任した友人がいた。
 Y君もまた、素晴らしいと思った。

 今度はいつになるか分からないが、帰崎するときは、必ず連絡をとり彼と会って話をしたい。他にも酒を酌み交わしたい友人もいる。

 実はY君から電話がある前、今年の夏休みはどこにも行けないし孫もこれない。もう最悪!と思いながら、さて3連休はどうしたものか。おそらく読書と、久しぶりの仕事マッチングサイトのコンペに応募しようか。

 Y君から電話があって楽しみが増え、急に心が晴れた。話ができすぎだが、雨が止んだ空を見ると虹が架かっていた。

posted by トモ兄 at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする