2020年10月11日

箱根極楽温泉ツアー_プランをつくる

 細かい当日のスケジュール表で、土曜日・日曜日を全く書かなくなった。だからといって時間の流れは何も変わらないが、ウイークエンドの過ごし方がづいぶん変わり始めた。

 たとえば、昨日はgaccoで「社会人のためのデータサイエンス演習」を行った。この講座で、1-5.PPDACサイクルに沿った問題解決の進め方〜2-1.Analysis(分析)とはで、悩んでいた問題が解けそうなきっかけをつかんだ。

 以前、「SDGs 表現論ープロジェクト・プラグマティズム・ジブンゴトー」という講座を受講し、(ジブンゴト...自分ごと)で、人生のメタ物語として最も興味ある「ライフロング・プロジェクト」を立ち上げたが、そのためには前述した問題を超えられなかった。そこで立ち止まっていたが「社会人のためのデータサイエンス演習」でいいきっかけをつかんだ。ただし、ここからがまた時間が掛かる。問題解決のヒントに気付いたことは運が付いていると思った。

 このプロジェクトは仕事でないので、誰にも急かされることはないので、ゆっくり焦らないで継続しようと思っている。

 今日は、「社会人のためのデータサイエンス演習」の、1-6. 分析の設計手法で、ロジックツリーの説明があった。ロジックツリーとは、物事を論理的に分析し検討する際に、その論理展開を樹形図に表現して考えていく思考技法だ。面白がって「自宅〜旅館、旅館〜自宅」の移動手段をロジックツリーで分析し、箱根極楽温泉ツアーのタイムスケジュールもつくった。あまり具体的なことは書かないが、特にタイムスケジュールはシンプルに視覚化でき分かりやすい。

移動手段ロジッ1.jpg


 この旅行の目的は、「見る」「食べる」「温泉」だけでなく、加えて「非日常的な体験」を求めている。しかも、
Go To Travelキャンペーンを活用し、地域クーポン券も受け取ることができ、宿泊費が通常よりも約60%の価格になる。
 こんなに楽しく充実した旅行はなかなかできない。
 だから、そういった意味で『極楽温泉ツアー』と名付けた。

 移動手段のロジックツリーを基に、箱根極楽温泉ツアーのシンプルなタイムスケジュールをつくった。
 1泊2日の旅行だが、しっかり「非日常的な体験」を楽しむ時間を取っている。この旅行の最大の目的は、美術館・体験工房で、ここから時間を逆算しながら旅行プランをつくった。旅行はプランを考えている時も楽しいものだ。

 しかし

 お楽しみは これからだ

posted by トモ兄 at 17:52| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする