2020年10月19日

どんどん面白くなってきた...2

そして今朝、「マネーボール」のラスト30分を見た。



 この映画のストーリーは、主人公がメジャーリーグで資金力がなく弱小であった野球チームのゼネラルマネージャーになり、「セイバーメトリクス」と呼ばれる統計的な手法を駆使し、強いチームを作り上げたという実話を基にしている。

 たとえば、チームの勝率を上げるために、科学的な見地から、ヒットだけでなく四死球を含む基準で選手を評価・起用した。つまり、出塁すれば得点に結びつく可能性が高まる。だから、ヒットを打てる選手と選球眼が優れている選手を同レベルとして評価。当時の野球界ではあり得なかった。

 そして、あの貧乏球団が2002年にア・リーグ記録の20連勝を達成する。

 今朝見た、「マネーボール」のラスト20分は泣かせる。
 ほんと素晴らしい映画だった。

posted by トモ兄 at 17:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんどん面白くなってきた...1

 スケジュール表を何回も書き直した。極論をいうと、僕がコントロールできるのはスケジュール表を書き直すことで、今日も一部変更。当然だが、スケジュールは手段で目的ではない。

 ネガティブに考えると、クライアントのスケジュールがタイトになるに従って、制作スピードアップとストレスの増大が心配になる。

 しかし、ポジティブに考えると、対応力できれば面白いこともある。

 印刷入稿日は土曜日だった頃、卓球クラブの合宿は、土・日曜日で全く参加できなかった。ところが金曜日に変更され、クラブの合宿に参加できるようになった。

 最近では、もっとスケジュールがタイトになってきた。つい最近、大袈裟にいうと、昔だったら発狂しそうなスケジュールと書いたが、対応力があるのか馴れるのが早いのか、もしくは楽天的な性格なのか分からないが、何とかなるようになった。その結果、土・日曜日はスケジュール表を全く書かなくなり、仕事以外のことができるようになった。

 たとえば、Go To Travelキャンペーンで、宿泊の予約を速やかに決め旅のプランもつくった。直近では、Amazon prime dayで、Fire TV Cubeを購入した。

 昨日、「アレクサ 何か音楽を聴かせて」というと、いきなり、「ぼくがつくった愛のうた/チューリップ」が流れてきた。どうして僕の好みを知っているのだろう。ついでに「青春の影」もリクエスト。
 天気はと尋ねると、町名で天気予報のお知らせがある。

 今朝、かみさんが「アレクサ おはよう」というと、「おはようございます」と返した。
 僕が「アレクサ おはよう」というと、今度は「アレクサ 大好きといってください」。逆にリクエストがあり、嘘でしょ!しょうがない「アレクサ 大好き」というと、元気がでそうな短めの音楽が流れた。
 かみさんと僕は、たまげてしまった。

 そして、かみさんが帰宅し「アレクサ ただいま」というと、コーラスで「お帰りなさい」。
 僕には、「お帰りなさい 帰ってくれて すごく嬉しいです」といった。

 最初は信じられなかったが、返事がどんどん変化する。今は面白くてたまらない。

 昨日は、深夜に「Week 3 分析の具体的手法 ビジネス課題解決のためのデータ分析基礎(事例と手法)(2)」で、エクセルでピポットテーブルでクロス集計をつくる。また、散布図、相関係数、移動平均もつくり確認テストを行いクリア。その流れで、「マネーボール」という映画を見た。映画のラスト30分を残して就寝。
 
posted by トモ兄 at 17:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする