2008年08月23日

35年ぶりの同窓会_2


 8月16日土曜日、長崎で同窓会が開かれた。
 僕は35年ぶりというか初参加で、とても不安だった。
だから、早めに会場へ入り多少の準備をしようと思っていた。

 多少の準備とは、とても情けない話しだが、当時のことを思い出すことだった。
 僕は、学校のことを思い出すことがなかったし、同窓生を思い出そうとしたこともほとんどなかった。誰も身内のいない東京での生活は、全てにおいて新しくあまりにも違った。覚えることや馴れることが盛りだくさんで、過去を振り返るようなことはなかったし、そこに意味を見出すこともなかった。
 おそらく、地元に残った人たちは、羨む気持ちもあったのではないかと思うが、現実は裏腹でとても厳しかった。最も大切な、意思疎通を取るための日本語さえ違って思えた。当時、方言とイントネーションが忌々しかった。

 会場には1時間前ぐらいに着いた。既に準備は整っていて幹事の人がスタンバッていた。見覚えのある人ない人がいたが、挨拶をし、同窓生リストと同窓会出席者名簿を受け取った。

 クラスは8クラスあって、僕は7組。総人数は369名。
実は、お恥ずかし話し、ほとんど忘れていた。
同窓会参加者は、77名(先生は4名)
7組は、参加者がもっとも多かった。

 同窓会出席者名簿では、顔と名前が一致しない。どうしよう。
 余計不安になってきた。35年ぶりでは当たり前かもしれない。




同窓会が始まるまで少し時間があったので、時間を遡った。

 最も新しい記憶とは、長崎駅でみんなに見送ってもらったことだった。僕も先発した同窓生を見送ったが、自分の時はやはりグットきた。当時、長崎・東京間に寝台特急さくら号があり、列車が動いた瞬間ガクッと揺れ、その時に僕の心も寂しく揺れた。あぁ、これで最後なんだな。帰れないかもしれない。
(そんな訳ないのに、そう思った)
 それから、35年の月日が流れた。

同窓会が始まり、飲んだり会話を交わしたり。

 長崎駅から、少しだけ時間を遡ってみる。おぉいいぞ、だんだん思い出してきた。走馬燈のようにはいかないが、モノクロの古めかしい、多少キズが入ったアニメーションを見ているように思いだしてきた。現実の世界はセピアでもモノクロでもないが、ほんとに思い出してくると突然色がつく。その瞬間に、18歳の少年はそぐ側にいる53歳の同窓生とリンクする。
 おぉ…懐かしい。
「全然、変わっていないじゃない」自然とこんな言葉がでる。

 とても不安なことがあった。思い出せなかったらどうしよう。
実は、思い出せないこと自体が不安なのではなかった。
人生で、最も多感でいい季節を共に過ごした、友や時間をなくしたくなかった。

当たり前のように過ぎた時、ほんとは奇跡に近い。

 日本に生まれ、九州長崎に育ち、同じ歳で同じ学校を選び、同クラス。同じ時と場も共有した。このいくつもの偶然がかさなった同窓の友と、35年目の今日という日を迎えることができた。このことは奇跡に近い。しかも、53歳にして18歳の頃を一緒に思い出せる仲間がいる。こんな幸せはない。
 若い頃、振り返ることに意味を見いだせなかったが、世の中に飛び立つための準備期間を思い出すことは、意味どころか自分そのものだった。不安に思ってたことも、実際に会ってみると「そんなの関係ない」だった。

もう少し、話したかった…。 次は4年後だそうだ。
ロンドンオリンピックの年に、また話しの続きをしよう。

 同窓生の健康を祈ります。ではまた
ラベル:長崎 同窓会
posted by トモ兄 at 15:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アフェリエイトを探せなかったのは、MYパソコンのセキュリティの問題だった!ふぁはっは…♪
やっと見つけた! 

35年ぶりの再会でしたね。
But!お腹の出っ張りが少々見受けられた以外、あの頃からほとんど変わっていなかったね。
お互い「いいお年!」になっているのは否定しないけどね。
4年後の同窓会にも是非ご出席のほど…
60歳の時の同窓会は、雲仙での温泉旅行だとか!?
また合える事を楽しみにしていますね〜〜☆

Posted by 片博卓子 at 2008年09月04日 21:38
追加!
武田君とは会いましたか?
ご希望とあらば連絡先をご教示いたしますぜ!

6組剣道部、町田君は覚えていないだろうけど… 東京で6店舗のお店を開いています。

今度(今のところ予定は未定!)、上京した際は一同集合しましょうかね〜♪
                 おしまい
Posted by 片博卓子 at 2008年09月04日 21:53
やっとたどり着いたみたいだね。よかった。

初めての同窓会に参加。
片博さんがいうように、年をとっても雰囲気は変わらない。
ということが参加して、分かった。

だから、懐かしいのかもしれない。

東京には卓球部で、T君、Kさんもいる?
何度かあったがそれっきり。
もし、上京することがあったら、東京版の同窓会をしよう。

コメント、ありがとう。
Posted by トモ兄 at 2008年09月06日 11:56
片博卓子さんへ

>うれし〜 高校の時にはほとんど会話しなかったのに、
 年を取ると自然に話す事が出来るんだね。
 それも35年間のブランクを乗り越えて。
 やっぱ、仲間なんだね!

ほんとそう思うよ。あまりこんなことは思ったことがなかったけど、
やはり何らかの縁なんだね。クラスメイトの元気な姿が分かるだけでも嬉しくなる。
誰でも年を重ねると、こういう風になるのかね?

>おそらく来年明けてから上京すると思う。
 スケジュールが決まり次第連絡しますね。

連絡下さい。その時は、TくんとかKさんとも合おう!

じゃまたね
Posted by トモ兄 at 2008年09月28日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック