2009年06月26日

マイケルジャクソンさん死去

 たぶん1987か88年。たまたまなのですが、青山学院大学のすぐ近くにあった某有名洋書店に立ち寄った、マイケル・ジャクソンをすぐ近くで一瞬ですが見たことがあります。

 このことはたぶんでなく、初めてスーパースターといわれている人を目撃した体験です。当時、デザインプロダクションに勤めていて、某有名洋書店は、その建物の窓から見える単なる眺めの一部でした。

 ふと気づくと、大きな黒塗りの車に人が吸いよせられるように集まりはじめていました。まるで、アリが美味しい物を発見したかのようでした。誰かが冗談半分で、あれはきっとマイケル・ジャクソンだねと。ところが本当だったのです。

 あまりに突然で、しかも一瞬の出来事。なぜか僕もその黒山の人だかりのなかにいました。ここからは記憶が定かでないのですが、車のサンルーフが開き、マイケル・ジャクソンが顔をだし手を振ったような。

 僕の記憶の中の片隅の、底の底にある一瞬の出来事を思い出しました。
大ファンではなかったのですが、彼は世界的なスパースターでした。多くのファンを楽しませました。

 ご冥福をお祈りします。













posted by トモ兄 at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック