2009年08月26日

とりとめもない話し_2


 今日もセカンドジョブはお休みで、朝はゆっくりしている。
テレビを見ていたら、カシアス内藤の話しがあった。
 また思い出してしまった。やだな、過去のことばっかり思い出す。どうして未来のことは思い出せないのか。えぇ!

 僕はカシアス内藤を、『一瞬の夏』ではなくて『敗れざる者たち』で知った。で、8月23日の日記に書いた、天上の人から地上に軟着陸することを書いてあるルポルタージュは、『王の闇』という本で、この3冊の本の著者は沢木 耕太郎氏です。一時期この人の本ばっかり読んでいたことがあった。

 また、重力が思考にも重大な影響を及ぼすことを書いてあるルポルタージュ(宇宙飛行士のインタビュー集)は、『宇宙からの帰還』という本で、著者は立花 隆氏です。

 「重力離脱」スイッチ とりとめもない話し。の
http://50blog.seesaa.net/article/126310027.html
いい加減(勝手な解釈)なことを書いてしまったので、ルポルタージュを紹介しないほうがよいと思った。しかしよくよく考えると、僕の個人的ないい加減さはしょうがないとして、このルポルタージュは素晴らしいのでご紹介します。そんなの知ってるよという人が多いと思うのですが。僕は単行本で読んだと思いますが、文庫本の紹介です。

 そんな人はいないと思うのですが、「重力離脱」スイッチを探そうとしないでください。 僕の勝手な解釈なのでm(__)m

  


posted by トモ兄 at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート(トランプ)アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック