2009年09月17日

夢の通り道


 小石サダヲ展を見てきました。
私の稚拙なつくり話し、感想を。

夢の通り道.jpg


 彼のメモに
私が考えているのではなく、
「だれかが私を考えている」(アルチュール・ランボー)
があった。
 そうか小石サダヲは、私に私の未来を予見させたのだ。
posted by トモ兄 at 09:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ フレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック