2009年10月12日

オリンピックとお「くんち」


長崎出身者として、二題
21世紀の夢と個人的な夢です。

 オリンピックの共同開催案にはビックリしました。
 広島市と長崎市は、2020年夏季五輪の共同開催誘致の検討することを正式に発表。その背景には、被爆した広島・長崎市が主導する国際NGO「平和市長会議」が2020年までの核兵器廃絶を目指していて、オリンピックの共同開催は「核なき世界」を達成した、お祝いとして位置づけている。つまり、平和の祭典なのだ。

 最初は驚いたが、核のボタンをそばに置きながら、「核なき世界」を訴えるオバマ米大統領と、被爆地である広島市と長崎市が願う「平和」アピール度は自ずから違う。
 また、「核なき世界」物語の、両市による五輪共同開催誘致の発表はプロローグとなり、五輪共同開催がエピローグとなる。この構想は素晴らしと思います。21世紀(最大?)の夢ですね。

 もう一つは、お「くんち」の話題

長崎最大のイベントで、長崎「くんち」は毎年10月7〜9日開催されます。自分自身もお「くんち」の時期に帰省していません。

長崎ガイド
http://www.nagasaki.web-saito.net/index.html

 関東出身のカミさんと娘に、お「くんち」を見せたいと思います。特に「コッコデショ」がある時に。個人的な夢ですね。

 長崎くんち 樺島町 太鼓山(コッコデショ)
http://www.youtube.com/watch?v=1wLTAlgUbeA

posted by トモ兄 at 03:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック