2009年12月04日

気分は晴れのち曇り、ときどき…


 12月は早々に、○○のアイディアを提出。なんとかなるかも。ところがある仕事で誤植が発見され、いきなり憂鬱になってしまった。途中で誰も気付かなかった。それでも発見されたことは不幸中の幸いだったが、このことについては、二度あることは三度あるという認識で注意しよう。
 ギリギリでやっていると、そういう可能性といつも隣り合わせにいる。考えることで制限時間いっぱいとなり、校正がおろそかになってしまう。久々に飲むお約束をしていたが、そんな気分になれなかった。

 卓球を再開しもっとも驚いたことは、実は自分自身のことではなく、同年の仲間が見事に身体の調子を崩していたことだった。50歳というお年頃は、健康の曲がり角なのだろうか?人ごとではない。僕がミスをしてしまったことは前述したが、身体の調子はギリギリで保っている。ところが、同年の仲間は、曲がり角でつまずいてしまった。具体的に書くとまずいのでこの辺で。卓球の話しだったが、結びはお大事にということになる。

 昨日は、お客さんを紹介された。制作物集で自己紹介をした。しかし、いきなりイラストは描けますか?何も聞いていなかった。そして、タイトな時間とかなり厳しい単価。最初から分かっていても、複雑な心境になってしまった。仕事はいくらでもあるそうだ。ところが、このいくら?(あなたは単価はいくら?)が問題なのだ。

 また、別のクライアントにも寄った。見本紙をいただきこれからの予定を聞いた。ところがそんなことよりも、印刷と制作のほとんどを請け負っていた印刷会社が、連鎖倒産したらしい?原因は親会社にあるそうだ。僕らはクライアントに直接なので全く関係ないが、大きな動きがあるかもしれない。友人は突然の出来事を、棚から何とやらと思っているようだ。クライアントは新年号を控えている。近々相談があるようだ。

 兎に角、目まぐるしく変わる。昨日は、「人も犬も歩けば何かにあたる」を投稿したが、いろんなことがありすぎる。加えて師走はお坊さんが走りだすように忙しい。そんな時期に、過剰反応は余計な考えと仕事を増やしてしまい、結果的にミスの原因を自分でつくってしまう。だから、こんな時こそ「ゆるい自己評価」をつかい、今月も何に集中し、その分何かでバランスを整えないとね。あぁ理想的!---そんな上手く訳ないでしょ(^-^)/

 今日は、結婚式の招待状の宛名をプリントし、ウエルカムボードのアイディアを考えた。材料はyuzawayaで購入し、準備も着々と進んでいる。
 今日のこれからの予定は、いつもの新聞原稿制作。間違いなく徹夜になる。ガンバンベ。
 現在23:30、原稿は未だ届いていない。
 
posted by トモ兄 at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック