2010年01月05日

増幅する時間


 社員時代には全く感じなかったことで、フリーランスになってから少しずつ感じ始めたことがあります。
 それは、収益をあげるためのビジネスモデル(システム)です。個人になると、シンプルなモデルは簡単につくれるのですが、収益を上げるためのモデルづくりは、そう簡単なことではありません。いまだに安定したモデルができないのです。何かコツがあるのでしょうか。「Model Change」とはそういう意味も含んでいます。
 これから、何をChangeし、新たなモデルを構築するのか、
1年間は悩み続けると思います。

 そこで、正月は始まりであり新たな時間がスタートするので、まず時間から考えてみました。
 たとえばプロジェクトは、時間と目的と予算を組み合わせた活動です。目的と予算はプロジェクトで内容がかわりますが、時間は一定の流れであり、制限された時間の長短があるだけだと考えてきました。しかし、相対的に時間は増幅するのだと思います。経験的に、集中した時間があるほど生産性が高まるし品質にもクリエイティブにも大きな影響を及ぼします。また、同時に時間の長短だけでなく密度や濃度を感じたことがあると思います。特に時間の密度や濃度は、時計でも可視化できません。唯一、思った以上のことができた場合、結果的にそういう時間を持てたのだと感じたり、その成果物にも含まれていると感じることができるのです。

 つまり、時間の増幅ができればメリットがあるということです。「Model Change」の目的は、収益を上げるためのモデルづくりですから、時間の増幅は役立つはずです。おそらくそれだけでなく、時間の変化の周辺で何かが起こります。

 大切なものは目に見えないといいますが、結果的に分かるというよりも、積極的に、増幅する時間をつくれればいいのですが (^_^)


posted by トモ兄 at 03:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック