2010年01月10日

久しぶりに友人と


 今年になって久しぶりに、長崎と東京の友人から便りがあった。ひとりは長崎の友人で、年賀状が届いた。もうひとりはメールが届いた。
 知り合いに、友人の多さを自慢するひとがいる。私は全く逆なのに、まめでないのでどうしてもご無沙汰してまう。また、パターン的に気が合わない人と友人関係に発展することが多く、そのためか注意しないと疎遠になる可能性があったりする。

 ふたりの友人に、「50歳のアフィリエイト」をいつものパターンで、YAHOO!やGoogleで、「50歳の」を検索するとトップヒットすることを伝えた。ところが、いまだになぜそうなったかということは説明つかない。

 私なりに調べてみた。
もっとも期待していた理由は、50歳代のブロガーやブログが少ないと思ったこと。(このデータは間違えて削除)
 なぜならば、私のブログは特に文章も上手くないし、さほど内容も優れていないからだ。
 だから、単純に50歳の記事やブロガー数を調べてみた。
「20歳の、30、40、50歳の」と「20歳のブログ、30、40、50歳のブログ」のキーワードで、5検索サイトで調べ比較検討してみた。意外だったが大きな違いはなく、きっと50歳のブログは少ないのだという、理由はあたらなかった。思ったよりも50歳代のブログは多かった。

結局、分からない。


 このままでは悔しいので、少し強引だと思うが、実際にあったことと組み合わせ考えてみた。

 「50歳だから」というブログも運営している。このブログで驚いたことがあった。当初は練習のつもりで、内容はダミーで立ち上げた。つまり内容は伴っていないのに、PVが突然200〜300になった。これは内容がないのだから、ブログタイトルの「50歳だから」が、個性的や面白そうと思われたに違いない。中にはアクティブシニア予備軍について、興味ある人がいたかもしれない。

 「50歳のアフィリエイト」は文字通りのことを、そういうふになかなかできなかったのですが、誤解を招くタイトルだった。結果的に、「50歳だから」と同様にタイトルが興味を引いたのだと思います。もし、これからブログを始め、多くの人に読んでもらいたいのなら、ブログのタイトルはもっとも重要だと思います。また誤解を招きそうですが、伝えたい内容があって、意図的にタイトルはつけられる。ココがポイントです。
 但し、私の場合は間違いなくビギナーズラックです。
ですから、これから大変ですが、足もとにチャンスがあるよにも思います。


 だいぶ長くなりましたが、もう少し続けさせてください。
私の記事でもっとアクセスが多かったのは、

2008年03月28日
■「渾沌、七竅に死す」とキティちゃん
http://50blog.seesaa.net/article/91351889.html


『漢文力』で、思考力を鍛えよう!

  


です。これは日記でなくアフィリエイトのつもりで投稿しました。しかし、私のブログでは1冊のオーダーもありませんでした。正確に把握していませんが、およそ2年間で『■「渾沌、七竅に死す」とキティちゃん』に、2,000アクセスはあったと思います。オーダーゼロ。これが現実です。

 私は思ったのですが、ブログの説明文を変えました。
 「50歳の日記、たまにアフィリエイト」
 そしてその続きは見えてないのですが、
 …それでもブログを楽しんでいます。

 もし、友人に助言を求められたら、
 自分のことがよく分かります。
 誰かとつながったりします。だから、面白い。
 (^_^)
posted by トモ兄 at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ フレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック