2010年02月22日

面白い卓球ラケットを発見(^_^)/。


革新的なラケット
Brodmann Blades™(ブロッドマンブレイド)
Ping Pong Set


名付けて、平手打ちラケット?ってどうでしょう。



Brodmann Blades™(ブロッドマンブレイド)は、革新的なラケットです。2枚のラケットの中に手を入れるように装着。おそらく、もっとも手の感覚に近い新感覚の卓球ラケットではないかと思います。
また、オーストリアの国際卓球連盟にアプローチしたところ、「将来的には、国際的な大会に発展する可能性もある」と好意的な見解を得たようです。連盟によると19世紀に卓球が始まって以来、ここまで革新的なラケットは初めてだということです。
モノは試しです。もしかすると世界で主流になるかも?
まずは試してみよう(^_^)/。
平手うちラケット?の
打球感をレポートしたい人はお早めにどうぞ。

※Brodmann Blades™(ブロッドマンブレイド)
Ping Pong Setの日本での販売は、
Generateのみになります。


Brodmann Blades


posted by トモ兄 at 01:26| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハート(トランプ)アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても革新的なラケットですね。
球の回転量などが、手の平で実感できそう。一度試してみたいものです。
また、初心者の悩むラケットの扱い(握りとラケット面の角度の差)が少ないなど、初心者が取り組むのにもよいでしょうね。
試合には使えないでしょうが、今後ラケットとして公認されるのであれば、ペン以外のラケットとしてシェークを試すよりこのラケットを使ってみたいです。

Posted by トビ at 2010年02月25日 01:23
お久しぶりです。

このラケットは、革新的だと思います。実際に打つとどんな感じなのでしょうか。特にバックハンドを試してみたいですね。ラケットの角度が、自然にでそうです。

初めてこのラケットを見つけたとき、丸型のクリップに見えました。どうしてラバーが貼ってあるのだろう。それが、第一心象でした。

>ペン以外のラケットとしてシェークを試すよりこのラケットを使ってみたいです。

私もそう思います。

Posted by トモ兄 at 2010年03月05日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック