2010年07月03日

なんとかなる


 遅い昼食をとった時に朝刊を読んだ。アルコールの依存は、自殺するリスクを通常の60〜120倍高めるという研究があることを知った。
 また、アルコール依存とうつ病は密接に関係しているらしい。

 しかし、ギリギリで引き金になっても、本当の原因はその人の感じ方や考え方にあると思う。ただし、どうしても問題の回避不可能なことがある。たとえば、経済的な問題は典型的な例でもっとも分かりやすい。自分自身でタネを蒔き収穫時期に期待するほどの成果が上がらなかった。それどころがマイナスになってしまった。

 そんな時、時代のせいにしたり能力のなさを嘆き悲しむことは容易だが、個人的に時代をコントロールできないし個人的に落ち込むことではできても何の解決にもならない。
 ほとんどの問題は、余計な思い込みが重くのしかかっているのでは?

 問題の回避不可能なことは、余計な思い込みでなく問題を解決しなければならないということ。意味なく不可能を強調する意味でない。世の中には言葉の達人がほんといると思う。どん底に落ちると、人はやっと足が地に着くらしい。そうすると分かることがあるという。これをチャンスと捉えることができる人は、原状回復のための1歩を踏みだすことができる。

 当たり前だが、だからといってわざわざどん底に落ちる必要はない。現在落ちてしまった人は、足が地に着いたと思うべし。どうしても余計な思い込みをしたい人は回復したときに取っておこう。

 回避不可能な問題は、集中できれば解決可能だそうだ。回避不可能な問題が分かっただけでもチャンスがある。問題が明確に分かればなんとかなるような気分になり、明るく悩む。

 3年前から原状回復を目指している。現在、週4日間、朝5時半に起床しお昼まで勤務。午後からは本来の仕事に戻る。週末は楽しい徹夜の仕事が待っている。すぐにでもお昼までの勤務は辞めたいがそうもいかない。

 アルコールには依存していないが、飲みたくて飲みたくてたまらない。飲めないことが鬱になりそうだ。
 
 理想的には、卓球仲間と飲むのがいい。
 現実的には、原状回復にはまだ時間が必要だ。
 希望はあと1年で原状回復(^_^)/
 
posted by トモ兄 at 12:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック