2010年07月16日

第一回 臨時管理組合理事会


第一回 臨時管理組合理事会を開きました。会議の目的は二つあります。一つは、管理組合活動を運営コントロールするための理事長・副理事長・会計の選出。二つ目は、今期の活動方針の大枠を話し合うことです。

 一つ目は、私が理事長に就任し、副理事長も選出。理事長に銀行印や鍵など引き継ぎも完了しました。これから、理事会の調整やコントロール、管理会社とのパイプ役としてその任に当たります。また、具体的に管理組合としての組織が立ち上がりました。

 組織とはお互いに関係しあう部分の集合であると考えられています。重要な三つの要素があるそうです。その要素が効率的に機能するよう、理事長として努力してみようかなと考えています。

 その要素の一つは階層性です。今回は3役でなくて2役が選出されました。組織は小さな部分で成り立っていますが、それぞれが役目を果たすことで、マンションライフに寄与します。

 二つ目は、コミュニケーション&コントロール。それぞれの各部分はお互いにコミュニケーションをとり、コントロールされれば、節度のある積極的な活動を行えることになります。

 三つ目は最も重要な創発性です。1人では難しかった新しアイディアの生まれる可能性が大きくなります。多様な考え方の人が目標を一つにできた時、チャンスです。オーケストラを例にとると分かりやすいと思います。各楽器が同時に演奏されることで、美しいハーモニーをつくりだすことができます。つまり、各パートの演奏が重なり合うことで+αが生まれます。この+αが、オーケストラの創発性から生まれたハーモニーです。

 前置きが長くなりましたが、こんなアイディアが出ました。

 それは、管理組合が独自に決済できる小口現金口座を開設しようというアイディアです。ボランティアでマンションを清掃したとき、道具や洗剤等にかかったコストを誰かが一時負担しました。1万円を越える場合は、煩わしい交渉と3ヶ月後の精算。そんな悠長さでは意欲を失ってしまいます。
 管理組合が決済できる小口現金があれば、もっと積極的な活動を展開できるのではないか。

 
 また、LED照明を採用してはとのアイディアもでました。マンション内のエレベータや電灯などの電気料金は年間100万円前後です。当初は割高でもLED照明を活用すると、長期的には電気料金が削減できるのではないか等々。

 最初としてはとても有意義な会議でしが、管理組合は出来たてのホヤホヤです。要はこれからです。
 次回会議では、事前に管理会社の担当者に話し合われた内容を伝え、どんな協力や対応できるのかを聴きます。
 次回は1ヶ月後に開きます。

posted by トモ兄 at 02:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理事長の就任、これからが大変になりますね。
オーケストラに喩えられていますが、うなずけます。
日本の社会が祭囃子よろしく単旋律的で、創意工夫よりも右へならへ的なのは疑問がありますものね。
理事長のお仕事、大変ですがやりがいがあると思います。
頑張ってくださいね。
Posted by やや at 2010年08月12日 12:53
コメントありがとうございました。

管理組合活動は役割分担を決め、誰かに集中しないように。
また、活動内容についてはテーマを明確にしたいと思っています。

できるだけ効率的に進め、ムダを少なくするために
タイムリーでないテーマは先送りします。
限られた時間内での、管理組合活動を行います。
Posted by トモ兄 at 2010年08月13日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック