2010年09月10日

急な仕事が入った


 この仕事は断らずに済んだ。しかし今月納品で急いでいる。カレンダーを制作しようと思っていたが、先につくることになった。

 仕事は弁護士事務所で、面白い言葉を知った。
「いそ弁」=「居候弁護士?」のことで、新司法試験に受かるのも至難の業だが、一人前の弁護士になるためには、何年かの修行を積むようだ。おそらく、その頃を「いそ弁」といい、そして、いずれパートナーを組んだり個人で独立し法律事務所を開設するらしい。

 法務省は9日、法科大学院全74校の修了者を対象とした2010年の新司法試験合格者を、受験者8163人のうち合格者は2074人で、合格率は25.4%と発表。
 9年は27.6%で、今年はさらに低下。過去最低だそうだ。

 担当している仕事で、弁護士の略歴を見ると恐ろしく素晴らしい。と思いながら仕事は淡々とやった。

 睡眠時間は3時間ほどだったが、午前中にしっかりとラフを提出した。それから、新聞のレイアウト構成を送信。夜からは記者から波状攻撃のように原稿と画像が送られてくる。    
 今日のメーンイベント1晩勝負。たぶん、またそこのけそこのけ睡魔がとおる。その時は負けるが勝ち。すぐに寝よう。また朝早く起きて続行。

 独り言-.-#
 仕事があると、ホットする。新人弁護士も「いそ弁」を卒業する頃、ホットするのだろうな。
ラベル:いそ弁 独り言
posted by トモ兄 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック