2010年12月04日

とても、曖昧な「匂い」話し


 おそらく来年は、フレグランスが流行る。

間違いない、というのは真っ赤な嘘で、全く根拠がない。
 ところが、なぜかマイブーム。ややっこしいのは、なぜ興味があるのかがよく分からない。だから調べようがないともいえるが、若干の手がかりはある。

 この水美味しいなと思ったことがある人は、たぶん、不味い水の味を知っている。ヘンな匂いだなと感じたことがある人は、好きな匂いを感じやすいかもしれない。
 私がこの年で感じてしまったのは、きっかけがある。それは、あまりにも暇だったので大規模開発のビルを見学。単なる好奇心で4カ所を歩いた。で、結論をいうと、そんなことを知るためでなかったが、見学してもっとも疲れないビルだった。

 ベスト4で、名称はださないが、トップのビルは六本木にあった。市ヶ谷に関係あるところ。(バレバレ!^-^)
 その場ですぐに感じたのは、床材だった。とにかく大規模開発ビルは広いので相当に歩く。つまり歩き疲れる。だから、結果的に床材の材質で疲労感が全く違ってくる。
 そして、ルームフレグランスだった。とてもいい臭いがした。現段階では、匂いの分類も何もかも分からない。分かっていることは化粧品の匂いではなかったこと。風前の灯火だが記憶の片隅に残っている。とても不思議なことは、匂いには形がなく触れることも味わうことも聴くこともできないが、どうやって記憶に残っているのだろう。

 まあ、そんな感じです。


 そこで、「50歳のアフィリエイト」たまにアフィリエイトの右サイドバー、ブックカタログをクリック。若干の目的をもって探索(検索)を開始。
 右カテゴリーのフレグランスを何度かクリックし、
類似商品のコーナーで、
匂いの人類学 鼻は知っている
By エイヴリー ギルバートを発見した。

 ある本には、笑顔にやられてしまったが、
 今回は、鼻は知っているで購入を決定。
 鼻は、何を知っているのだろう。
 現在、すでに手元にある。




 余計な話しですが、時間がある人はブックカタログをクリックしてみてください。本が好きな人は楽しいと思います。まずはつくった本人が利用してしまった。
「本と楽しいです」よ(._.)
posted by トモ兄 at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート(トランプ)アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック