2011年01月26日

ケイタイとピンポンの初打ち


 昨日のタイトルは「頭をひねらないと、もったいない」だったが、当初は「ケイタイとピンポンの初打ち」だった。いつもそうだけど、緩いテーマと落としどころで書き始める。しかし、ひどいときはどこかへ行ってしまう。

 サッカーのアジア杯カタール大会をテレビ観戦。日本の戦いぶりに感動してしまった。 
 それから、ブログを書き始めた。当初は卓球の初打ちを書いてみようと思っていた。気持ちよく卓球ができたのは、プレゼンをきちんと納めたのが大きかった。なので前置きを書こうと思った。それが間違いの始まりだった。

 ケイタイを新機種に変更した。同時にメールアドレスも新しくした。セッティングが終わりケイタイを渡された。その瞬間にじわりと喜びがあった。キーを初打ち。その瞬間驚いた。なぜだかHメールが3本。さっきつくったばかりのホヤホヤメールアドレスにどうして?
 ただし、それからは届かなくなった。

 卓球も初打ちを行った。あぁやっぱりいい。調子にのって試合をやってしまった。見事に打てるコースはワンコースのみ。そして、左足親指の皮がめくれ明日の痛みを心配する。

 卓球の初打ちに驚きはなかったが、見事に同じことを繰り返す。いつもの変わらぬメンバーの顔を見てホットする。変わらないことに幸せを感じることがある。永遠のワンパターンであって欲しい。それでいいと思った。

 今日も眠かったが、体の痛みはなかった。
ラベル:卓球 携帯 幸せ
posted by トモ兄 at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック