2011年02月07日

【心と健康】それでも卓球へ行った のつづき


 とても気になる言葉があった。それは、
「報道は真実を伝えるもの。ドラマはウソでしか言えない真実を伝えるもの」という和田勉さんの言葉(信念)。

 50歳のアフィリエイトブログ(55歳の日記、たまにアフィリエイト)は、報道かドラマか。それとも独り言か?実は自分自身の細やかなドラマ(自分が主演の物語)をつくりたいと思っている。

 ただし、「ドラマはウソでしか言えない真実を伝えるもの」は、見る者に楽しみ与える。そもそも人生は辛いものだと割り切って考えると、とても勇気を与える。

 【心と健康】それでも卓球へ行った 
に下記のコトを書いた。
> この嘘と面白さのバランスを保てると、
>卓球や、大変な仕事や人生も継続できるのかも。

 どう考えても、私は裕福なアクティブシニアでない。そういう意味で、報道しても面白くも何ともない。だからといって、つまらないというよりも、もしかするとその逆になるかもしれない。だから、ある種の制限のかかった環境の中で、自分自身にもっとも似合った物語(自分が主演)を探している。

 和田勉さんのように、ドラマで真実を伝えようとは
 全く思っていない。
 私が考えていることは、
 嘘半分面白半分で、自分に似合った主演の物語を
 探しているということです。
 しかも、50歳になろうが裕福でなかろうが、
 誰だってできる。
 
posted by トモ兄 at 04:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック