2011年03月29日

計画停電にも負けず


 私だけでないと思うが経済的現状は依然として厳しい。仕事量に限って言えば回復の兆しが見えてきた。そんな時に計画停電は手痛い。また、健康にも多大な影響を及ぼす。

 私が住んでいる地域の計画停電は、1日に2回の可能性が週2日ある。そうなると6時間コンピュータが使えなくなる。つまり、1日で6時間仕事ができなくなるということ。とりあえずの対応策として、計画停電時に合わせ睡眠を取り、終わり次第仕事を開始する。活動と睡眠時間は不規則になった。
 
 大震災による福島第一原発事故は、停電のみならず日常の時間や命も壊し始めてようとしている。

 昨年の夏を思い出してもらいたい。エアコンの使用は、もったいないから命を守る必要不可欠な道具となった。今年の夏はどうなるだろうか。間違いなく、電力消費の原因であるエアコンは、節電の対象にならざるを得ない。
 
 節電は、大停電による首都東京の機能停止を防ぐための国家的な目標である。また国民の命を守ることも基本的な国家の目標であるが、命は個人の工夫にゆだねられるかもしれない。
 今年のエアコンの動向は、ある種のリトマス試験紙になる。


 雨にも負けず
 計画停電にも負けてはならない。

 原因は納得いかないが、この危機に私には何ができるか。
 50歳代の体にも、リザーブタンクの油がメラメラと…
posted by トモ兄 at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック