2011年04月09日

私も1歩から


がんばろう日本

そして

私も1歩から





 少し冷静になってみよう。
 もし今回の地震がなかったらと考えてみた。そうするとこの厳しい経済活動や暮らしは改善していただろうか。結論は、そんなことはない。地震の被災者の方に比べると困難さは雲泥の差であると思うが、日本全体のおかれている状況もかなり厳しい。がんばろう日本とは、元気な人たちが、よりいっそうの努力が必要だと言うことも含まれている。つまり、私もがんばろう!ということ。

 プライベートでは孫が生まれる。関東では水が不足しているため、九州の兄に頼んで1ケース送ってもらった。ネットで価格を調べてみると、地元よりも2〜3倍ほど割高で驚いた。笑えたのは、水の価格よりも送料のほうが高かった。それから、数日たって一人3本の制限が掛かったらしい。私は水を購入する習慣がないが、やはり放射能については気になるところだ。2011年現在、日本の原発は55基、建設中3基、計画中は11基と聞いた。日本は地震大国で研究レベルは最先端であると思うが、想定外のことが実際に起こった。国は命を守ることを最優先課題にしてもらいたい。先ほどテレビ番組で、原子力とつく委員会が国に3つあって、その一つの組織は原発事故に痛みや責任を感じていないという趣旨の話しがあった。つまり法律に従って粛々と行った。信じられない。

 仕事については、レギュラーが安定してきた。しかし、イレギュラーが少なくなってしまった。ほんと上手くいかないもので、まだ小さな小さな私家経済は正常化していない。現状ではそれ以上の売上げは望めないので、新規2件の獲得を目指している。1件はすでに動きだしている。もう1件は研修の連絡があった。しかし、ネットで別のキーワード検索したところ、’10年に民事再生法の適用を申請していた。この会社を調べたところ仕事量はあったようだが、粗利が少なかったようだ。つまり、かなりのスピードアップとコストダウンを図らなければならない。募集しているアウトソーシングの目的は、スピードやコストをもっと厳しくしたいということだろう。それに加えて支払いが滞るかもしれない。残念だが諦めた方がよさそうだ。

 犬の散歩仲間からも、いろんな情報が入ってくる。
とあるファッションメーカーは、仙台のデパートに卸していた。ところが震災で売上がストップ。同時に工場も生産停止。マーケットを関西に移そうとしているが、他社も同様なことを画策。まだ見通しがついていない。なぜか、印刷用インクや用紙のこと、売上回収のことについても心配してくれた。

 マンション管理組合活動については、年度末・初めに重要案件が重なった。まず、管理会社からマンション管理適正化法改定に伴う重要事項説明会があった。また、マンション大規模修繕で、修繕委員会より業者紹介及び建物検査があった。ただし1社のみではマンション住人の合意が得られないので、あと2社は選定しなければならない。6月には総会がある。管理組合の理事は輪番制のため、私は理事長の任が解け投票権のない監事へ。本来は大規模修繕を管理会社に任せるところだが、紆余曲折があり管理組合が自主的に行っている。これから修繕委員会もサポートしようと思っている。

 現理事長として、重要案件であるマンション大規模修繕については、現状を踏まえ先延ばししたいと考えている。
 修繕を問題解決と捉えると、時間や方法で、先延ばし・現状復帰・改善・改革がある。日本のおかれている現状を考えると、これから経済や建築業界等の動向が全く予想つかないし、この時期の判断はタイムリーな対応でない。 

 今回の地震の被害は、想像を遙かに超えていた。プライベート、仕事、マンション管理組合にも多大な影響があったが、多少落ち着いてきた。これから、自分自身のことについて冷静になり考えてみようと思う。目線の高さを保ちつつ足下も再度確認し、できることは積極的に手を打ちたい。被災していない人まで元気をなくしてはならない。元気をだせば、きっと被災者の方とつながったり役に立てると思う。

がんばろう日本 そして 私も1歩から

posted by トモ兄 at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック