2011年08月23日

ブログの不思議


 8月の『50歳のアフィリエイト』アクセス状況を調べてみた。
 期間は、8/1〜8/22(22日間)

 まず、PVの1日平均アクセス数は約300で、合計は6600。おそらく1ヶ月では10,000程度のアクセス数になる。
検索ワードの1日平均アクセス数は約30.3で、アクセス数合計は668。(図-1)
 その中で、奇跡のリンゴ読書感想文に関する検索ワードアクセス数は291(1日平均アクセス数は13.2)あった。(図-2)

奇跡のリンゴ_1_2.jpg



 8月になってからある傾向に気づいた。日によって偏差はあるが、PVをアクセス数の多い順に並べると、「トップページ」、「奇跡のリンゴ読書感想文_1/_2」、「卓球のテーマ」、「蝉はいつ鳴く」と「その他」の5種類に大別でき、検索ワードアクセス数で比較すると、「奇跡のリンゴ読書感想文_1/_2」のアクセス数が顕著に現れ、他の検索ワードよりもダントツに多い。

 なぜなのかを、テクニカル部分で考える
「奇跡のリンゴ読書感想文_1/_2」にアクセスするための検索ワードとして判断すると、無駄がなく最短距離でアクセスしたことが分かり、アクセスの目的もハッキリしていると想像できる。  
 そのオーダーに、感想文のタイトルが単純明快であったことが、アクセス数に影響を及ぼしたと考えられる。
 つまり、分かりやすいことに工夫すること。

 ブログのテーマで考える
 「卓球のテーマ」は、1年後のロンドンオリンピックに向け盛り上げていこうと思っている。「蝉はいつ鳴く」は季節限定の話題でアクセス数は少なくなる。だから順当だと考えている。
 ただし、「奇跡のリンゴ読書感想文_1/_2」は、なぜ今なのか、とても不思議な現象と言わざるを得ない。
 感想文は2年前のブログにアップ、しかも、書籍の『奇跡のリンゴ』発売日は、2008年07月で3年も経っている。

 検索サイトで奇跡のリンゴと感想文のキーワードで検索すると

 2009年05月04日奇跡のリンゴ読書感想文_1
http://50blog.seesaa.net/article/118619597.html
 2009年05月06日奇跡のリンゴ読書感想文_2
http://50blog.seesaa.net/article/118737799.html
 
 上記のタイトルが、グーグルやヤフーでトップヒットする。
(ウェブ検索結果は約138,000件のトップ)

 この検索結果も不思議だが、自分自身で好意的に捉えると、まずはモチーフに話題性があり、私との接点を探り物語をつくったこと。そして、何らかの形で役に立っていることだ。ベストセラーでいまだに人気があり、購入のための参考にしているかもしれない。夏休みの読書感想文の課題になっているかもしれない。それとも、販促関係者が意識的にアクセスしているのか。つまり、こういうブログを書くことを予測しての行為。考え過ぎか。

 いずれにしても、きっと何かに役立つ。また、ブログは新しいものだけでなく、過去のものにも積極的にアクセス(読まれる?)されることも面白い。その反面ちょっと心配なこともある。古い話題で盛り上がることは、たとえ50歳という縛りをかけても淋しさを感じるし、感覚的に退化しているようにも感じる。50歳のブログとして、新しいものや変化にも興味を持ち、積極的に発信していきたいと思っている。
posted by トモ兄 at 03:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック