2011年09月12日

【卓球】団体戦、顛末記(3〜4位トーナメント優勝)


 朝一で、お約通り「遊びor真剣」と聞く。答えは「遊び」だった。

>また、リーグ戦かトーナメント戦のどちらかをメインにするか。

 そんな意図的なこともなく、単に「遊び」で1日楽しもうと言うことになった。メンバーで年長のカットマンのことを考えると、それも仕方なかった。彼はいい意味でも悪い意味でもネックになる。

 リーグ戦は4チームで、全くいいとこなし。ダブルス1勝のみ。それ以外は全敗。見事に成績はビリ。
 実際に試合が始まると真剣に戦っていたが、全く歯が立たなかった。しかし、不思議なもので「遊び」で始まった試合は、負けても気分が悪くなるような悔しさはなかった。練習もさほどしないで、調子が悪いとは虫がいい。

>個人的には、今日は調子いいかも?

 それが、全くダメ。久しぶりの試合だったので力みすぎた。ドライブは全く入らず。しかも切れた切れないに関わらず、ネットを越えないことが多かった。悲しいほど最悪だった。
 
 3〜4位トーナメントは、くじ引きでトーナメントの位置が決まった。1回戦2回戦は、僕らよりもロートルチームだった。彼らは私よりも練習をしていると思ったが、ボールのスピードやピッチが遅いので、ちょっと情けないが調子をだんだん取り戻してきた。4回戦(準決勝)までストレートで勝った。

 5回戦(決勝戦)は初めてラストのシングルまで回った。
ラストは私で、3-0で勝ち優勝を決めた。勝因はドライブは見違えるように入り出したこと。単純だが微妙なコース取りを狙うことよりも、いかにして強いボールを打つかに集中した。
 その結果は、ほぼクロスボールしか打てなかった。
 さすがに3〜4位トーナメントであっても、決勝戦の対戦相手は強い選手で、バック側は完全にショートでブロックされた。とても単純だが、その返球をフォワ側に狙った。私がサーブしても相手がサーブしてもそんな展開で、フットワークを使い一方的に攻めた。

 面白いことがあった。
決勝戦の相手はペンホルダーの選手で、サーブはほとんどバックハンドサーブから始まった。現役だった頃のスタイルでちょっと懐かしかった。それと、変な感覚だが安心して戦えた。その理由のひとつとして、返球に偶然性が少なかったこともあった。
 その選手とはちょうど10試合目だったが、足が攣ることなくもつれることもなく最も調子が上がった。

 最近、月に4回も練習するようになっていた。目的は楽しく飲みにケーションだったりしたが、よく言うと身体に負荷を掛けていた。だから、1日10試合のハードな戦いをこなせた。
 
 最期に、今回のテーマは「ケガなく終われば全てよし」

 ところが、優勝というお負けもついた。
 だから『終わりよければ全てよし』となった。

 そして、私にとって最も嬉しいお負けは、
 朝起きて、身体が全く痛くなかったこと。


 決勝戦のラストは、全中団体戦で西新井中学校を2年連続優勝に導いたカットマンのコーチだと思っていた。ところがダブルスパートナーの選手がラストにきた。

 ダブルスでは、そのペアーに負けていた。
そのカットマンとは練習もたまにした。試合をすると若干私の方が勝率はよかった。また、勝負とは関係ないが、家が近いためよく飲んだりもした。
 ダブルスで負けたのは、カットマンと同様にペンホルダーの選手が上手かったからだ。意外だったのはドライブをブロックするのが上手かった。またお初の選手で戸惑ってしまった。実は簡単に勝てると思っていた。結果はその逆で簡単に負けた。

 精神的に多少ダメージがあったが、決勝戦のラストで思った以上に強いペンホルダーの選手と戦うことになった。
 
 私の試合のやり方は、ナックルサーブを基本に切れたサーブを見せ玉にする。それから攻撃を組み立てる。ところが対戦相手には全くナックルサーブが効かなかった。これはだいぶ不味い。それからいろんな球種のサーブを試し、試合中に間に合うように必死になって勝つための情報を集めた。

 私の場合、ナックルサーブが効かない選手には、極端に勝利が悪くなる。しかし、勝てば優勝なので何とかしようと思った。3年前にも全く同様のことがあった。やはり作戦を考え見事優勝を飾った経験があった。だからできないことはないと思った。
 その結果、投げ上げ横上の早いサーブをバック側に出すとショートでしかレシーブしないことが分かった。そのボールをスマッシュかドライブで3球目攻撃できるチャンスがあり、そこに賭けるしかなかった。

 ポイントはサーブのスピードだった。サーブのスピードが遅いと、必ず回り込まれて先手を取られた。そうするととても不利な展開になる。短いサーブをフォア前にだしたりし、より投げ上げサーブが早く見えるように、また回り込まれないように工夫した。

 それから、一方的に休まず攻め続けた。一見派手な試合になったが、そういう事情からだった。

 ほんとに結果論だが、上手くいった。
 決勝戦で私の成績は1勝1敗だったが、チームに貢献できた。
posted by トモ兄 at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卓球ヘボコーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック