2012年04月11日

6ヵ月ぶりの卓球(地元の卓球倶楽部)


 今回は、地元の卓球倶楽部で練習した。

 驚いたが、19歳の少年が入部していた。現在の男子倶楽部の平均年齢は、おそらく45歳ぐらい。この少年の入部はとてもありがたがったが、同時に続くだろうかと思ってしまった。

 僕と同年の仲間は不参加だった。二人は病気で復帰は難しいようだ。もう一人も病欠だった。以前は彼らと団体戦の1部で戦っていたが、現在の団体戦成績は低迷していて元気がない。
 僕は卓球を再開することができたが、その実態は身体の調子を整えようとしている。そういった意味で肉体的にも精神的にも良き薬である。しかし、そうでない仲間が増えつつあることを淋しく思った。ただし、大病を患っているわけでないので、いずれ復帰できるだろうと期待している。また、いい汗を流しいつものお店で乾杯したいものだ。

 さて、卓球の調子はどうだったかというと、もう悲しいくらいひどかった。真面目に調子は戻るだろうかと心配している。卓球できること自体はとても幸せなことだが、それだけでは満足できない。早く調子を戻さないと。6月に団体戦があり、19歳の少年も参加する予定で、3部から2部復帰を目指す。
 
 2部に復帰することは、倶楽部のメンバーにも元気を与えられる。だから、頑張ろう。
 
ラベル:再開 復帰 元気
posted by トモ兄 at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック