2012年05月27日

ストレスが溜まってしまった


 昨日は、15時までに新聞を3頁印刷入稿。16時半に知り合いがきて仕事の打ち合わせをした。それから卓球&ノミニケーションができた。

 知り合いは、スカイツリー開業の5月22日に会社を立ち上げた。できたてのホヤホヤでエネルギーに充ち満ちていた。とても刺激になった。こんなに大変な経済状況だが上手くいくことを願った。

 卓球は試合前だというのに調子がなかなか上がらない。理由は単純で練習不足だが、違った理由もありそうだ。
 なぜか集中力も上がらない。だから動きが1歩遅れる。また、球種やコースが読めない。もう最悪でストレスが溜まってしまった。いわゆるスランプという贅沢な症状に陥ったわけでない。もしもスランプだと考えたら頭が悪すぎる。

 さてどうしよう。気合いだ!気合いだ!気合いだ!かな?
本棚を見ると、岡沢祥訓著 卓球に学ぶスポーツ心理学「メンタルを考えよう」があった。内容はほとんど忘れている。再度拾い読みを始めた。試合前の一夜漬けは否めないが、参考にできればと思う。

 来週の日曜日は1・2・3部の試合で、今日は4・5部の試合がある。倶楽部の仲間が参加するので応援に行こう。
気分も変わるかもしれない。

 余談だが、昨日のテレビ番組で五木寛之のインタビューがあった。最期の質問で、生きるとは?
 その答えは、とても生きること自体が難しい時代であるから、どんなことがあっても生き残ること自体に価値がある。
 正確に覚えていないが、そんなことだと思う。

 ホッとした。

 ついでに、青春の門で確か自立編だと思ったが、
「新たな人生の門を信介はくぐろうとしているのだった」
にとても刺激されたことも思い出した。
 五木寛之は、ほんと格好いい人だ。

 最期に、とても卓球をすること自体が難しい状況だが
 どんなことがあってもヘボ卓球でもできることは
 楽しいことだ。

 今から布団に潜り込む。
ラベル:卓球
posted by トモ兄 at 05:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック