2012年08月08日

銀メダルおめでとう


 オリンピックは世界的なスポーツの祭典である。だから、厳しい予選を勝ち抜き代表選手になった時点で、参加することの意義は達成されたと考える。ただし、競技スポーツである限り、目標は優勝にある。だから、日本卓球女子団体は、オリンピック史上初の銀メダルであっても、褒めるわけにはいかないのだ。そんなの当たり前でしょう。
 しかし、卓球ファンとして褒めないわけにはいかない。

 競技スポーツの世界は、残酷で厳しい世界でもある。4年に1度のオリンピックは、選手たちにできる限りの準備をさせるが、ごく一部の勝者以外は全てが敗者であり、全ての選手が幸せにはなれない。また、記録が塗り替えられるように、物語りと捉えれば終わりのない物語と言うことになる。その物語はどんな禍をもたらそうとするのか、どんな辛い負け方が待ち受けようとしているのか。しかし、挑戦者にとっては次の機会が用意され、そこに希望や期待、予兆があることになる。まるで、パンドラの箱を開けたようなものだ。ただし、ここにはトラップも仕掛けてる可能性もある。注意しなければならないことは、諦めることを知らないことや足を知らない人は、無意味な希望と苦痛に苦しめられることになる。

 日本卓球女子選手が褒められるべきは、中国に力では及ばなく跳ね返されてしまったが、中国打倒に全ての時間を費やし、自力でその山に上ったこと。オリンピック史上初の銀メダルなのだ。その結果を素直に満足し、素直に中国卓球の強さを感じたこと。また、最も重要なことは、間違いなくこれからの希望や予兆も感じたこと。そのことを卓球ファンも同様に感じたことだ。
 今回の負けは、そこが全く違っい褒められるべきことなのだ。

 福原愛選手の成長は素晴らしかったし、ほんと強かった。
 石川佳純選手の大胆で力強い卓球は、未完であるが末恐ろしさを感じた。
 平野早矢香は、ダブルスでの活躍が素晴らしかった。

また、この3名のロンドン五輪での活躍は卓球ファンの記憶に残った。

 最期に、
 「銀メダル」獲得おめでとう。
 ほんとに、お疲れ様でした。
posted by トモ兄 at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 卓球ヘボコーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック