2012年08月16日

ヘボを下手と読み換えると


 久々の自己評価 ヘボ=下手(ヘタ) 


 夏休みはのんびりとしている。本を読んだり、孫と遊んだり。それから、ブログのアクセス数が増えてきたので、自分なりにデータを取り始めている。時間があるので、いろんなことを考えてみた。


◎ブログの現状◎


 例えば8月の15日間のアクセス解析は
1.UUの平均は、約290(213〜384)
2.PBの平均は、約880(1168〜613)
3リンク元のブックマーク平均は、約690(820〜418)
4.検索ワードの平均は、約100(143〜23)
 ベスト5は、ほとんど卓球選手でロンドン五輪関連
 わずかなそれ以外の検索ワードは、奇跡のりんご感想文
5.PB/UUは、約3.0

 問題の「50歳のアフィリエイト」はほとんどゼロに近い。
 アドセンスは、やっと10,000円を達成。
 日記によるアフィリエイトは止めた方がいい(^_^;


◎卓球の「ヘボコーチ」とは◎

 
 卓球のブログは「ヘボコーチ」としてアップすることが多い。自分で書いたのだから仕方ないが、「ヘボコーチ」で検索すると、GoogleもYahoo!もいろんなスポーツがあるに関わらずヘボのトップ。謙遜しながらだったが、なんだかほんとヘボ(下手)!と言われている気がする。まだ検索数が少ないからホッとしている。

 僕が「ヘボコーチ」になったのは理由がある。50肩になった頃に、高校生の一人卓球部員を6カ月間コーチすることになった。彼の目標は国公立大会のシングルスで入賞することだった。彼はいわゆる1回戦ボーイで勝ったことがなかった。僕がコーチするようになってから初めてのインターハイ予選大会で、いきなり5回戦までいった。ほんと素晴らしい。ところが、目標とする国公立のシングルスは、また1回戦で負けてしまった。

 彼をコーチする日が、当初は1週間に夜の1日2時間半だったが3日間に増えた。それにつれて、彼はほんと強くなり、僕は彼に敵わなくなっていたが、50肩が回復し、僕もそれなりに強くなってしまった。

 そして、「ヘボコーチ」を決定づけることが起きた。
彼は、目標とする試合で1回戦敗退。僕は年齢別の試合のシングルスで優勝してしまった。いったい誰を強くしたのだろう。

 しかし、その期間は面白かった。兎に角卓球本や学習心理学などの本を珍しく読んだ。最も役立った本は、佐々木正人著のアフォーダンスの本だった。変わり種は、失点することをヒューマンエラーだと捉え、ネットで探索した結果、原発のホームページにたどり着いた。ヒューマンエラーを避けるためにつくられたものを、[判断・コントロール能力の推移モデル]に作りかえた。
http://50blog.seesaa.net/upload/detail/image/A5D4A5AFA5C1A5E3201.jpg.html

 しかし、彼が目標とする試合の1回戦で負けたのは、聞き覚えがある、「想定外」のイボ高による戦術の選手だった。


◎仕事の現状◎


 ブログを開設した頃と仕事がほぼゼロになった頃は一致する。それから、あることをきっかけに営業を開始し、現在では、8月で仕事数を頁に変換すると384頁で目標達成率は137%、売上でいうと99%の達成率になる。4年前にゼロからスタートしたのだから、仕事数は素晴らしい。ところが、ここにも、ブログやヘボコーチのような本末転倒がある。 
 例えば、現在の仕事量を6年前で考えると、売上げは達成する。しかし、単価が1/3の現在、3倍は働けない。つまり、コストダウンに適応できていない。また、ブログを開設した頃は総量規制がなく資金的に何とかなったが、現在はその返済分で苦しんでいる。売上げの達成はその分を含んでいないが、何とかなりそうだ。
 多くの知り合いが退場したのは、フリーランスであっても資金繰りが上手くいかなかった。つまり仕事ができても、資金繰りに頭は回らなかった。
 この問題は深刻で、明日からの問題でもある。


◎ブログ◎卓球◎仕事を自己評価


 ある部分では上手くいったが、それは目標ではなかった。ほんと思った通り行かない。ほんとヘボなのだ。しかし、そんなことばかりいっても、何の解決策にもならないし悲しくなる。

 だから、ヘボを下手と読み換え、一筋の希望とする。
「下手(ヘボ)の横好き」…
下手なのに、そのことが好きで熱心であること。
 そして、「好きこそ物の上手なれ」…
好きで熱心であるこが、上達できる最低限の条件である。
つまり、希望が叶う可能性が高くなる(^-^)

 ちょっと長くなってしまったが最期に
8月16日の自己評価は、
8月13日にアップしたブログで完結する。

8月のセミ
長いトンネルを抜けた跡
ライフスーツを脱ぎ捨てて
短い夏休みへ飛び立った

 そんな頃のことを、少年時代のように懐かしむのか

posted by トモ兄 at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック