2012年10月09日

iPS細胞は、人類にとって大きなパラダイムシフト




 iSP細胞は、受精卵のように、あらゆる細胞に分化していく能力(万能性)を取り戻させる細胞のことで、再生医療や創薬に役立つ。また、この技術はヒトの生殖細胞をつくることも可能にした。つまり、生命の誕生は生殖活動を伴わなくてできることになる。iPS細胞は画期的な発明で、生物学の常識を根底から覆した。

 人体は約60兆個の細胞でできているが、最初は1個の受精卵が分裂を繰り返して皮膚や神経などに分化する。そして、いったん分化した細胞は元の分化前の状態には戻らない。

 ところが、その逆を考えた研究者がいた。分化した細胞から時間を遡り、受精卵のように、あらゆる細胞に分化していく能力(万能性)の細胞を作れないか。正に逆転の発想だった。

 先ず、胚性幹(ES)細胞が先行した。これは人間の受精卵を壊して作られるため、強い反発があり、研究の壁となった。 
 これに対して、iPS細胞は受精卵や卵子を用いない。大多数の研究者が受精卵にこだわっていたときに、山中伸弥教授の研究グループは5年前に、あらゆる組織や臓器に変わり得る万能細胞を、ヒトの体細胞から作り出すことに成功した。

 山中伸弥教授によると、iPS細胞の実用化を目指す。これからがほんとの勝負だそうだ。病気に苦しんでいる多くの人達が、新たな治療方法や再生医療を待ち望んでいるに違いない。

 iPS細胞は、人類にとって計り知れない影響力がある。
 40億年の生命の歴史を書き換える力も秘めているそうだ。

 ノーベル医学生理学賞は、京都大学の山中伸弥教授と英ケンブリッジ大学ガードン研究所のジョン・B・ガードン氏の2氏に贈られることが決まった。
 
 受賞理由は、
「成熟した細胞を多能性細胞に再プログラムできることを発見した」業績が高く評価された。

 ニュースサイトを見てまとめみた。
 特に、上記のMSN産経ニュースは、分かりやすかった。

posted by トモ兄 at 13:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック