2012年12月31日

今年最後の自己評価


 12月はもの凄かった。中旬から昨日まで、僕はPCと椅子で過ごした。椅子はベッドにもなり布団で睡眠を取ることはなかった。睡眠時間は約3時間ぐらいで、最後の7日間をぶっ飛ばした。そして、なんとか責任をはたしたのか、今は朦朧として何もできない。しかし、「二足の草鞋を履く」という、天からの声が聞こえてきた。
 足を知るだったのに、またどうしてもう一足を?

 12月は、パンフレト・チラシなど20ページ、新聞デザインレイアウト10ページ、新聞広告10本、名刺広告40社など制作し、ネット関連の可能性も探った。しかも、来年早々か始まる仕事の準備にも取りかかっている。自画自賛になるが、まだそんな能力が残っていた。

 たぶん、すぐそばの来年はもっと厳しくなる。そんな状況に対応するために、「二足の草鞋を履く」は当然な結論かもしれない。「二足の草鞋を履く」とは、相反するような仕事を同じ人が兼ねることで、ある種の矛盾は、知恵と体力とスキルアップで補われる。乗り切れる。努力してみようと思っている。

 だから、テーマはいまだに“サバイバル”すべし。手法は収入の多角化。の真っ最中だ。

12月に俳句らしきものをひねった。
 
か ろ う じ て

真 白 き 我 に

踏 み 入 れ る



 この「50歳のアフィリエイト」を開設したころは、売上が
ほぼゼロだった。それから、今に至る。
 やっとのことで、経済的にはブラックゾーンからグレーゾーンへ。しかし、気持ちは決して汚れまいとした。そういう自分があってこそ、未来への1歩を踏み入れることができる。また、そこに喜びがある。 

 今年最後の自己評価は、
 来年も
 “サバイバル”すべし。手法は収入の多角化。
 ヘボコーチと卓球もやるべし。

posted by トモ兄 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック