2013年03月01日

今日の俳句読本 春一番(2月28日)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バスを待つ春一番を背なにして
     小泉 はつゑ


季題・春一番
(はるいちばん/立春を過ぎて最初に吹く
 強い南風。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 春一番はキャンディーズに決まっている

 と思っているひとに

 この句はどうだろうか

 バスを待つひとの

 はやる気持ちを現しているのか

 強い南風が背を押している

 そんな光景が目に浮かぶ

 ただそれだけだけど

 とてものどかな気分にしてくれる

 恋をしなくても楽しいことはあるよ

 そしてまた

 春が始まったなと実感する

 
ラベル:春一番
posted by トモ兄 at 15:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック