2013年03月04日

今日の俳句読本 雛納め(ひなおさめ)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雛仕舞ふ孫に教へてねんごろに
     小泉 はつゑ


季題・雛納め(ひなおさめ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 しまうって 「仕舞ふ」って書くんだ

 なぜ 舞うのかが気になった

 同じような疑問を持った人がいて

 能楽の「仕舞」の関連について質問があった

 答えは「しまう・しまい」と全く関連がないそうだ


 お雛様とは離れる

 質問した人は世阿弥の「風姿花伝」をイメージしている

 「風姿花伝」は世阿弥が芸のため家のために遺した秘伝で

 一子相伝といわれている

 誰かに聞いた話

 一子相伝とは 我が子の命を守る重要な教えでもあった

 命のやりとりを常とする武将にとって 

 能楽やお茶を嗜むことは癒やしや寛ぎの時
 
 そんな時に「仕舞った」は許されない

 
 「仕舞ふ」は入れ物などの中に納めかたづけること

 孫に教へてねんごろに 

 雛人形は子供の身代わりに 事故や病気から守ってくれる


 孫の健やかな成長を願う

posted by トモ兄 at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック