2013年05月24日

突然思い出した「雨ニマケ」


 今日は夕方から原稿が入り、制作は26時まで予定している。なので夕方まで時間がある。

 起きてから、「これからの出来事 楽しみだ」を書いた。
それから、アクセス解析を覗いたら。

 はて?「雨ニモマケズ」って書いたっけ?
http://50blog.seesaa.net/article/192911569.html

 記憶力が悪すぎ→自分 とてもいい話なのに
 
それから、記憶力が悪いのに
嘘みたいだけど、「雨ニマケ」を思いだし探した。

 それでは、始まります!
「雨ニマケ」 剣崎克彦 
 衝撃の結末をお楽しみください。

雨ニマケ
風ニマケ

雪ニモ 冬ノ寒サニモマケ 
丈夫ナ カラダデハナク

欲ダラケデ 
人ニ怒ッテバカリ
イツモゴチソウヲ食ベ
アラユルコトヲ
タダ ジブンノコトダケカンガエ

東ニ 病人アレバ ミムキモセズ
西ニ 疲レタ母アレバ ソノスネヲカジリ
南ニ 死ニソウナ人アレバ
   ソレガ運命ダトイイ
北ニ ケンカヤ ソショウガアレバ
   モットヤレトケシカケ

ミンナニ 
ジブンノイイトコダケ ミセテイル
ソウイウジブンヲ
コロシテヤリタイ


「雨ニモマケズ」を余りにも理想的過ぎると思った人
「雨ニマケ」を自分の中に発見した人
 そんな自分をなくしたいと思った人
 決してマケたくないと思った人
 まだ、負けていません。

 この詩は、ちょうど伊東静雄の「そんなに凝視(みつ)めるな」を知った頃とほぼ同時だったと思います。
(ある詩のメルマガで知りました)

 オマケ 五月晴れの日に

posted by トモ兄 at 15:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
剣崎克彦といいます。
詩を載せていただきありがとうございます。
本人です。
このたびアマゾンにて「雨ニ負ケ剣崎克彦詩集」を
出させていただきました。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
最近、いろいろな学校で「雨ニモ負ケズ」と対比して授業してくださる先生がいるようです。
Posted by 剣崎克彦 at 2013年08月24日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック