2013年09月16日

金原まさ子百歳からのブログ


 今日、ゆっくり昼食をとり「徹子の部屋」を見た。
102歳の俳人 金原まさ子さんは、面白い。

すぐに「金原まさ子百歳からのブログ」を見た。
http://sea.ap.teacup.com/masakonn/
初めて見ると思ったら、いつだか覚えていないが、何度かアクセスしていた。

 金原まさ子さんは、かまってもらうのがとても嬉しいそうです。賞味期限とは、かまわれなくなること。それまでは俳句を毎日詠むそうです。金原まさ子(ねこ)さんの中には、A子さんとB子さんがいて、最近は、B子さんの方が幅を利かせているそうです。

2013/8/20「グラサンと」 

グラサンと鍵つきノート鑑識へ

二重人格だと言われたら否定しないけど
そうだともいわない
「AB型自分の説明書」より  
http://sea.ap.teacup.com/applet/masakonn/archive?b=25 

 ある男性詩人は、上半身と下半身が格闘していて、言葉を紡いでいるそうです。理想と下世話な世界観です。金原まさ子(ねこ)さんの場合、A子さんとB子さんは、良い子と悪い子です。百年も時を重ねた、良い子と悪い子ってどんな性格をしているのでしょうか。相当な年季です。とても興味があります。
 もし、鑑識が鍵つきノートを開けても、口を割らないでしょう。ただし証拠はあります。「金原まさ子百歳からのブログ」の日々の俳句です。

2013/9/3「臍から」

ストローで臍から神を吸いあげる

脳みそを何分割にもして使う
「AB型自分の説明書」より
http://sea.ap.teacup.com/applet/masakonn/archive?b=10

 ってどいう意味?
これって凄いと思いません。ストローと臍って、へその緒のこと。それから神を吸いあげるって、どんなメタファ。

 身体の中心で、機が熟すこと。またその創造物。
 あぁ、とてもセンシュアスな創造装置。

posted by トモ兄 at 16:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック