2013年10月12日

2013.10.12…最近の僕


 3年後の君へ。

1.目の焦点距離が変化
 最悪のパターンは、近くも遠くも見えなくなること。しかし、ラッキーなことにそうはなっていない。もちろんメガネを付けた矯正視力だが、焦点距離が先方に移動した。具体的には、本などの文字がとても読みづらくなった。その分、今まで困っていた、テレビのスーパーインポーズが見えやすくなった。
 面白いことは、片付で娘の近視用メガネが出てきて、そのメガネをかけると、手元の文字がハッキリ見えた。このカチピンの経験は忘れていた。本を読むときは娘のメガネを使おう。ただし、書けた瞬間、それ以外の風景は驚くほどボケボケになってしまう。ワンチャンス。

2.すぐに疲れるが、回復
 特に日常以外のコトをすると疲れる。スポーツや出掛けるととても疲れる。糖尿病なうのせいだろうか。ところが睡眠時間をいつもよりとると、異常な疲れが嘘みたいにスッキリと回復する。そのギャップが大きい。
 しっかりと睡眠を取ることは、ほんと生き返っていると実感する。考えようではチャンスだ。疲れが取れた明日が用意されている。ポジティブシンキング。

3.助走だけでは、成功も失敗もない
 イメージ的に、テイクオフするために助走しているが、いつまでもダラダラ助走。こんな状態は何もしないよりも疲れてしまう。そして、実質は失敗にほとんど近い。
 助走することは計画的なようだけど?飛んでもありません!
 せっかく明日が用意されているのだから、1cmでもジャンプ。体重体組成計で測るのもいいが、ジャンプ計でも測ってみよう。

 あの手この手を考える
 仕方のない、親愛なる3年後の君(僕)へ
 フゥ〜(-_-;)

posted by トモ兄 at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック