2013年10月16日

糖尿病なう_7


 一昨日に原稿を制作して、昨日は印刷入稿のために待機していた。しかし、入稿はなかった。午前中にレギュラーのラフを提出。忙しくなると思ったが肩透かしを食った。

 仕方ないので、事務仕事をしたり図書館で借りた本を拾い読みした。
 1冊目は、80対20の法則リチャード・コッチ著、高遠裕子訳
80対20方式は、二つの法則がある。
 ■焦点の法則…絞り込むほど豊かになれる。
 ■進歩の法則…少ない努力で多くの成長をあげられる。
ということで、行動を減らして賢い怠け者になれ!らしい。
 2冊目は、頭にやさしい雑学読本 竹之内均編
こんな「不思議」が、あなたのアタマをさらに進化させる!
そうです。

◎本のご紹介
 

 それから、例の体重体組成計のデーターを取り寄せ一覧をつくり、変化を観察した。
 A〜C期間の変化に挟まれたBの変化のなさが怪しいと思った。自分のブログを読んでみて思い出した。A〜C期間は今年になって最も仕事が忙しかった。Bの期間は睡眠不足で測るのを忘れてしまった。つまらない理由だが、この期間は異常だった。不適当なデーターだが、日記的な見方をするとこの怪しさが僕に語っている。
 
◎体重体組成計データ一覧のご紹介
※「ウェルネスリンク」のマイグラフを僕なりに加工しています。
体組モニター.jpg

 糖尿病なうは、ぼくの中でいろんな変化を起こさせた。体重体組成計を購入し「ウェルネスリンク」とつないだこと(数字で健康を管理しようとしています)。週一程度で、尿糖検査用試験紙も利用しています。食生活が変化した。カミさん頼りだが、かつてない新メニューが加わった。今現在も間違いなく糖尿病なうだが、病気を気付く前よりも健康になった。糖尿病の若干の知識も増えた。そして、あまり喜べないダイエットだが、結果的に体重は25年前の体重に。また、集中力も回復し、様々な合併症の前触れ的症状も改善した。ストレスの解消方法の一つにブログを書くこともある。

◎糖尿病なうのご紹介
糖尿病ナウ_4「健康オタク」
http://50blog.seesaa.net/article/355498538.html
糖尿病ナウ_3「糖質制限2つの根拠」
http://50blog.seesaa.net/article/354138843.html

◎体重体組成計のご紹介
健康サポートサービス「ウェルネスリンク」とつないで、簡単にデータ管理。
オムロン体重体組成計


◎尿糖検査用試験紙のご紹介
身体の健康状態や体内の機能に変化や異常があると、尿中に含まれる成分も変化します。その尿中の成分を検査することによって、体内の変化や異常をチェックできます。(本検査は尿中の糖を検出するものであり、病気の診断を行うものではありません。)




posted by トモ兄 at 05:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック