2013年10月17日

今日の俳句読本 十三夜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見納めが母の口癖十三夜
     田邊 えりな


季題・十三夜
(十三夜、後の月、名残の月、栗や枝豆を
供えるので栗名月、豆名月ともいう。
空気が澄んでいる分、名月より冴えて
見えるし満月ではない十三夜を賞する所が
日本独自の文化といえる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 中秋の名月から約一ヶ月後の十三夜

 十五夜だけ観月をするのは

 片見月と言って忌み嫌われていた

 母は美しい月を愛でながら

 見納めだね

 孫娘はそんなこというなと

 月に代わってお仕置きよ

 過ぎし日と十三夜

 感謝

posted by トモ兄 at 13:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
LIVE 896試合ライブ配信
このサイトは Google Chrome での閲覧を推奨しています。
動画が視聴できない方は Google Chrome をお試しください。