2013年11月12日

フィリピン台風被災地支援


 台風30号(ハイエン)によるフィリピンの被害のニュースを見ると東日本大震災を思い起こさせる。自然の猛威に、人はなすす術がない。しかし、人はすぐに災害支援を始める。僕は、ラジオ深夜便の(明日への言葉)を思い出した。

 ノンフィクションライター・拓殖大学教授の野村進氏のインタビュー
http://50blog.seesaa.net/article/227882044.html

 内容は、野村進氏がフィリピンに留学し、そのときに知り合った仲間たちが、被災した日本人のことを想い、いち早く3.11大地震の募金活動を始めた。そして、彼らは決して裕福な人たちでなかったことも付け加えた。

 日本には、「受けた恩は岩に刻み かけた情けは水に流す」という言葉があるそうだ。今がそのときだ。
 僕は、暖かい部屋で台風30号のテレビ報道を見た。そんなときに、コンビニで低糖質のチョコレート買った。
 コンビニに義援金のボックスがあると思う。僕なりに、できる範囲で支援したいと思っている。

【フィリピン台風30号】緊急支援!義援金窓口まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138414867878123101
  
posted by トモ兄 at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック